日刊大衆TOP 女性向け

生後1か月の赤ちゃんの授乳、便秘、夜泣きまで、ママのお悩みを解決!

生後1か月の赤ちゃんの授乳、便秘、夜泣きまで、ママのお悩みを解決!

 妊娠、そして出産。ここまでも十分大変だが、無事に出産を終えた後にはもっと大変な新生児育児が待ち受けている。授乳とおむつ替えを繰り返し、どうにかこうにか沐浴をするひと月が過ぎ、生後1か月を迎えた赤ちゃん。もちろんまだまだ大変なことには変わりがないが、生後1か月の赤ちゃんについて知っておきたいことや、気をつけたいこととは?

■生後1か月の赤ちゃんの特徴

 この世に生まれ出て1か月……。生後1か月の赤ちゃんは、まだまだ小さく首も据わっていないものの、それでも生まれたばかりの頃より体は大きくなり、五感も発達! どんな特徴があるか、詳しく見ていきたい。

●身長と体重

 市町村から交付される母子健康手帳に載っている、厚生労働省が作成した「発育曲線」によると、生後1か月の赤ちゃんは、かなり発育に個人差が大きい。

【男の子】身長:50.9~59.6センチ、体重:3530~5960グラム

【女の子】身長:50.0~58.4センチ、体重:3390~5540グラム

 ほとんどの赤ちゃんは、生後1か月の時点で出生時体重から1000グラムほど増加している。ちなみに、生後2か月を迎える頃には、生後1か月の体重から1000グラムほど増加していれば順調といわれており、1日につき25~30グラムほど増加する計算になる。

●体の特徴

 顔を左右に動かしたり、手足を伸ばしたりバタバタ動かすなど、新生児期の頃よりも動きが活発になる。体全体の肉づきもよくなり、むっちりとしてくる。

●把握反射

 新生児に備わっている原始反射(げんしはんしゃ)はほとんど残っていて、手のひらにパパやママの指やおもちゃなどを触れさせると握り返す「把握反射」(はあくはんしゃ)も見られるようになる。

●視力

 視力は、0.01~0.02くらい。まだママやパパの顔は分からないものの、新生児期と比べ、目の前のものがしっかり見えてくるようになる。赤や青など、はっきりした色のものは見えやすい。顔を近づけてあげると、こちらの目をじっと見てくるようにもなる。また、「追視(ついし)」といって、目でおもちゃなどの物を追うことも徐々にできるようになってくる。

●表情

 表情もだんだんと豊かになってきて、泣き方にバリエーションが出てくる。よく泣く子、あまりぐずらない子など、赤ちゃんの個性も現れてくる。生後6週を迎える頃になると、微笑みを浮かべることも。

●声

 声が少し出るようになり、パパやママが語りかけると「アー」「ウー」と反応することもある。

■生後1か月の赤ちゃんの生活リズム

 身長や体重が増え、体の動きも活発になってくる生後1か月の赤ちゃん。どのような生活リズムになるのかを説明する。

●授乳間隔

 生まれたての赤ちゃんは、まだ母乳やミルクをうまく飲めなかったり、一度に飲める量が少なく頻回授乳になったりするが、生後1か月になると口周りの筋肉も発達してきて、上手な吸い方ができるようになり、また一度の授乳で飲める量も増加するため、新生児期と比べ授乳間隔が開くようになる。

<完全母乳の場合>

 この時期の授乳間隔は個人差が大きく、まだまだ頻回授乳が必要な赤ちゃんもいる。1回の授乳時間は左右それぞれ5~10分ほどが目安で、それ以上欲しがった場合も20分以上の授乳は負担がかかってしまうので、一旦中断して様子を見るとよい。

<完全ミルクの場合>

 ミルクは母乳よりもカロリーが高く、完全ミルクの場合、飲ませ過ぎには要注意である。授乳間隔は必ず3時間以上あけること、規定量を超えた分量を与えないよう、気をつける。

<母乳とミルクの混合育児の場合>

 混合育児も、やはりミルクのカロリーが高いことは気に留めておきたい。先に母乳をあげ、足りない分をミルクで補う場合は、与えすぎに注意する。ミルクのみをあげるときは、3時間以上間隔をあけ、分量を守るように。また、混合育児の場合、赤ちゃんがミルクだけを飲んで母乳を嫌がる「乳頭混乱」に陥る可能性があるため注意が必要。予防策として、ミルクをスプーンであげる方法もある。

●睡眠

 生後1か月の赤ちゃんの1日の睡眠時間は、14~17時間ほど。1日20時間ほど寝ている新生児期の赤ちゃんに比べて、3~6時間ほど起きている時間が増える。

 とはいうものの、生後1か月の段階では、赤ちゃんの体内時計はまだ整っていないし、昼夜の区別もままならないため、昼夜逆転になったり、あるいは夕方に黄昏泣きをすることもある。赤ちゃんの体内時計が整いはじめるのは生後3~4か月頃で、しっかり定まってくるのは生後5~6か月頃。。それまでパパやママは体力的にも大変だが、赤ちゃんが起きているときはしっかり相手をしてあげることが望ましい。

 また、赤ちゃんの機嫌が悪く、ぐずってなかなか寝ない場合は、部屋の中が赤ちゃんにとって快適な温度になっているか、厚着になっていないか、おむつが濡れていないか、お腹が空いていないかなど、赤ちゃんの眠りを妨げている要因がないかをチェックしよう。

●お風呂

 1か月健診で特に問題が見つからなければ、赤ちゃんは沐浴を卒業して「お風呂デビュー」ができる。

 お湯の温度は、38~40度に。大人にとってはややぬるめの温度ともいえるが、赤ちゃんはまだあまり体温調節機能が発達していないので、これ以上熱いお湯は望ましくない。赤ちゃんの体が冷えないよう、あらかじめ浴室内をシャワーのお湯で温めておくとよい。

 沐浴のときと同様、あらかじめ、前開きの肌着とおむつをセッティングしておく。こうすることで、お風呂タイムを終えた赤ちゃんにすぐに肌着とおむつを着せてあげることができる。

 パパとママ、ママとおばあちゃんなど、大人が2人いるときは役割分担をするとよい。1人が赤ちゃんとお風呂に入って洗い、もう1人が赤ちゃんを受け取り着替えやスキンケアをおこなうといった具合のチームプレイを行えば、お風呂タイムがスムーズになる。

 大人が1人しかおらず、赤ちゃんと2人だけでお風呂タイムを過ごす場合は、お風呂用のベビーチェアに赤ちゃんを待機させ、先に大人が洗い、それから赤ちゃんを洗えばスムーズに。赤ちゃんを抱いて洗うため、ベビーソープは、ポンプ式で泡タイプの製品が操作しやすく使いやすい。

●散歩(外気浴)

 1か月健診を無事にクリアした後は、積極的に赤ちゃんの外気浴を行いたい。外の新鮮な空気に触れることによって赤ちゃんは刺激を受け、心身の成長にもつながるし、赤ちゃんもパパやママもリフレッシュすることができる。ただし、いくつか留意点もある。

・天候の良い日におこない、できれば午前中が好ましい。

・雨や雪の日、風が強い日など、天候の悪い日は控える。

・最初は、5分程度の短時間でおこない、徐々に慣らしていくとよい。

・最初は、ベランダや中庭に出てみるだけでもよい。

・赤ちゃんの機嫌がよいタイミングを狙っておこなうとよい。

・パパやママの体調や気分が優れず気が進まない日は、無理におこなわなくてもよい。

■生後1か月の赤ちゃんの注意点

 最初は何が何だか分からないまま無我夢中で行っていた赤ちゃんのお世話。てんやわんやの1か月が過ぎ、赤ちゃんとの日常生活にようやく慣れ、余裕を感じはじめる新米パパやママもいるだろう。とはいえ、油断は禁物。生後1か月の赤ちゃんの様子で気をつけておきたいものを押さえておこう。

●乳幼児突然死症候群(SDIS)

「乳幼児突然死症候群(にゅうようじとつぜんししょうこうぐん/SDIS)」は、それまで健康で元気だった赤ちゃんが突然亡くなってしまう病気で、0歳児の赤ちゃんに多く見られる。特に多いのは赤ちゃんが生後2~6か月の頃だが、生後1か月の頃から注意しておきたい。日本では、6000~7000人に1人の割合で発症するともいわれている。

 SDISの原因はまだ解明されていないが、厚生労働省は、SDISは早産児や低出生体重児に多く発症すること、うつぶせ寝・受動喫煙はどちらもSDIS発症リスクを高める可能性があること、逆に母乳育児はSDISの発症を低くする期待ができる、と見解を出している。これらのことから、SDISの予防策として期待できるのは、以下だ。

□うつぶせ寝をさせない

 SDISは、赤ちゃんがうつぶせ寝をしているときの発症が多い傾向にあるので、うつぶせ寝は避けたほうが安全。

□可能であれば母乳育児をする

 SDISの発症率は、ミルク育児の赤ちゃんよりも母乳育児の赤ちゃんのほうが低い傾向にある。

□受動喫煙を避ける

 両親が喫煙者である赤ちゃんは、両親が非喫煙者の赤ちゃんに比べて、SDISの発症率がおよそ4.7倍にまで増加するといわれている。同居家族や遊びに来た友人・知人に喫煙者がいる場合は、自宅外での喫煙を頼むなどして、赤ちゃんに煙草の煙を近づけないようにする。

□添い寝・添い乳をするときは十分に注意する

 一緒に寝ている最中に、大人の体が赤ちゃんを覆ってしまい、赤ちゃんを圧迫したり、窒息させてしまう恐れがある。SDISのリスクを回避するという点では、ベビーベッドが好ましい。

●乳児湿疹

 薄くて刺激に弱く、とてもデリケートな赤ちゃんの肌。新生児~1歳頃までの赤ちゃんの肌に現れる「乳児湿疹」にも十分に注意しておきたい。湿疹には以下のような症状がある。

□あせも……汗をかいた部位に発疹が表れる

□乳児脂漏性湿疹……かさぶたのような湿疹

□新生児ニキビ……顔にあらわれることの多い、赤ちゃんのニキビ

 神経質になる必要はないが、入浴時に赤ちゃんの肌をていねいに洗い、入浴後にしっかり保湿をおこなうことが予防につながる。また症状が出たときは、小児科や皮膚科を受診する。

●おむつかぶれ

 赤ちゃんの排便回数が多いときにおむつかぶれが出ることがある。予防としては、排便があったときにすぐにおむつ替えをおこなうこと。また、おむつ替えの際、すぐにお尻の汚れを拭きとるのではなく、先にぬるま湯でお尻を洗い流せば赤ちゃんの肌の負担が軽減してよい。おむつかぶれも、乳児湿疹同様、症状がひどい場合は小児科や皮膚科を受診する。

●便秘

 生後1か月を迎える頃、赤ちゃんのうんちから水っぽさが減り排便回数も減ってくるが、中には毎日排便しなくなる赤ちゃんもいる。2~3日排便がなくても、赤ちゃんの機嫌がよくて食欲もある場合は問題ない。ただし排便のない日が5日以上続くのであれば、赤ちゃんのお腹をマッサージしたり、オイルを含んだ綿棒を肛門に入れて刺激してあげるとよい。綿棒を使うときは、肛門を傷つけないよう先端部だけを入れ優しく回す。それでも出ないときは小児科に相談するとよい。ちなみに、母乳育児の赤ちゃんのうんちは軟らかめ、ミルク育児の赤ちゃんのうんちは硬めの傾向がある。

●鼻詰まり

 生後1か月の赤ちゃんは汗っかきで新陳代謝の激しい生き物。それゆえ、のどや鼻で分泌物が多く発生し、鼻くそがたまり、鼻詰まりになることもある。鼻くそを取り除いてあげるときは、赤ちゃん用の細い綿棒を短く持ち、鼻の粘膜を傷つけないようくるくる回しながら絡め取る。ベストタイミングは、鼻の粘膜が軟らかくなっているお風呂上り。

●しゃっくり

 ヒッヒッと苦しそうなしゃっくりを赤ちゃんがしていると、パパやママは心配してしまうが、これは横隔膜のけいれんによって引き起こされているものである。大人と違い、体の中で胃の占める割合が多い赤ちゃんは、満腹時などにこのようなしゃっくりをするのだが、実は赤ちゃん自身はさほど苦しいわけではないので心配はいらない。

●抱っこひも事故

 起きている時間が長くなってくる生後1か月の赤ちゃん。そのため、パパやママは抱っこひもに赤ちゃんを入れて散歩に行ったり、家事をしたりする機会も増えてくるが、くれぐれも注意を払いたいのが、抱っこひもでの事故だ。

 生後1か月の時期は、抱っこひもの大きさに対して赤ちゃんの体が小さい傾向にあり、そのため、地面に落とした物を拾おうとするなど「前かがみの姿勢になったとき」や「しゃがんだとき」に、抱っこひもから赤ちゃんが頭から滑り落ちてしまう恐れがある。抱っこひものベルトを調整して落ちにくくすることも必要だが、抱っこひもに赤ちゃんを入れているときに、油断は禁物だ。

 今後、赤ちゃんが大きくなるにつれて抱っこひももフィットしてくるが、やはり定期的にベルト調整をおこない、事故に注意しながら抱っこひもを活用していきたい。

■まとめ

 生後1か月の赤ちゃんは、もちろんまだまだ小さくて頼りない生き物だが、生まれたばかりの頃から随分と成長している。成長の個人差はかなり大きいので、同じ時期に生まれた赤ちゃんでも体の大きさや発育状況はみんなそれぞれ、違って当たり前。五感が発達し動きも活発になってくるので事故には気をつけたいし、乳児湿疹などのトラブルについての知識も押さえておきたい。不安や心配に思うことは、パパやママだけで抱え込む必要はないので、1か月健診や自治体の相談電話などでどんどん質問してみるといいだろう。

生後1か月の赤ちゃんの授乳、便秘、夜泣きまで、ママのお悩みを解決!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.