日刊大衆TOP 女性向け

四十路の独身女性が気をつけるべき大切なことは!?

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

四十路の独身女性が気をつけるべき大切なことは!?

 40歳は「不惑」と呼ばれ、考え方などに迷いがなくなる年齢だと言われている。しかしながら、ライフスタイルが多様化し、人生の選択肢が増えた現代の40代は、最も迷いやすい世代と言っても過言ではない。今回は、そんな迷える四十路の独身女性にスポットを当てて、さまざまに考察してみたい。

■生涯未婚率の増加で激増中!? 四十路の独身女性

 一生結婚をしないという生涯未婚率の増加を受けて、独身者の割合が急増している。

 国立社会保障・人口問題研究所が公表した「人口統計資料集(2017改訂版)」によると、50歳時における未婚女性の割合(生涯未婚率)は、1960年が1.88%、1980年が4.45%、2000年が5.82%、2010年が10.61%、2015年が14.06%となっている。どの年次を見ても、未婚女性は増える一方であり、特にここ最近の増加率には著しいものがある。

■三十路とも五十路とも違う四十路独身女性の特徴

 四十路の独身女性をよくよく観察してみると、彼女たちには、ある程度の共通項が見られた。その特徴を性格・生活・恋愛の3つのカテゴリー分けて、2パターンずつ挙げてみよう。

性格

しっかり者の男勝りタイプ

 四十路になるまで一人で生きてきた女性は、基本的に強くてたくましい。誰かに頼ることをあまり好まず、“自分のことは自分でやる”という考えを持つしっかり者が多い。

ひねくれ者の意地悪タイプ

 四十路の独身女性には、周りの意見を聞かないひねくれ者が珍しくない。会社では“お局様”的な立ち場にいることも多々あり、意地悪な上に嫉妬深いなど、つきあいが面倒くさいと思われていることも。

生活

余裕があるキャリアウーマンタイプ

 中堅どころの社会人として仕事をバリバリこなし、家に帰れば料理や掃除など家事も問題なくできる人が多い。また、結局のところ頼りになるのはお金であるという意識が強いため、積極的に貯金をしたり、万が一に備えた保険に入っていたりする。

余裕がない自由人タイプ

 一方で、四十路に入るまで、好きなことを好きなだけやって人生を謳歌してきた結果、現在は最低時給での非正規雇用やアルバイト生活をしているという人もいる。

恋愛

理想が高くて、今の生活が楽しいポジティブタイプ

 彼氏や結婚相手を選ぶときに、決して妥協したりせず、とことん理想を追い求める。たとえつきあったとしても相手が理想から外れたら、すぐに興味を失って冷めてしまう。また、仕事やプライベートなど、毎日を刺激的に過ごしているため、寂しさや孤独感を感じず、現在の生活スタイルを壊したくないと考えている人も多い。

臆病で自信がないネガティブタイプ

 四十路に入ると年齢を意識して萎縮してしまうせいか「どうせ私なんか……」といったマイナス感情に支配されやすい。若い頃は自信があった人も、シワや白髪などを発見して老化を感じるたびに自信が失われていく。

■この人も四十路超え!? 参考にしたい憧れの独身女性有名人

 四十路を過ぎても独身を貫いている女性有名人は意外と多い。男女問わず支持され、中には憧れの存在となっている人もいる。

【40代前半組】

滝川クリステル(1977年生まれ)

フリーアナウンサー。最近は動物愛護活動にも力を入れている

MAXのLina(1977年生まれ)

歌手。4人組のMAXの中では唯一の未婚者となった

高橋由美子(1974年生まれ)

女優。90年代に一世を風靡したアイドル

深津絵里(1973年生まれ)

女優。これまで数々の賞に輝いてきた演技派だ

島崎和歌子(1973年生まれ)

タレント。バラエティ番組などで結婚できない姉御キャラが定着している

さとう珠緒(1973年生まれ)

タレント。ぶりっ子キャラで知名度が上がった

【40代後半組】

稲森いずみ(1972年生まれ)

女優。ドラマを中心に活躍を続ける実力派

オアシズの大久保加代子と光浦靖子(ともに1971年生まれ)

お笑い芸人。2人とも結婚歴がない

いとうあさこ(1970年生まれ)

30代になってからブレイクしたお笑い芸人

石田ゆり子(1969年生まれ)

女優。石田ひかりの姉。ドラマや映画、舞台など多方面で活躍している

鈴木京香(1968年生まれ)

女優。ドラマや映画、舞台など多方面で活躍している

森口博子(1968年生まれ)

歌手・タレント。80年代を代表する、元祖“バラドル”とも呼ばれる

井森美幸(1968年生まれ)

タレント。森口の同期で、やはり“バラドル”のパイオニア的な存在

■四十路の独身女性が真剣に考えるべき6つの大切なこと

 四十路ともなれば、人生観や生活環境にかなり個人差が出てきており、独身女性だからと言って、決してひとくくりにできるものではない。しかしながら、やはり考えずにはいられない、というか、ぜひとも真剣に考えてほしい事柄もある。

(1)健康

 四十路の独身女性が、何よりも大切にしたいのが健康である。基本的には体調を崩しても、入院しても、身近に世話してくれる人がいないからだ。いざというときに頼れる人がいなければ、体調を崩したり、入院したりすることがないように、日頃から健康状態には気を配っておきたい。

(2)お金

 なんだかんだ言っても、人が生きていくためにお金は必要不可欠だ。四十路であれば仕事をすれば給料がもらえる。しかし、これから年齢を重ねて60代以上になったときに仕事ができるとは限らない。働いて稼げる四十路のうちから、老後に備えて貯金をしておくべきである。

(3)友達

 四十路の独身女性が最も孤独感を感じやすいのは友達を失っていくときである。結婚や子育てをしている友達とは時間や話を合わせづらくなり、疎遠になってしまうケースが多い。とはいえ、四十路になってから新しい友人関係を築きあげるのは難しいものである。同じ境遇にいる友達は、大切にしたい。

(4)転職

 四十路の独身女性には、派遣など不安定な非正規雇用ではなく、正社員など安定した正規雇用という立場を求める人が多い。また、これまで立ち仕事だった人が体力面の限界を感じ、事務職などデスクワークへ転職希望することもある。しかし四十路での転職となると、即戦力になれる実力が求められることが大半であるため、決して簡単なことではない。

(5)両親

 四十路ともなれば、両親もそれなりの年齢のため、介護問題が出てくることもある。親に余裕がなければ、金銭面を負担して施設などに入ってもらうか、自分で介護する必要がある。自分で介護する場合は、働く時間が取れなくなり、介護離職となってしまう人も少なくない。独身者がそういう状況になると、自分自身の老後も危うくなりかねない。

(6)老後

 孤独感や不安感があっても、持ち家があると家に執着心が湧いてしまい、なかなか出られなくなる。楽しい老後を送るためにも、孤独死を防ぐためにも、最近では持ち家のこだわりを捨てて、独身者同士で共同生活を始めるケースが増えてきている。

■まとめ

 不惑を過ぎても、人は人生に迷ったり悩んだりすることがあって当たり前だ。四十路の独身女性が真剣に考えるべき6つの大切なことを押さえつつ、独身の自由さを最大限に生かして人生を謳歌してほしい。

四十路の独身女性が気をつけるべき大切なことは!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.