日刊大衆TOP 芸能

にゃんこスター、みやぞん、ザキヤマ…伊集院光「芸人発掘眼」のすごさ

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

にゃんこスター、みやぞん、ザキヤマ…伊集院光「芸人発掘眼」のすごさ

 多くの芸人がひしめくお笑いの世界で、無名ながらも才能のある芸人をいち早く見出してきたことで知られるタレントの伊集院光。そんな伊集院が発掘した芸人の中には、今をときめく人気スターも少なくない。

 2017年10月1日の『キングオブコント2017』(TBS系)で準優勝を果たし、世間の注目を浴びた、「にゃんこスター」のアンゴラ村長もその一人だ。17年9月11日放送の『JUNK伊集院光深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)で伊集院が語ったところによると、15年放送の『伊集院光のてれび』(BS12)に、当時無名だったアンゴラ村長を抜擢したのは、番組を制作していた伊集院だったという。しかも、アンゴラ村長の特技である縄跳びを、お笑いのネタにすることを提案したのも伊集院。同番組出演者でライブをした際、あまりにもネタが面白くなかったアンゴラ村長に対し、伊集院が“舞台で縄跳びをずっとやってろ”とアドバイスしたことが、持ちネタである“リズム縄跳び”誕生のきっかけだったというから驚きだ。

 伊集院に見出されたといえば、ANZEN漫才のみやぞんも忘れてはならない。デビュー当時は、コンプレックスから天然キャラを隠していたそうだが、そのキャラを生かすきっかけを作ったのが、伊集院だった。伊集院が『伊集院光のてれび』に出演させる芸人を探すときに、若手芸人に「自分よりおバカな人」は誰かを聞いてリサーチしたのだが、ほとんどの芸人が答えた名前がみやぞん。伊集院はまず、みやぞんを自身の草野球チームに入れたのだが、試合中に胸元でサインを出した伊集院に対し、「伊集院さん、胸がかゆいんですか?」と質問するなど、予想以上の天然っぷりを炸裂させていたそうだ。

 そんなみやぞんを気に入り、自身の冠番組へ出演させた伊集院が、その番組のロケ当日に「みやぞん、(素の)まんまでいいからな」とアドバイスしたところ、みやぞんは笑いの渦を巻き起こすことができたのだとか。これがきっかけで天然キャラを堂々とさらけ出すようになり、大ブレイクへとつながったというから、伊集院には感謝してもしきれないだろう。

■アンタッチャブルの山崎弘也は伊集院光に鍛えられた!

 伊集院の無茶ぶりに耐え続け、ブレイクしたのがアンタッチャブルの山崎弘也で、13年10月21日放送の『たまむすび』(TBSラジオ)に出演した際に、無名時代のエピソードを語っていた。山崎によると伊集院とは師弟のような関係だったらしく、朝、寝ているところを伊集院に叩き起こされて、パジャマ姿のままアメリカのロサンゼルスに連れていかれるなど、プライベートでさまざまな無茶ぶりをされていたという。だが、そんな伊集院からの無理難題に耐え続けたことで、山崎はバラエティ番組での無茶ぶりや執拗なイジりにも、難なく対応できるようになり、その後のブレイクにつながったそうだ。

 また、『キングオブコント2012』(TBS系)で優勝を果たし、一躍ブレイクしたバイきんぐについても、伊集院は早い段階で、彼らの面白さに注目していたという。実際、伊集院は自身が企画の他、構成、編集などを手がけるDVD『伊集院光のばらえてぃー』に優勝前のバイきんぐを出演させており、ブレイク前から彼らの才能を高く評価していたのは確かなようだ。

 その他にも、伊集院に才能を見出されたお笑い芸人は、メイプル超合金のカズレーザーなど数多い。類いまれな眼を持っているだけに、次はどんな芸人を発掘してくれるのか楽しみだ。

にゃんこスター、みやぞん、ザキヤマ…伊集院光「芸人発掘眼」のすごさ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.