日刊大衆TOP 芸能

フジタ(ファミコン芸人)「ゲームソフトに2000万円は使いました」麻美ゆまのあなたに会いたい!

[週刊大衆2018年01月01日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

フジタ(ファミコン芸人)「ゲームソフトに2000万円は使いました」麻美ゆまのあなたに会いたい!

 ファミコン芸人・フジタさんとの対談・後編です。ご自宅に2万本以上のゲームソフトを所蔵しているフジタさん。そんなゲームの館にお伺いして、フジタさんがいつも寝ているお布団の上でトーク? ムラムラしてきた私は、ついにフジタさんに「ヤラせて」と、お願いしてしまったんです。

■『マリオブラザーズ』をプレイ

ゆま「まずは何からヤリますか? 2人プレイできるゲームがいいですよね」

フジタ「『マリオブラザーズ』はどうですか?」

ゆま「マリオなら任せてください。あれ? でも、スーパーマリオって2人プレイできましたっけ?」

フジタ「いえ、これはただの“マリオブラザーズ”です。土管から出てくる敵を床の下から突き上げて、気絶させます。そして気絶した敵を蹴れば倒せます。敵を踏むのではないですよ」

ゆま「へえ~。じゃ、カセットをセットしてから……早っ!! 一瞬でタイトル画面がつきましたね」

フジタ「今のゲームはタイトルが出るまでのロード時間も長いですもんね。これもファミコンの良さです」

ゆま「おお、感動する~」

フジタ「協力プレイで敵を倒しましょう。あ、画面上にある“POW”はむやみに叩かないでくださいね」

ゆま「なぜですか?」

フジタ「それを叩くと、画面上の敵が一気に気絶する一方、すでに気絶している敵は起き上がるんです。つまり今、ゆまさんは気絶している敵を蹴ろうと向かっていますよね」

ゆま「はい。任せてください」

フジタ「ここで僕が“POW”を叩くと……ほら、敵が起き上がって、ゆまさんのマリオが死にました」

ゆま「最悪~!」

フジタ「すみません」

ゆま「もう、違うゲームをします。これ、面白そう。『アイスクライマー』」

フジタ「1985年に発売された人気ゲームです。やり方は簡単。上下スクロールのステージを、ひたすら頂上を目指して登っていけばいいだけです」

ゆま「それなら楽勝ですね。今度こそ協力プレイでお願いしますよ!」

フジタ「はい……ゆまさん、一段も登れませんね」

ゆま「何コレ? ボタン操作が難しい。全然、飛んでくれない」

フジタ「そうなんです。このゲームは、ジャンプの操作が難しいんです」

ゆま「もう、やめた~! 次はコレ。『トランスフォーマー コンボイの謎』」

フジタ「あ~、伝説のクソゲーですね。これは1人プレイなんで、どうぞ、ゆまさんがやってください」

ゆま「よし、頑張るぞ。ゲームスタート! ……え? ヤラれてゲームオーバー……? いつ?」

フジタ「始まって2秒で死ぬゲームなんですよ、これ」

ゆま「なんで死んだの?」

フジタ「よく見てください。敵のミサイルが飛んできているんです。後ろの背景とミサイルの色が同じなので、まったく見えないんですが……」

ゆま「嘘でしょ? こんなの、ゲームじゃないよ。フジタさん、やってみて」

フジタ「いいですよ。僕はノーダメージでクリアできますから」(しばし、観戦)

ゆま「すごっ。ユーチューブで何度か見ていますが、やっぱりうまい。ボタンの連打もすごいですね」

■難しいゲームをクリアしてユーチューブに投稿

フジタ「まあ、昔のゲームは本当に難しいんですよ。というのも容量も少ないので、そんなに複雑に作れない。かといって当時、小学生たちは1年に1本か半年に1本ぐらいしかゲームを買ってもらえなかった。そうなるとメーカー側も、子どもたちに1年間は楽しんでもらうため、ゲームの難易度を上げていたんです」

ゆま「そっかぁ。簡単にクリアできちゃったら、損した気分になるんですね。そんな難しい昔のゲームもフジタさんはどんどんクリアして、今、ユーチューブに投稿していますもんね」

フジタ「はい。いろいろと挑戦しています」

ゆま「それが今のファミコン世代の方の間で大人気。やっぱり子どもの頃に、どうしてもクリアできなかったゲームのエンディングを見せてもらえるのって、うれしいんだと思いますよ」

フジタ「そう言っていただけると、本当にありがたいです」

■「ゲームを捨てて」と彼女に言われたら

ゆま「ところで、2万本以上のゲームソフトを集めていますけど、これって、全部でいくらぐらいかかっているんですか?」

フジタ「うーん。正確に計算したことはないですが、2000万円以上はゲームに使っていると思います」

ゆま「に、2000万円? ちょっと都内から離れた場所に行けば、家も買えちゃいますよ~。そういえば、フジタさんは彼女とかいるんですか?」

フジタ「いや、いないです」

ゆま「もし、彼女ができて、“ゲームは全部捨てて”と言われたら、どうします?」

フジタ「いやあ、どうしよう……。できる限りは考えるけど、まあ、他にゲームを置いておく場所を借りるとかして……やっぱり捨てられないかなぁ」

ゆま「そうですよね。それって、ギタリストの方にギターを捨てろ! と言っているようなものですよね」

フジタ「まあ、僕のゲーム熱を理解してくれる人だといいなぁと思っています」

ゆま「きっと、いますよ! ただ、その前にもう少しだけ、お部屋を片づけたほうが……(笑)」

フジタ「そうですよね」

ゆま「でも、今日はすごく楽しかったです。久しぶりに子どもの頃に戻った気分です」

フジタ「ありがとうございます。僕も普段、一人でゲームをやっているんで、女性とゲームをやるだけで、すごくテンションが上がりました(笑)」

ゆま「また、遊びに来てもいいですか?」

フジタ「いつでもいらしてください!」

フジタ
1977年7月21日、東京都出身。幼少期からゲームにハマり、これまで購入したゲームは2万本以上。高校を中退して、お笑い芸人の道へと進み、今はゲームの知識を生かして活動している。最近は、ユーチューブにも動画をアップしている他、ゲーム好きのファン向けに「フジタ宅ツアー」を行うなど、活動を多彩化している。

麻美ゆま(あさみ・ゆま)
1987年生まれ、群馬県出身。セクシーユニット『恵比寿マスカッツ』のメンバーとしても活躍。現在はタレントとして活動。待望の初のミニアルバム「SCAR Light EP」(ポニーキャニオン)は絶賛発売中!

フジタ(ファミコン芸人)「ゲームソフトに2000万円は使いました」麻美ゆまのあなたに会いたい!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.