日刊大衆TOP 芸能

YOSHIKI「殴ろうと思ってた」ToshIとの伝説の抱擁シーンの裏側を語る

YOSHIKI「殴ろうと思ってた」ToshIとの伝説の抱擁シーンの裏側を語る

 1月9日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)にロックバンド、X JAPANのYOSHIKI(52)が出演。自身の生い立ち、バンド結成、解散などについて語った。

 まずは、“自称! YOSHIKIよりYOSHIKIを知る女性”という、さかいさんが登場。YOSHIKIは千葉県館山市出身で、老舗呉服店の長男として誕生。4歳でピアノを習い始め、5歳のときに幼稚園でボーカルのToshl(52)と出会い、小学6年生でバンドを結成したなどと、YOSHIKIの隣で、その生い立ちについて解説した。

 これをフォローするようにYOSHIKIは、当初は自身がボーカルでToshlがギターだったことや、小学5年生で父親が自殺してしまい、心の行き場を失くしていたとき、ロックバンドのKISSを知り、ロックスターになろうと決意。小学5年生でドラムを始めたと語った。

 高校時代にXを結成し、ロック界の頂点に上り詰めたが、1997年4月、Toshlが音楽性の違いと洗脳騒動で突然脱退を表明し、9月にX JAPANの解散を正式発表。YOSHIKIは「(Toshlとは)一生会わないんだなって思ってました」「(自分は)Xというドアを完全に閉めてしまった」と当時を振り返った。

 また、同年大晦日の解散ライブでファンの間で伝説になっている、YOSHIKIとToshlが抱き合ったシーンついて、YOSHIKIは「あのときは、僕はどっちかというと怒りのほうが強かったんですよね。目の前のToshlをぶん殴ってやろうかぐらい思っていたんです。でも、やっぱり、本当に目の前に現れたら、幼なじみのToshlだったので、体が自然と抱きしめてしまったんですね」と告白。

 そこで、マツコが「どういうタイミングで再会できたんですか?」と問うと、YOSHIKIは「Toshlから聞いた話なんですけど」と前置きしたうえで、「洗脳していたリーダーの人が、“X JAPANを再結成しなさい。そうすることによって自分にもっとお金を貢ぎなさい”みたいな話になって、僕に連絡を(解散)10年後に取ってきたんです」と明かした。

 続けて、「僕も幼なじみから(Toshlを)知っている。10年後といっても、なんか、ねえ……少し普通じゃないっていうのは分かっていたんですけど。ひょっとしたら、東京ドームとかで演奏することによって、また、そういう(以前の)感覚が戻ってくるかもしれない。チャンスかもしれない」と思ったと、再結成に至るまでの経緯を説明。一緒にバンドをやり始めたことから、徐々にToshl洗脳が解かれていったという。

■HIDEとTAIJIについても語った!

 さらに、YOSHIKIは亡くなったギターのHIDEとベースのTAIJIについても言及。「自分の中ではまだ、一緒にやっている気持ちでいる。もちろん、この世には存在しないんですけど、気持ちの中では一緒にやってる」「実際の演奏はなかったとしても、HIDEの気持ちは入っていますし、TAIJIというメンバーも、いろいろありましたが、彼の気持ちも入っている。気持ちの中では七人のX」と語った。

「最後にYOSHIKIは、スタジオで名曲『Forever Love』をピアノ生演奏したのですが、ツイッターなどで、”演奏してるのを見て涙が止まらなかった”“気づいたらテレビに向かって拍手してしまっていた”など、絶賛と感動のコメントが多く上がっていました。X JAPANのニューアルバムは、出ると言いながらなかなか出ないことで有名ですが、番組でYOSHIKIは“もうすぐニューアルバムが出るかもしれないんですけども”と、22年ぶりのアルバム発売を匂わせていました。もし本当に発売されたら、かなりのヒットになるでしょうね」(芸能誌記者)――ファンはいつまでも待っています!

YOSHIKI「殴ろうと思ってた」ToshIとの伝説の抱擁シーンの裏側を語る

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.