日刊大衆TOP 娯楽

【G1有馬記念】ハイレベルな“超G2”を好走! 強敵討伐サクラアンプルール「今週の決断」

[週刊大衆2018年01月01日号]

【G1有馬記念】ハイレベルな“超G2”を好走! 強敵討伐サクラアンプルール「今週の決断」

 ラストランとなるキタサンブラック。過去のレースを振り返ると、ある法則に気づく。キタサンブラックの直後の位置につけた馬が、たびたび穴を開けているのだ。

 今回、その“絶好位”をゲットできそうなのが◎サクラアンプルールだ。前走の天皇賞(秋)では、1番枠のスタートから2番手につけるも、最後の直線では外を大きく回し、結果は8着。内を突いていれば、もう少し着順は上だったかもしれない。実績不足と思われがちだが、サクラアンプルールは今年、ハイレベルな“超G2”で2回好走している。5走前の中山記念では、ネオリアリズムに敗れるも2着。ロゴタイプやアンビシャスを降している。そして前々走の札幌記念で、初の重賞制覇。ヤマカツエースを外から差し切り、サウンズオブアースやエアスピネルを撃破する強い内容だった。不良馬場の天皇賞(秋)を走ったあと、ジャパンCをパスして有馬記念1本に絞ったローテーションにも好感が持てる。中山芝も[3・1・1・0]と相性抜群。激走に期待したい。

■3歳馬のスワーヴリチャードが対抗

 対抗には、アルゼンチン共和国杯を完勝した3歳馬のスワーヴリチャードを推す。皐月賞が6着だったことで「中山苦手説」がささやかれているが、この馬のメイチはダービー。皐月賞は仕上げていなかったようで、度外視していい。秋2走目とフレッシュな状態だし、勝つ可能性も十分ある。

 ▲はミッキークイーン。同じく秋2走目で、有馬記念に強い池江厩舎。押さえておく必要はあるだろう。キタサンブラックは弱点が見当たらないが、有馬記念で勝ちきれていないのも事実。勤続疲労の不安もあり、△まで。

 ◎からなら馬連でも万馬券必至。特大の一発を狙う。

■メルマガも好評配信中!

 メルマガ「『週刊大衆』競馬記者・セキネが関係者を極秘取材 これが稼げる必勝馬券!!」が好評配信中! 毎週、土日に勝負レースを厳選して送ります! 関係者からの極秘情報、そして時には週刊誌の裏側まで……!?

●有馬記念でとっておきの“サイン”も発見!!

・12月17日 阪神5Rの新馬戦は印をつけた3頭◎→○→▲で決着! 3連単3640円
・12月16日 厳選勝負レース2本、新馬戦と全的中達成!
有馬記念も超自信の本命馬を教えます! とっておきの“サイン”も発見!!

◆詳細は、http://foomii.com/00117

【G1有馬記念】ハイレベルな“超G2”を好走! 強敵討伐サクラアンプルール「今週の決断」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.