日刊大衆TOP 女性向け

お正月の鏡開きは1月11日だけじゃない!? その理由や歴史を徹底解説

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

お正月の鏡開きは1月11日だけじゃない!? その理由や歴史を徹底解説

 鏡開きとは、年末年始に飾った鏡餅を割って食べる日本の行事のこと。最近ではパック入りのミニサイズの鏡餅が売られており、何となく飾って、何となくしまっている人は多いのではないだろうか。ちょっと待って、最後は食べないともったいない! いつまで飾っておく? 由来は? どうやって食べる? 結婚式で酒樽を割る儀式との共通点は? などなど、知ってみると楽しめる、鏡開きのアレコレをご紹介しよう。

■鏡開きの由来とその意味

●江戸時代の武家の風習から始まった

 供えた餅を食べる行事は、江戸時代の武家の風習が土台になっている。当時、武将たちは、その身を守る鎧や具足(手足の防具)に餅を供え、これを具足餅と呼んでいた。1月の20日(旧暦)になると、武士が携える刀の刃と柄(つか)にかけ、「刃柄(はつか)祝い」と称して無病息災などを祈願した。餅は、雑煮やお汁粉にして食べていたようだ。ちなみに、女房たちが鏡台に供えたお餅を下げることを「初顔祝い」と言って、やはり20日に行なっていたとか。

●餅に宿った神様のパワーをいただく

 鏡餅は神聖なお供え物であり、お正月の間、年神様が宿る依り代(よりしろ)。年神様とは、五穀豊穣や無病息災を願う神道の神様で、歳神様とも書く。その神様のパワーを丸ごと体内に取り入れてしまおう、というのが鏡開きだ。縁起が悪いので餅に刃物を入れることはせず、鏡切り、鏡割りという言葉も使わない。開くという字は、末広がりなので縁起がいい。

●樽酒のフタを割ることも「鏡開き」と呼ぶ、その由来は?

 古くから酒造の世界では、お酒を詰めた樽のフタを「鏡」と呼んでいた。この鏡を割る儀式は、鎌倉時代~南北朝時代にかけての武将・楠木正成が、出陣にあたって武将たちを鼓舞するために行ったのが始めではないかとされている。

 現在では結婚披露宴や新築祝いなど、門出の席で鏡開きが行われることは多い。化粧ごも(樽に巻いたムシロ)には多彩なイラストがあしらわれ、サイズもミニ樽から大型まで。樽を開けるためにはさまざまな道具の準備が必要だが、升や司会の人材までも含めて一式セットで格安の値段でレンタルしてくれる業者もある。「せーの」、「よいしょー」などとかけ声をかけ、参加者一同で一つのことをする演出は、よい思い出になる。

■鏡開きのタイミングはいつが正解?

●1月11日か20日、地域によって異なる

 現在、門松やしめ縄を飾っておく期間「松の内」は12月13日~1月7日まで。主に関東では、7日に飾りを外して七草がゆを食べ、11日を鏡開きとする地域が多いだろう。

 その松の内だが、江戸時代は旧暦の小正月である1月15日までだった。飾りを外した後、1月20日を鏡開きとしていたものの、慶安4年(1651年)の4月20日に徳川家光将軍が亡くなったことをきっかけに変更された。20という数字は不吉ということで、鏡開きは1月11日に。それに伴って、松の内は1月7日へと早められたのだった。

 とはいえ、江戸幕府の影響が少なかった関西では、今も松の内を1月15日まで、鏡開きを1月20日とする地域がある。時代や場所によって神様が滞在する日にちに違いがあるのも不思議なものだが、ここは、住んでいる地域の風習に沿って行うのがいいだろう。

■鏡開きの正しいやり方はこうだ!

(1)餅を木槌や手で割る

 神様が宿っているとされるので、刃物を使うのはNG! うまく割れない場合は、お湯につけてから電子レンジで温め、手でちぎるのもアリ。たくさんのピースに割れるほど、その年は豊かになるという占いをした地域もあるとか。

(2)料理して食べる

 油で揚げてかき餅にしたり、おしるこに入れて食べる。どんな料理にするかは、お好み次第。とにかく、お供え物に宿った神聖なパワーを飲み込んでしまうことが一番重要!

■おいしくいただく鏡開きレシピ

 鏡餅、どうせならおいしくいただきたい! というあなたのために、硬くなった餅を使って作れる簡単な料理をご紹介したい。

●激安!揚げたて!「かき餅」

(材料)鏡餅/揚げ油/塩など調味料

(1)鏡餅を風通しのいい、乾燥した場所に置いておくとヒビが入ってくる。

(2)餅を、ヒビに沿って手で1cm角程度に割る。よく乾燥していれば、ボロボロと割れる。

(3)鍋に揚げ油を入れ、170度ぐらいに熱する。

(4)餅を油に入れ、ぷくっと膨れてキツネ色になるまで、裏返しながら揚げる。

(5)油から上げ、油を切って、好みの味つけをする。ベーシックな塩から、醤油、カレーパウダー、粉チーズなどアレンジは自由自在。

●レンチンでふわトロ「きな粉餅」

(材料)鏡餅/水/きな粉/砂糖/塩

(1)耐熱容器に餅と、餅がひたひたになるぐらいの量の水を入れる。

(2)別のお皿にきな粉と砂糖、塩少々を混ぜたものを作る。甘さはお好みで。

(3)電子レンジで2~3分加熱する。(時間はレンジによって異なる)

(4)餅を2の皿に入れ、きな粉を全体にまぶす。

●市販のあんこで簡単「ぜんざい」

(材料)鏡餅/あんこ/水

(1)市販の粒あんの缶詰などの中身を鍋に開け、加熱しながら水で伸ばす。

(2)別の鍋で湯を沸かし、餅を入れ、柔らかくなるまで煮る。

(3)器に1の鍋で作った汁粉を入れ、2の鍋から餅をすくって投入する。

●とろ~り餅チーズ「グラタン」

(材料)鏡餅/とろけるチーズ/ホワイトソースや野菜など、お好みのグラタンの具材

(1)耐熱皿に野菜や肉などの具、ホワイトソースの順番でグラタンの具材を敷く。

(2)1の上にまんべんなく水で濡らした小粒の餅を散らす。

(3)チーズを乗せて、オーブンかトースターで表面に焼き色がつくまで焼く。

■まとめ

 鏡餅の上にミカンを乗せて満足していたけれど、お正月が終わった後の処理にはイマイチ自信がなかった、カチカチになった餅をどうやって食べればいいのやら……。今年のお正月は、そんな悩みから解放されてほしい。

お正月の鏡開きは1月11日だけじゃない!? その理由や歴史を徹底解説

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.