日刊大衆TOP 女性向け

「初彼岸」は何をするべき!? その由来や、先祖供養のあり方を解説

「初彼岸」は何をするべき!? その由来や、先祖供養のあり方を解説

 平成生まれの人が「彼岸」と聞いて思い出すのは映画やゲームにもなった、吸血鬼島が舞台の漫画『彼岸島』(松本光司/講談社)か、はたまたカードゲームの「遊戯王OCGデュエルモンスターズ」のデッキ名だろうか。昭和の人なら、この時期にお墓参りをした記憶があるかもしれない。“暑さ寒さも彼岸まで”というフレーズはたまに耳にするけど、そもそもお彼岸って、いつからいつまで!? あいまいになってしまったその常識や意味、意外に知られていない初彼岸のアレコレなどを紹介したい。

■そもそも「彼岸」って何のこと?

 仏教用語で、あの世のこと。彼岸という言葉は仏教の教えに由来する。私たちが生きている現世が「此岸(しがん)」で、川を挟んだあちら側のあの世が「彼岸」だ。彼岸の向こうには、悟りの世界「涅槃(ねはん)」広がっている。煩悩の川を越えて初めて涅槃に到達できるという。この川が、俗にいう三途の川だとされている。

 言葉としては、もともとあったサンスクリット語の「パーラム」という言葉が意訳されている。仏教には「波羅蜜(はらみつ、パーラミター)」という言葉があり、これはパーラム(彼岸)に到達するという意味を持っている。

●「彼岸花」との関係性は?

 秋彼岸の頃になると、群生して赤や白の花を咲かせる「彼岸花」。この時期に開花することからネーミングされたという説、球根に毒性があるので「食べるとあの世へ行く」という意味でつけられた説などがある。水田や墓地でよく見られるのは、ネズミや害虫対策のために植えられることが多かったためだ。

 ちなみに「曼珠沙華(マンジュシャゲ)」という別名には、サンスクリット語で“天界に咲く花”という意味があり、日本人の生死観と結びついた植物であるということは間違いなさそうだ。

>■お彼岸の時期はいつ?

 1年に2回やってくる、お彼岸の時期は「春分の日」と「秋分の日」の前後。「春分の日」と「秋分の日」を中日(なかび)とし、それぞれの前後3日を合わせた7日間が「彼岸」だ。初日は彼岸入り、最終日を彼岸明けとする。

「お彼岸」は日本独自の季節の移り変わりを表す「雑節」における暦日のひとつ。雑節には他に「節分」や「八十八夜」「入梅」「土用」などがある。“暑さ寒さも彼岸まで”とはいっても、春彼岸の頃はまだまだ夜寒く、秋彼岸は残暑の真っ只中だ。ただ、季節の変わり目にあることは間違いない。

●春分・秋分の日は毎年違う!?

「春分の日」と「秋分の日」は、太陽が通る「黄道」の軌跡を24等分した「二十四節気」の割点に位置する。この2日は太陽が真東から昇り、真西に沈む日。昼と夜の長さが同じになる日として知られているが、本当はやや昼のほうが長い。それは、どのタイミングを日の出と日の入りと定義するかに関わっている。東の水平線から太陽が頭をのぞかせた瞬間が日の出、西の水平線に沈みきった瞬間が日の入りだ。これがどちらも太陽の中心点が水平線にかかる瞬間ならスッキリするのだが、現状では太陽の直径ひとつ分の移動時間だけ昼が長いことに。さらに、地球は大気の層に覆われており、日の出の際は光の屈折で地平線が浮き上がって見える。そのことで2分ほど日の出のほうが早まることになる。実際、年によっては十数分から数日間分、昼のほうが長いという誤差が生じている。

 例年、春分の日は3月の20日か21日ごろで、秋分の日は9月22日か23日ごろ。「国立天文台」の天体観測によって、太陽が春分点と秋分点を通過する日が報告され、祝日の日取りが決まる。どちらも戦前までは「春季皇霊祭」「秋季皇霊祭」という宮中祭祀で知られ、明治時代は国民の祝日でもあったが、1948年(昭和23年)に「先祖を敬い、亡くなった人を偲ぶ(しのぶ)日」として「春分の日」と「秋分の日」という名前に変わった。

●2018年のお彼岸はいつ?

【春のお彼岸】

  • 彼岸入り/3月18日(日)
  • 中日  /3月21日(水)
  • 彼岸明け/3月24日(土)

【秋のお彼岸】

  • 彼岸入り/9月20日(木)
  • 中日  /9月23日(日)
  • 彼岸明け/9月26日(水)

■「初彼岸」にするべきことはある?

「初彼岸」とは、家族が亡くなった後、初めて迎えるお彼岸のこと。ただし死後48日後、いわゆる四十九日以内に彼岸がやってきた場合は、次に繰り越しされる。

●「初彼岸」ですることは?

 特に形式ばった法要をするわけではないので、近しい親族以外へ連絡する必要はない。家族で、できれば彼岸入りの日に仏壇やお墓の掃除とお供え物をする。お寺では「彼岸会(ひがんえ)」の法要を行なっているので、参加するのもいい。

●親戚の「初彼岸」に顔を出すなら?

 四十九日や納骨、新盆ほど重要度は高くないので、近くに住んでいればお墓参りに行く程度でよい。その場合、服装は喪服でなくとも、華美でなければOK。基本的にお金を包む必要はないが、葬儀に参列できなかったなどの理由がある場合、3~5千円を包むのが適当。香典袋には御仏前と記そう。お供え物は故人の好きだったものはもちろんだが、日持ちするもののほうが喜ばれるだろう。「初彼岸」に顔を出せず、心苦しい場合は、仏花を送るのも手だ。逆に、家族以外の人から「初彼岸」にお参りやお供えをしてもらったケースでは、特に返礼をしなければいけないルールはない。

■春と秋のお彼岸でするべきことは?

 昔から日本では春分・秋分の頃に豊作を願う風習があり、仏教の浸透とともに秋の彼岸として先祖を供養するようになったようだ。とはいえ、一般人がすべき行事や儀式は特にない。お彼岸の期間に祝い事や工事などをしてはならないという説もあるが、実際のところ、明確な禁忌事項はないようだ。

 もっとも大切なのは、供養する心。家族で仏壇や墓石を清めておはぎなどをお供えした後、ご先祖に感謝しながら食べよう。

●知ってた? お墓参りの作法とマナー

【持ち物】

  • ・線香
  • ・ライター
  • ・花
  • ・お供え物(故人が好きだったものが好ましい)
  • ・お供え物を置くための半紙(ティッシュで代用する人が多い)
  • ・スポンジ(水をかけるだけではなく、きちんと汚れを落としたい場合)

【手順と作法】

 寺院墓地なら、本堂にお参りしてからお墓へ向かう。お墓に着いたら、掃除から始めよう。周囲のゴミを拾い、もし雑草が生えていたらつみ取る。大抵の場合、水道の近くに桶とひしゃくが設置されているので、水をくんで墓石にかけ、ホコリなどを洗い流す。仕上げに打ち水をし、中央にある水鉢のくぼみと花立に水を注いでおこう。花はあらかじめ40cm前後に切りそろえておく。長すぎると倒れてきてしまうかもしれない。

 次に、線香に火をつける。束で着火しても間違いではないが、宗派によって2本、3本と決まっていることも。気になる人は、法事などお坊さんに会うタイミングや、お寺の社務所などで一度聞いてみるといいだろう。線香に火がついたら手であおいで炎をおさめ、香炉へ。人の吐く息は不浄とされるので、吹き消すのはNGだ。最後に落ち着いて手を合わせ、ご先祖に思いをはせよう。去り際は当然、立つ鳥跡を濁さず。花と線香以外のものは片づけて帰る。

【注意点】

・霊園のルールに従う(開園時間や火気の使用など)

・タワシや歯ブラシで墓石をこすらない(墓石が傷つく可能性あり)

・ジュースやアルコールを墓石にかけない(墓石が腐食する可能性あり)

・花粉や落ち葉の多い花は避ける(周囲の墓を汚す可能性あり)

・食べ物は持ち帰る(腐ったり、カラスや動物の被害になる)

●どんな花がお供えに適している?

 故人が愛した花があるなら、それを供えるに越したことはない。ただ、供養する側が扱いやすい花、季節によって手に入りやすい花を選ぶのも選択肢のひとつだ。菊やカーネーションなどがポピュラーだが、これらは日持ちしやすいことから選ばれる傾向にあり、仏花選びに関して特に決まりはない。ただ、トゲや強烈な匂いがあったり、花びらや葉が落ちやすいものは避けたほうが無難だ。春ならマーガレットやアイリス、秋ならコスモスやリンドウがおススメ。

 特に秋彼岸は残暑の時期ため、切り花を7日間持たせるのは難しい。カットする際は、水切りといって、茎の切る部分を水の中に浸けながら斜めに刃を入れると、水の吸い上げがよくなる。水は毎日交換し、そのつど茎の先端を水切りするといい。また、花器の中に10円玉を入れておくと、長持ち効果がある。

●なぜおはぎを食べるの? おはぎとぼたもちの違いは?

 日本で小豆は古来から、赤い色に魔除けのご利益がある食べ物とされていた。祝いの席で赤飯を炊くのも同様の理由だ。さらに、その収穫期は9月下旬~10月。採れたての小豆であんこを炊いて、先祖に供えたのだ。明治時代まで砂糖はめったに食べられない高級品だった。それまでの長い間、塩味が主流だったのだから、甘いおはぎはハレのお供え物だった。

 漢字にすると「おはぎ=御萩」に「ぼたもち=牡丹餅」と書き、どちらも季節の花に由来する。そのため、秋に食べるのが小ぶりのおはぎ、春に食べるのが大輪の花のように大きなぼたもちと唱える説もうなずける。

 一方、おはぎは粒あんで、ぼたもちがこしあんだとする説も存在。収穫したばかりの新鮮な小豆は秋彼岸で皮ごと堪能し、保存しておいたものは皮をこして春彼岸で味わっていたとか。米の種類がもち米かうるち米か、きな粉の有無など、おはぎとぼたもちの違いについては、諸説乱立している。現在はおはぎという名前のほうが、全国的に市民権を得ているようだ。

●お彼岸に団子を並べるって本当?

 地域によっては、彼岸入りの日と彼岸明けの日に、一対のお団子をお供えする風習がある。上新粉の餅だったりよもぎ餅だったり、「積み団子」といってピラミッドのように盛ったり、平らに盛ったりと、スタイルはさまざま。起源は不明だが、東北や名古屋など、現在もおはぎと並んで「彼岸団子」とネーミングされた商品が並ぶエリアは多い。

●仏様にも食事を出すの?

 こちらも地域によるが、お彼岸とお盆の期間中、また四十九日や命日には、つどつどお仏壇に専用の御膳「霊供膳(りょうぐぜん、れいぐぜん)」を供える風習がある。肉、魚、五辛(ネギやニンニクなど香味野菜)を使わない一汁三菜の精進料理だ。本来は、専用のお膳と5つの器のセットを使用したいところだが、ここもやはり大切なのは気持ち。故人が好んだメニューを、自宅にあるきれいな器に盛りつけて供えるだけでも十分だ。お箸を仏壇のほうに向けて供え、傷まないうちに下げよう。

■お彼岸に先祖供養をするのはなぜ?

 お彼岸に仏様の供養をすることが、極楽浄土へ行くための修行になると考えられていたから。仏教の教えでは、この時期に「六波羅蜜(ろくはらみつ)」という仏教の教えを実践するべきとされる。これは前述の、「波羅蜜」に含まれるもので、彼岸にたどり着くための6つの修行のこと。というと堅苦しく聞こえるが、慌ただしい生活の中でもゆったりとした気持ちで仏壇やお墓に向き合い、自分を見つめる時間を持とうということだ。

六波羅蜜の種類

(1)布施(ふせ)

 他人に財物などを施したり、相手の利益になるように仏の教えを説くことなど、無償の善行全般を意味する。

(2)持戒(じかい)

 仏教にもうけられたルール「戒」(いましめ)を守ること。自発的に実践するべきで、守らなくても罰則はない。

(3)忍辱(にんにく)

 逆境やつらいことに出会っても、ぐっと耐えることで精神を鍛錬すること。

(4)精進(しょうじん)

 常に向上心を持って努力すること。人の生には限りがあるので、1日1日を大切に、うまくいかないときもくじけず、成功してもけしておごらず、前進すること。

(5)禅定(ぜんじょう)

 心を落ち着かせ、動揺しないこと。平静な状態で、自己反省すること。

(6)智慧(ちえ)

 真理を見抜く力、正しい判断力を身につけること。上記の5つの教えを実践することで、会得できるとされる。

●お彼岸とお盆の違いって?

 お彼岸はあの世にいるご先祖様を、この世から思う期間。あの世とこの世が近づく期間だとされるので、供養にも、涅槃に近づく修行にももってこいの時期とされている。

 一方、お盆にはご先祖様の魂がこの世に帰ってくる時期。いわばご先祖様の里帰りのようなもの。家で一緒に過ごし、供養をしてまたあの世へ送り出す。

 しかし「彼岸団子」や「霊供膳」などを用意する地域では、彼岸入りには先祖をお迎えするおもてなしとして、彼岸明けにはお土産としてお供をしているようだ。もともとお彼岸は仏教の儀式というより、土着的な自然信仰がベースにあった。豊穣祈願と先祖供養の風習に、仏教が後づけされたという見方も根強い。

■まとめ

 お彼岸の由来や意味を知ると、その期間にどう過ごすべきかが理解できる。人々は先祖を思うとき、人の生死について考え、また自分自身の悩みや迷いと対峙することになる。

 漫画『彼岸島』では、舞台を吸血鬼が巣食う死の世界とイメージし、「遊★戯★王」のカードゲームでは彼岸のデッキに属するモンスターは墓地で威力を発揮する。どちらも先祖供養という視点からはかけ離れているが、死後の世界をイメージしているという点では的を得ているのかもしれない。

 さまざまなことが複雑化しためまぐるしい現代社会において、お彼岸のような時間があることで、自然と自身のルーツと人生を見直すことができる。自分はどこから来てどこへ向かうのか? 春分の日、秋分の日はお墓参りに出かけて考えてみてもいいだろう

「初彼岸」は何をするべき!? その由来や、先祖供養のあり方を解説

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.