日刊大衆TOP 女性向け

ロッテ「雪見だいふく きなこもち」が想像以上に“きなこもち”だった件

ロッテ「雪見だいふく きなこもち」が想像以上に“きなこもち”だった件

 ロッテアイスは2017年12月4日、きなこを混ぜ込んだアイスを白いおもちで包んだ「雪見だいふく きなこもち」を発売しました。「雪見だいふく」といえば、1981年に発売したロングセラー商品。“おーもち、もーちもち、雪見だいふく♪”のテレビCMでおなじみですよね。毎シーズンごとにいろんな味が発売され続けている「雪見だいふく」。この冬の新作は「きなこもち」だそうです!

「雪見だいふく」withきなこ!? これはおいしい予感しかしないではないですか! さっそく買って実態を確かめてみることにしました……!

■パッケージでうさぎがあいさつ&忖度!?

 まず、雪見だいふくの良いところ、ご存じですか?

 うさぎがあいさつしてくれるんです。それどころが、うさぎが【忖度(そんたく)】してくるんです(笑)。

 私の何を知っているのだ……忖度うさぎ、いや、雪見うさぎさんよ。

 フタをいじるのはこのへんにしておいて、いざ「断面」を見てみましょう!! 雪見だいふくを包丁でまっぷたつにするの意外に初めてかも!

■見た目は……? 食べてびっくり!

 見た目は、んん? 思ったよりきなこの色していないし、大丈夫かな……? 言われないと普通の雪見だいふくみたいに見えてしまう!?

 が、一口食べてみるとびっくり! 想像以上にきなこもち! まわりのパウダー感と中のきなこクリームが混ざり合って、まるできなこがまぶしてあるんじゃないかと錯覚するんです。この“きなこ感”と「雪見だいふく」ならではのもちもち食感がバツグンの相性です。これに黒蜜なんかかけたらもう絶品スイーツができ上がりそうです。

「雪見だいふく きなこもち」は、見た目がピンと来ないだけに、食べると想像をはるかに超えてくる味です。寒い日にこたつでまったりと、必食の価値ありです。

 ちなみに、「雪見だいふくの日」は11月18日! すっかり過ぎてしまいましたが(笑)。「18」を横向きにしたときに、雪見だいふくとそのスティックが並んでいるように見えることが理由だそうですよ。なかなかトリッキーな由来!

吉原潤一(よしはら・じゅんいち)
たべもの記念日研究家、(社)日本フードアナリスト協会認定2級フードアナリスト/広報委員。「たべもの記念日を通して、人と食べ物が素敵につながる世の中にすること」をモットーに、SNS・ブログでの情報発信、メーカーや生産者さんとのタイアップイベント等を開催するなど精力的に活動中。『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系)など、テレビにも出演。

ロッテ「雪見だいふく きなこもち」が想像以上に“きなこもち”だった件

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.