日刊大衆TOP 娯楽

【G3シルクロードステークス】芝の千二ならナックビーナス「須田鷹雄 今週の狙い目レース」

[週刊大衆2017年02月05日号]

バナー

 今年のシルクロードSはセイウンコウセイが出走を予定しており、一方で近走好調の馬や、ダート短距離から転じてくる馬などもいて、にぎやかな顔ぶれになりそうだ。まずはセイウンコウセイの扱いを考えなくてはならない。昨年はこのレースに55キロで出走して2着。その後に高松宮記念を勝っているので、今回はだいぶハンデを貰うことになる。G1馬が1年以内にハンデG3に出走することはほとんど無いのだが、わずかに存在する類似事例からすると、58キロか59キロ。最近は背負う馬に甘いハンデがつくので58キロで済むかもしれない。

■実績馬が苦戦しがちなレース

 ただ、いずれにしても厳しい戦いだろう。56キロで京阪杯を負けているし、そもそもこのレースは実績馬が苦戦しがちなレースである。シルシとしては△がいっぱいというところだ。実績馬苦戦の傾向は前走クラス別成績やレース間隔別成績にも表れている。前走G1組は過去10年[1・1・0・10]、グループとしては重複するが、3か月以上の休み明けだった馬は[1・1・0・20]。こう考えると、もう1頭の実績馬、昨夏に勢いがあった△ダイアナヘイローもヒモの最後のほうで様子を見るべきということになる。

■京都芝1200メートル戦で狙うのは!?

 ではどういう馬を買うべきかというと、逆の属性で「続戦」「オープン特別~G3組」「前走好走しているわりにハンデが軽い」といった馬たちである。そう考えると◎ナックビーナスが一番買いやすい。重賞好走歴もあるし、自分で競馬を作れるタイプ。京都芝1200メートルは葵S以来となるが、その葵Sでは勝利している。ここ最近で大敗したのはダートとG1と1600メートル。芝1200メートルのG3なら当然期待できる。10月以降5戦目ではあるが、牝馬といってもガサのある馬だし、急にデキ落ちということもないだろう。

 そのナックビーナスに前走で3着と敗れた○ロードクエストには、1200メートル2戦目での前進を期待したい。中山に比べると京都のほうが器用さを要求されない面があると思うし、その意味で同距離でもコース替わりがプラスに働く可能性はある。

 あとは、展開待ちのタイプだが差し届いてきてもおかしくない▲アットザシーサイド。休み明け組ではこのコースの好走歴が豊富なのに人気になりにくい★セカンドテーブル。

■須田鷹雄 プロフィール
1970年東京都生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。大学在学中に競馬ライターデビュー。競馬以外のギャンブルも含めた「旅打ち」をライフワークとし、国内の全公営競技場を踏破した経験を持つ。

【G3シルクロードステークス】芝の千二ならナックビーナス「須田鷹雄 今週の狙い目レース」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.