日刊大衆TOP 芸能

博多大吉「ネタかぶり?」とろサーモン『M-1グランプリ』優勝のウラ事情を語る

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

博多大吉「ネタかぶり?」とろサーモン『M-1グランプリ』優勝のウラ事情を語る

 12月6日放送のラジオ番組『たまむすび』(TBSラジオ)の特別番組をネットで配信する“ラジオクラウド”で、『M-1グランプリ2017』(テレビ朝日系)の審査員を務めた、博多華丸・大吉の博多大吉(46)が審査の裏話を語っていた。

 まず、大吉は自身の審査方法について、昨年は“面白さ”“ツッコミのうまさ”“ボケの間”など、8項目の評価の平均を採点の基準にしていたと説明。しかし、結果的に各コンビの点数が似かよってしまったため、今年は「細かく見ずに、大きなとこだけ、大事なとこだけ見る」ように変えたと明かした。

 これを踏まえて、大吉は10組の1本目のネタと採点理由を解説。さらに、最終決戦のとろサーモンと和牛について、大吉は「ネタの完成度は和牛」としつつ、「録画したのを見てもらうと分かるけど、どっちが爆笑のまま終わったかというと、とろサーモンなんよ」と、笑わせて逃げ切ったとろサーモンを最終的に推したと語った。

 しかし、大吉は「タラレバで言ってもしょうがないけど。もし、和牛の(1本目と2本目の)ネタが逆やったら。最後にウェディングプランナーがステージの下から、“ぱーん”と飛び出してきてたら、俺は文句なしに和牛に入れてる。あんな見事な終わり方ないもん」と、和牛が2本目に披露した“旅館ネタ”より、1本目の“ウェディングプランナーネタ”を評価。

■和牛の不運はクジの導入!?

 続けて、大吉は決勝戦の開催前に吉本興業やM-1関係者の間で「とろサーモンと和牛が“ネタかぶり”している」と話題になっていて、それが、とろサーモンが1本目に披露した“旅館ネタ”だったと告白。「こっからは臆測だから」と前置きしたうえで、「たぶんやけど、和牛って最後に、ウェディングプランナーするつもりやったと思う」「ネタの構成とか出来だけでいっても、1本目のほう(ウェディングプランナーネタ)がすごすぎたから」と、ネタ順を変更したのではないかと推測。

 今回から導入された『笑神籤(えみクジ)』という、1組ごとに順番を決めるルールで、3番手に登場したとろサーモンが“旅館ネタ”を先に披露してウケたため、9番手の和牛は1本目に予定していた“旅館ネタ”を回避。2本目の予定だった“ウェディングプランナーネタ”を1本目にしたのが、勝負の分かれ目になったと説明し、「もしそうだとすれば、これはもう運やしね」とコメントした。

 最後に、M-1ラストチャンスで優勝に輝いたとろサーモンについて、大吉は「“準決勝でずっと落とされてたやつが、なんで今日だけは落ちないんだろう?”っていうのが、俺、不思議やったの」と言うと、「だから、“もしも笑いの神様が本当にいて、1組応援してるとなれば、これ、とろサーモンだなぁ”っていうのは、ずーっと今年、思っていたことでした」と、今年のM-1を振り返っていた。

「大吉のM-1解説に、ネットでは“最後まで聞くとゾワゾワする”“大吉先生が審査員してくれててほんと良かった”など、驚きと賞賛のコメントが多数寄せられ、さまざまな漫才論も展開されていました。プロも素人も今年のM-1について、語らずにはいられないようですね」(お笑いライター)――解説を聞いてから今回のM-1を見直すと面白そう!

博多大吉「ネタかぶり?」とろサーモン『M-1グランプリ』優勝のウラ事情を語る

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.