日刊大衆TOP 芸能

ももいろクローバーZ・有安杏果、“ベテラン毒舌タレント”との意外な関係

ももいろクローバーZ・有安杏果、“ベテラン毒舌タレント”との意外な関係

 1月15日、5人組の人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」メンバーの有安杏果(22)の“卒業”が発表された。

「わずか6日後の21日に千葉・幕張メッセで催されるコンサートが、彼女のラストステージになるというので、ももクロのファンは大騒ぎしてますよ。今後は残された4人で活動を続けるそうですが、歌唱力とダンスはグループ1といわれる有安さんの卒業を惜しむ声が高まっています」(アイドル誌記者)

 有安本人は「自分の中で決断したのは1年前。去年の夏に事務所の方に相談し、年が明ける前にメンバーには伝えました」と語るが、晴天の霹靂にいまだ立ち直れないファンも多いようだ。

 そんな中、騒ぎの渦中の有安と、意外な人物との「関係」が今、静かな話題になっている。その「意外な人物」というのはなんと……。

「俳優でタレントの毒蝮三太夫さんです。普段からラジオで、高齢者に向かって”このクソババア”などと愛のある毒舌を浴びせかけることで人気の毒蝮さんと、トップアイドルの有安さんとの間に何の接点があるのかいぶかしがる向きもあるようですが、この2人は、日本大学芸術学部――いわゆる『日芸』の先輩と後輩なんですよ」(ラジオ局関係者)

 もっとも、毒蝮は昭和11年生まれで御年81歳。昨年3月に日芸の写真学科を卒業した有安とは、祖父と孫くらいの年の差がある。ラジオ局関係者が続ける。

「マムシさんがももクロと初めて会ったのは、昨年12月13日のさいたまスーパーアリーナ。冠番組の『毒蝮三太夫のミュージックプレゼント』(TBSラジオ)で、当日夜にライブを控え、会場でファンイベントを催していたももクロのところに、マムシさんが乱入した格好です。

 そのとき、マムシさんはいつもとおりの歯に衣着せぬトークを披露。有安さんを”おまえ、足短いな~”とからかったのですが、即座に”私は身長のわりにはバランスが取れてんです!”と切り替えすのを見て、若いのに大したもんだ、と感心してましたね。有安が自分と同じ大学を卒業したと知ってからは、”60歳くらい違うけど、後輩は後輩。かわいいもんだよ”と目尻を下げてましたよ」

 なお、1月22日(月)発売の『週刊大衆』(双葉社)2月5日号では、毒蝮×ももクロの「異色対決」のさらなる詳細が語られているという。

ももいろクローバーZ・有安杏果、“ベテラン毒舌タレント”との意外な関係

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.