日刊大衆TOP 女性向け

毎年変わる春分の日。その決め方と意味が興味深い!

毎年変わる春分の日。その決め方と意味が興味深い!

 春分の日といえば学校や会社が休みになって、彼岸花が咲くお墓へお参りに行ったり、おはぎを食べたりするイメージだろうか。受験のときに「春分の日の南中高度の求め方」で四苦八苦した記憶がある人もいるかもしれない。なぜ休日になったの? 20日なの? 21日なの? なぜ年によって日づけが変わるの? 思えば知らないことだらけの春分の日。その正体を紹介する。

■春分は太陽が真東から昇り、真西に沈む日

 春分の日は、英語で「Vernal Equinox Day」といい、ざっくり訳すると“春の等しい日”ということ。1年を24に分割した二十四節気のひとつにあたる。1年のうちで春分日と秋分日には、太陽が真東から昇り、真西に沈む。天文学でいうところの、太陽が春分点を通過した瞬間が「春分」になり、その瞬間が訪れる日づけが、春分の日になる。

●春分点とは?

 地球から見た太陽の通り道である黄道と、赤道の延長ラインが重なる「春分点」を、太陽黄経0度とする。ちなみに夏至の瞬間は太陽黄経が90度、秋分は180度、冬至は270度。夏至は最も昼が長く、冬至は最も夜が長いとされる。

■春分の日は、本当に昼と夜の長さがピッタリ同じ?

 正確には、やや昼の方が長い。まず、太陽が昇ってから沈むまでが昼、沈んでいる間が夜である。日の出は東の水平線から太陽の頭が出た瞬間、日の入りは西の水平線に完全に沈んだ瞬間ということになっている。ということは、太陽の直径ひとつ分だけ昼の時間が長いことになる。また、地球を覆う大気層が日の出の時間帯は膨張して見えるので、実際より2分ほど早くから太陽の頭が確認できてしまうのも理由のひとつだ。

■春分の日が年によって変わるのはなぜ?

 春分の日は3月の20日だったり、21日だったりする。曜日によっては連休になることもある。土曜、日曜日や祭日にかぶるなら、振替休日があるかもしれない。先々の春分の日を知りたい、という人も結構いるものだ。結果からいうと、春分日の日にちは、先々まで計算することができるが、法律の関係で前年まで公表されないことになっている。

 ではなぜ年によって変わるのか? 地球が太陽の周りを1周すると1年が経つ。1年は365日とされているが、実は、地球が太陽を1周するのには、365日+6時間弱かかっているのだ。そのため、毎年6時間弱ずつ春分の瞬間もずれていく。

●春分の日はいつ、どうやって決まる?

「国立天文台」が算出し、暦の年表をまとめた「暦象年表」には将来にわたって春分日が掲載されている。HPで閲覧可能だ。その情報を元に、閣議によって春分の日を決定し、前年2月の官報で報告されてはじめて正式に国民の祝日としての春分の日が確定することになる。来年以降の春分の日の日付は、計算する方法がネット上などにも公開されており、誰でも求めることができる。

■春分の日が、国民の祝日になったワケ

 春分の日には、平安時代から朝廷でお彼岸の法要が行われていた歴史がある。1878年(明治11年)からは「春季皇霊祭」という宮中祭祀になり、翌年には同名の祝日になった。

 太平洋戦争敗戦後、GHQの指示によって旧体制の祝日法は撤廃され、いくつかの皇室関連祝日がなくなっている。しかし「春季皇霊祭」は1948年(昭和23年)、新たに施行された「国民の祝日に関する法律」において、お彼岸に由来して「自然をたたえ、生物をいくつしむ」日として春分の日へと改称された。同様に「秋季皇霊祭」という祝日だった秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」日とされている。

●あの祝日にはどんな意味が?

「国民の祝日に関する法律」の第2条で制定されている、祝日の趣旨をいくつか見てみよう!

□元日(1月1日)

年のはじめを祝う。

□成人の日(1月の第2月曜日)

おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。

□建国記念の日(政令で定める日)

建国をしのび、国を愛する心を養う。

□春分の日(春分日)

自然をたたえ、生物をいつくしむ。

□昭和の日(4月29日)

激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。

□憲法記念日(5月3日)

日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。

□みどりの日(5月4日)

自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。

□こどもの日(5月5日)

こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。

□海の日(7月の第3月曜日)

海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。

□山の日(8月11日)

山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。

□敬老の日(9月の第3月曜日)

多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。

□秋分の日(秋分日)

祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。

□体育の日(10月の第2月曜日)

スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。

□文化の日(11月3日)

自由と平和を愛し、文化をすすめる。

□勤労感謝の日(11月23日)

勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。

□天皇誕生日(12月23日)

天皇の誕生日を祝う。

■仏教の教えでは、春分の前後がお彼岸の期間

 お彼岸とは、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間を指す。彼岸とはあの世のことで、この世は此岸(しがん)という。昼と夜の長さが近づくこの期間は、あの世とこの世の距離が近づくと考えられている。

 また、阿弥陀如来がいる極楽浄土は西の方角に。太陽が真西に沈む春分の日に先祖供養をすることが、極楽へ行くための修行になる。お彼岸の期間には「六波羅蜜(ロクハーラミター)」という6つの仏教の教えを実践するといいとされている。

■古くから日本の季節や土着信仰に息づいていた春分の日

「お彼岸」は日本独自の季節の移り変わりを表す「雑節」における暦日のひとつ。「節分」や「八十八夜」「入梅」「土用」などの仲間だ。“暑さ寒さも彼岸まで”という言葉どおり、夜が長かった冬の終わりを感じる目安として、生活になじんでいる。古来から、農村部では春分や秋分の時期に豊穣祈願や祖先の供養をする風習があったようだ。

■春分の日の主な行事やイベント

●お彼岸の先祖供養

 お彼岸期間の中日である春分の日には、お寺で彼岸会という法要が行われる。一般的にはお墓参りをしたり、仏壇を清めたりして先祖供養をすることが多い。お供え物はおはぎが定番。地域によってはぼた餅と呼ばれる、もち米やうるち米をあんこで包んだ大振りの団子だ。その呼び名や形状、つぶあんかこしあんかなどには地方色が表れる。春分の日には、おはぎでなくとも故人の好きだった食べ物を供え、当日中に感謝して家族で食べるのが好ましい。

●休日のレジャーイベント

 お彼岸の時期は、里帰りなどで人の移動が活発化。各地のレジャー施設や文化施設、大きな公園などではイベントが催されるので、チェックしてみよう。時期としては、梅園が見頃を迎えたり、大相撲の春場所が開催されていることが多い。

■まとめ

 天体観測、暦、法律、仏教と、春分の日にはいろいろなトリビアがあった。2018年の春分の日は、3月21日。たまには歴史に思いを馳せてみてもいいかも?

毎年変わる春分の日。その決め方と意味が興味深い!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.