日刊大衆TOP 芸能

広瀬すずの情報を総まとめ!経歴から炎上騒動、熱愛の噂まで

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

広瀬すずの情報を総まとめ!経歴から炎上騒動、熱愛の噂まで

 多くのCM出演や映画で見ない日はない広瀬すず。2018年1月にスタートする日本テレビ系の連続ドラマ『anone』の主演も決まり、今、最も勢いに乗っている女優だ。2019年前期のNHK朝の連続テレビ小説100作目となる『夏空』のヒロインに起用されたというニュースも記憶に新しい。しかも99作目『まんぷく』のヒロインが未発表な上、朝ドラでオーディションなしでの抜擢は異例中の異例。それだけ世間と業界の注目度が高いのが分かる。どのようにしてここまでの人気女優になったのか、今までの出演作、そして不仲説もささやかれる姉・広瀬アリスとの関係を掘り下げていこう。

【目次】

■広瀬すずのプロフィールと経歴

  • □名前:広瀬すず(ひろせすず)
  • □誕生日:1998年6月19日、ふたご座
  • □出身:静岡県静岡市
  • □血液型:AB型
  • □身長:158cm
  • □趣味・特技:音楽鑑賞:バスケットボール
  • □所属事務所:フォスタープラス
  • □公式HP:http://www.web-foster.com
  • □公式ブログ:広瀬すずオフィシャルブログ「すずの音」https://ameblo.jp/suzu-hirose/
  • □ツイッター:広瀬すず( @Suzu_Mg
  • □インスタグラム:広瀬すず(@suzu.hirose.official)

■広瀬すずの芸能界デビューのきっかけ

●小学生時代

 2010年放送の『ネプキッズリーグ衝撃!!超人キッズ劇場』(フジテレビ系)に、偶然出演。ロケで小学校を訪れたピースの綾部祐二に胸毛を見せられ、悲鳴を上げる姿が「美少女だ!」と話題になった。当時、番組では「大石鈴華ちゃん(小6)」と、テロップで紹介された。

●雑誌『セブンティーン』のイベントがデビューのきっかけ

 もともと姉が専属モデルをしていたファッション雑誌『セブンティーン』(集英社)の「夏の学園祭」というイベントに母親とともに来場した際、現在の所属事務所の社長から声をかけられたのが芸能界入りのきっかけ。その後、社長から『セブンティーン』のオーディションを受けてみないかと打診があり、『ミスセブンティーン2012』でグランプリに選ばれ、姉の広瀬アリスとともに、姉妹でセブンティーンの専属モデルになった。

●上京前後の生活

*中学時代

 部活は小学校2年生から始めた特技でもあるバスケットボール部に所属、小学校6年生のときに東海大会ベスト4になった経験もあるほどの腕前。中学卒業後は芸能活動に打ち込むため上京した。

*高校時代

 通信制高校に入学したと思われる。スケジュールに合わせて授業を組めるため、芸能活動との両立を考えての高校選びだったのではないかと考えるのが自然だろう。

*高校卒業後

 高校卒業後は女優業に専念するために進学はしていない。高校在学中から人気女優の仲間入りを果たし、今の多忙ぶりを見ると大学進学はなかなか考えづらい選択肢だったに違いない。

【関連記事】

広瀬すずが「本気バスケ」意外な上級者ぶりが話題に
https://taishu.jp/detail/29995/

■姉・アリスとの関係は? 兄もイケメン?

●広瀬すずの家族構成

 父・母・兄・姉(アリス)・広瀬すず、の5人家族で3人兄妹の末っ子。

●姉・広瀬アリスとは仲がいい?

 広瀬すずのメディアへの露出が増えるとともに、アリスもバラエティ番組などの出演が増え、姉妹でブレイク。所属事務所が同じことからCMやテレビなどで共演する機会も多い。姉妹仲は良いとされていて、特に姉のアリスが妹のすずを溺愛しているという発言が多く見受けられる。

●一般人の兄もイケメン

 ブログに5歳年上の兄との写真を公開した際、兄もイケメンだと話題になった。美人姉妹の兄だから当然といえば当然だろう。しかし芸能活動は一切行っていない一般人とのこと。

●「フィリピン人の母親がいる」説の真偽は?

 整った顔立ちから一部で「広瀬すず=ハーフ説」が広まり、母親がフィリピン人だという噂が立ったことがある。特に姉・アリスの芸名や顔立ちがハーフっぽいことから「広瀬姉妹はハーフ」と一部の説で広まるが、事実は異なり、本人たちも言っているように純日本人だとのこと。

【関連記事】

広瀬アリスが妹・すずに白旗?「自虐コメント」に激励殺到!
https://taishu.jp/detail/29877/

次世代炎上女王の広瀬すずと広瀬アリス、美人姉妹のケンカの行方は!?
https://taishu.jp/detail/18964/

妹・広瀬すずとの差別化? 広瀬アリス「セクシー路線転向」が、ファンに大ウケ
https://taishu.jp/detail/25497/

■一時期、性格の悪さがネットで炎上

●『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)での発言が炎上

 食わず嫌い王決定戦に出演したときの発言でテレビ局の裏方スタッフを馬鹿にした発言をしたとして炎上した。「なんで照明さんになろうと思うのか」という発言で、裏方を下に見ているという批判が相次いだ。その流れで音声スタッフに対しても同様に「女優の声を撮るのに人生をかけられるのが不思議」とも発言。他にもスケジュール係に対しても「どうして大人になってからいろいろ算数を使ってスケジュールを決めようと思ったんだろう?」とスタッフを馬鹿にしたような発言を連発。若さゆえの奔放な発言だが、ネット上で、一時期「広瀬すずは性格が悪い」と炎上した。

●『しゃべくり007』(日本テレビ系)でのピンヒール

 しゃべくり007では、ピンヒールをはいて歩く姿がかわいいと話題に。本人いわく「ピンヒールをはいたことがない」とのことで、番組内ではいて歩いてみた結果、ヨタヨタした姿で笑いを誘った。しかしネットではピンヒールで映画祭のランウェイを歩く姿が明らかになり、このときも「広瀬すずはあざとい」と炎上してしまった。

●ツイッターでの裏アカウントが存在?

 事務所や本人は否定しているため真偽のほどは分からないが、有名人の悪口をつぶやく広瀬すずのツイッター裏アカウントが存在したという説がある。芸能人の悪口をツイートしている様子のスクリーンショット画像がネット上で出回った。

 

●『VS嵐』(フジテレビ系)での失言

 嵐の大野智への失言も大きな波紋を呼んだ。映画『海街diary』の宣伝で出演した際、「もし自分の弟にするなら」というお題で大野を指名。そこまではよかったのだが、年齢を「40歳ぐらい」と発言し、大野ファンをはじめとするジャニーズファンから批判の声が上がった。

【関連記事】

広瀬すずを叩くのは時代遅れ? オンザ眉毛を披露して絶賛の嵐!
https://taishu.jp/detail/19182/

広瀬すず、KY行動でオードリー春日のトークを完全破壊
https://taishu.jp/detail/20784/

広瀬すず「譲らないものは譲らん」18歳の抱負も“らしい強気”
https://taishu.jp/detail/22955/

広瀬すず「小籔千豊が苦手だった」過去の映像で判明!?
https://taishu.jp/detail/27003/

■若手俳優との熱愛の噂が絶えない

 今もっとも注目されている女優なだけあって、共演した若手俳優との熱愛の噂も後を絶たない。

●野村周平との熱愛説

 映画『ちはやふる -上の句-』で共演した野村周平との二人のやりとりが話題に。ツイッター上で野村から広瀬に「隣にいるけど直接言うの恥ずかしいからツイッターで言うね。誕生日おめでとう。」と、リプライを送り、それを見たフォロワーが「完全にイチャついてる」と二人の熱愛を噂した。

 トーク番組『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に、映画の宣伝で広瀬すずが出演した際も、野村は番組内で求婚。野村周平によるビデオメッセージの中で「5年後に結婚を考えている」という発言でザワついたが、当の広瀬すず本人は爆笑しながら「変な人だから」と否定。仲がよすぎると大きな話題になった。

【関連記事】

野村周平が広瀬すずに公開プロポーズ「普通につきあってそう」とファンの声あがる
https://taishu.jp/detail/20875/

野村周平「広瀬すずと近距離2ショット」に、ファンの怒り爆発!? 「ケンカ売ってる?」
https://taishu.jp/detail/23088/

●成田凌との熱愛報道

 2017年1月、ドラマ『学校のカイダン』(日本テレビ系)で共演した成田凌と広瀬すずが熱愛中、と日刊スポーツが報道した。同紙によると真剣に交際しているという内容で、二人で都内のコンビニに行く姿がキャッチされている。この熱愛報道に関して事務所は否定している。

【関連記事】

広瀬すず、交際否定も「意味深ブログ」に臆測飛び交う
https://taishu.jp/detail/26175/

■広瀬すず出演のCM

●2017年のCM女王に輝く

 愛くるしいルックス、大きなスキャンダルもなくイメージも良いことから多数のCM出演も果たしている。中には姉・アリスと共演して話題を呼んだCMも。

 人気の上昇とともに数多くのCMに出演している広瀬すず。2015年にはタレント別テレビCM広告主数ランキングで19社で首位を獲得。2014年はローラが14社契約で首位だったことから、その契約数の多さに驚かされる。

 2017年もその勢いはとどまらず、タレントCM起用社数ランキングでローラと同率の首位を獲得している。男女総計でもトップで、12社契約で男性首位だった遠藤憲一やや、11社契約のテニス選手の錦織圭、11社契約の有村架純、10社契約の綾瀬はるか上戸彩、高畑充希、武井咲、波留、吉岡里帆、吉田羊とそうそうたるメンバーが並ぶ中、広瀬すずの14社契約は圧巻の数字だ。

●主な出演CM

ゼクシィ(2014〜2015)

 16歳だった2014年に結婚情報誌のCMに起用され、当時はそれほど知名度がなかった彼女が、大きくブレイクするきっかけになった。

●ソフトバンク「SUPER STUDENT」(2014〜)

 ソフトバンクのCMには、2014年から出演している。2017年の「SUPER STUDENT」篇では、大原櫻子とともにブルーの制服姿で学割プランを紹介。ジャスティン・ビーバーとの共演も大きなニュースになった。

●大塚食品「MATCH」(2014〜2016)

 広瀬すずがふんする女子高生が、甘酸っぱい「青春」について悩み、奮闘する清涼飲料水のCM。姉の広瀬アリスとの姉妹初共演も話題になった。

●JR「SKISKI」(2014〜2015)

 backnumberのBGMをのせた、冬のJR恒例の胸キュンCM。JR各駅で「答えは雪に聞け」とキャッチフレーズが書かれたポスターが貼り出された。

●明星食品「一平ちゃん夜店の焼そば」(2015〜2016)

 青春映画風の設定で制服姿で出演。「全部、出たと?」のフレーズが差し替えられたのも話題に。明星食品の製品では現在「チャルメラ」のCMに出演中。

●千寿製薬「マイティアCL」(2015〜)

「ソフトでも、ハードでも♪」の歌でおなじみ、コンタクトレンズ用目薬のCM。現在はチアリーダーに扮したバージョンが放映中だ。

●資生堂「シーブリーズ」(2015〜)

 イケメン俳優中川大志を相手に、甘酸っぱい恋に悩む高校生役を熱演。

●東京ガス (2015〜2016)

 「バーバースガシリーズ」は、ヘアサロンで働く兄と、妹の広瀬すずが2016年4月から解禁となった電力自由化により同社が電力事業に参入したことをCM内で語りかける内容。

●レオパレス21「恋するレオパレスシリーズ」(2016〜)

 シリーズものの作品で憧れの先輩に恋する女の子を演じている。シリーズは高校在学中から受験を経て、現在は女子大生編が放映中。

【関連記事】

広瀬すず&三四郎の「マシマシ」がクセになる!? 富士フイルムCMが大人気
https://taishu.jp/detail/26855/

ソフトバンク新CM、広瀬すずと大原櫻子の共演に「ファンの明暗くっきり」
https://taishu.jp/detail/26427/

■これまでに出演したドラマ・映画作品

 最近では『先生!、、、好きになってもいいですか?』(2017)に代表されるように、いわゆる「胸キュン映画」への出演が多いイメージだが、出演した映画で数々の賞を受賞するなど、演技力の高さにも定評がある。

●ドラマ『学校のカイダン』(2015)

 広瀬すず初の主演ドラマ。生徒会長の役目を押し付けられた地味な女子高生・春菜ツバメ(広瀬すず)が、天才的なスピーチライター・雫井彗(神木隆之介)の教えを受けて言葉の力で学校に革命を起こす学園ドラマ。

●映画『海街diary』(2015)

 数々の賞を総なめにした話題作、監督・脚本は是枝裕和。この作品で広瀬は台本をほぼ読まず、全編アドリブで熱演したのにもかかわらず演技力の高さが評価され、日本アカデミー賞をはじめ新人賞を多数受賞した。

【内容】

 綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆が演じる三姉妹と腹違いの四女である広瀬すず。物語は父の死から始まり、自分たちを見捨てた両親を許せない長女、そして自分が許せない四女。いくつもの思いが絡み合い、四人が真の家族になっていく一年間を描いていく。

●映画『怒り』(2016)

 第40回日本アカデミー賞で優秀助演女優賞、エランドール賞新人賞など今後の活躍が期待される賞を獲得した作品。作中で暴行被害に遭うシーンなどもあり、非常に演技力が問われる役どころであったが迫真の熱演を見せた。

【内容】

 千葉・東京・沖縄を舞台に、行き場のない感情に葛藤する3組の登場人物を描いた作品。沖縄編に登場する小宮山泉(広瀬すず)は、暴行被害をきっかけに心を閉ざしてしまった女性。無人島でサバイバル生活を送っている謎の男・田中(森山未來)と出会い、ある事件に遭遇する……。

●映画『ちはやふる』シリーズ(2016〜2018)

 競技かるたを題材にした少女漫画『ちはやふる』(末次由紀/講談社)が原作の本作品で、広瀬は初の映画単独主演を飾った。この作品で第40回日本アカデミー賞・優秀主演女優賞を獲得し、さらに女優としての存在感をアップさせた。2016年に『ちはやふる-上の句-』『ちはやふる-下の句-』が公開され、2018年3月には完結編となる『ちはやふる-結び-』が公開される予定。

【内容】

 綾瀬千早(広瀬すず)は小学6年生の頃、かるたに真剣に取り組む転校生の姿を見て、自身もかるたの魅力に惹き込まれていく。そして高校生となった千早は幼なじみと一緒にかるた部を設立、全国大会で団体戦優勝という目標に向かって練習を重ねて行くが……?

●アニメ『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』(2017)

 自身声優初主演となったアニメ映画。松田聖子のカバー曲でもある劇中歌の「瑠璃色の地球」でCDデビューも果たした。

【内容】

 両親が離婚するため転校することになった及川なずな(広瀬すず)。ある日、彼女に思いを寄せる典道(菅田将暉)と祐介(宮野真守)がプールでどちらが先に50メートルを泳げるかの勝負を始め、典道は負けてしまうが水中で不思議な玉を拾う。再婚する母親から逃げたいなずなは、典道と駆け落ちしようと誘うものの、母親に連れ戻されそうに。しかし典道が玉を投げると再び水泳対決の最中に時間が戻り、何度も繰り返される同じ一日の果てに二人はどうなるのか……。

●映画『三度目の殺人』(2017)

 主演は福山雅治、ホームドラマを中心に撮影してきた監督の是枝裕和が法廷心理サスペンスに挑んだ意欲作。

【内容】

 勝利にこだわる弁護士・重盛(福山雅治)は同僚に頼まれ、過去に殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を担当することになる。殺人の容疑で起訴された三隅は犯行を自供しているため、このままだと死刑。どうにか無期懲役に持ち込もうとして調査を始める重盛だが、会う度に供述を変える三隅の動機が希薄なことに違和感を覚える。やがてたどり着いた三隅と被害者の娘である咲江(広瀬すず)の接点にたどり着いたのを境に、それまでとは違う事実が浮かび上がる……。

【関連記事】

広瀬すず、大根仁監督最新作で「コギャル役」! ファンの期待も高まる
https://taishu.jp/detail/29727/

広瀬すず、野村周平が『ちはやふる会』開催も「他を巻き込むな」と厳しい声
https://taishu.jp/detail/19016/

広瀬すず、連日の涙に「最近泣き芸が多くないか?」と疑問の声あがる
https://taishu.jp/detail/22053/

広瀬すず「変な汗しか出てません」大先輩との共演を、ファンが応援!
https://taishu.jp/detail/23422/

■異例のスピード発表!2019年朝ドラのヒロイン役

●2019年上半期の連続テレビ小説『夏空』に抜擢

 NHK朝の連続テレビ小説通算100作目となる『夏空』のヒロイン役として発表された広瀬すず。2017年11月に発表されたが、まだ99作目の『まんぷく』(2018年下半期)のヒロインも発表されていない状況は異例のスピード発表だ。

 これはNHKの「働き方改革」も理由で、制作スパンを長くとるためだそう。もう一つの理由としては物語の舞台が北海道であるため、撮影可能な気候面も考慮して通常よりも前倒しのヒロイン発表となったようだ。

 朝ドラといえば1000人規模のオーディションを開催してヒロインを選ぶのが通例だが、なんと広瀬はオーディションなしでヒロイン役に抜擢されたという。数々の映画賞を総なめにしている彼女の演技力の高さが買われたとはいえ、「女優・広瀬すず」に注目が集まるのは間違いないだろう。

【内容】

 広瀬が演じるヒロインは日本アニメ草創期を駆け抜けた女性アニメーター、奥原なつ。なつは戦争で両親を失うが、北海道で癒され、たくましく育った後に上京。当時まだ市民権を得ていなかったアニメの世界に飛び込んだ彼女が、アニメーターを目指し、活躍する姿を描く物語。

■まとめ

 現在、若手女優の中でもっとも注目を集めている、広瀬すず。2018年もさらなる活躍を期待したい!

広瀬すずの情報を総まとめ!経歴から炎上騒動、熱愛の噂まで

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.