日刊大衆TOP 女性向け

「敬老の日」は兵庫の小さな村が発祥の地!? 人気のプレゼントも徹底調査

「敬老の日」は兵庫の小さな村が発祥の地!? 人気のプレゼントも徹底調査

 老人を敬う日として知られる「敬老の日」だが、国民の祝日になるまでには紆余曲折があったことは、あまり知られていないだろう。今回は祝日制定までの経緯と合わせて、「敬老の日」に贈ると喜ばれる定番ギフトや手作りプレゼントについて調べてみた。

■「敬老の日」の歴史と由来

 まずは「敬老の日」の複雑な歴史的経緯を明らかにしてみよう。

●歴史

「敬老の日」は9月の第3月曜日に制定された国民の祝日で、長年に渡って社会に貢献してきた老人に敬愛の気持ちを示し、その長寿を祝う日である。

 兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)の門脇政夫村長が、1947年に村主催で開催した敬老会が始まりとされている。門脇村長は「としよりの日」を提唱し、農閑期で気候も過ごしやすい9月15日に、村中の高齢者を公会堂に招いてごちそうと余興でもてなしたのだ。

 この活動はあっという間に広がりを見せ、1950年には兵庫県全域で敬老会が開催されるようになった。翌1951年に中央社会福祉審議会(現:社会福祉協議会)が9月15日を「としよりの日」と定めて全国区の行事となったが、各地で”としより”という表現が問題になったため、老人福祉法が施行された1964年に「老人の日」と改称された。さらに「国民の祝日に関する法律」が改正された1966年に名称を「敬老の日」に変更して国民の祝日になったのだ。

 そして、祝日を従来の固定日から特定週の月曜日に移動させる「ハッピーマンデー制度」が実施された2003年に、それまでの9月15日から9月の第3月曜日に移行された。しかし、移行に関して各団体から反対の声が上がったため、老人福祉法が新たに9月15日を記念日として「老人の日」に、9月15日を含む1週間を「老人週間」と定めて現在に至っている。

●由来

 野間谷村(現:多可町)の門脇村長は、最初の敬老会を開催するにあたり、「養老の滝伝説」にヒントを得たと述べている。養老の滝は岐阜県養老郡養老町に実在する滝だが、父親に好きなだけ酒を飲ませてあげたいと思っていた孝行息子のために、滝の水が酒に変わったという言い伝えが残っている。ちなみに「養老の滝」という名称は、この親孝行話を聞いた元正天皇が、感動して元号を「養老」に改められたことからつけられた。

 敬老の日の由来としては、聖徳太子が593年にもうけた社会福祉施設「悲田院」だとする説もある。ただし、実際に「悲田院」が創建されたのは、723年が最初。身寄りのないお年寄りたちや、子どもを収容する施設だった。

■これで決まり!「敬老の日」おすすめ定番ギフト

 敬老の日の祝い方や過ごし方に決まりがあるわけではないが、日頃の感謝の気持ちを伝え、さらなる長寿を願って食事会を開いたり、贈り物を渡すのが一般的だ。ここでは男性向け、女性向けに分けて失敗しない定番ギフトをご紹介しよう。

●おじいちゃん編

 趣味や嗜好に合わせた品物を選ぶ人が多い。健康を気遣ったスポーツ用品や、普段より少し高級なお酒などが人気である。また、好きな物を購入してもらうためにビール券や商品券、食事券などの金券をプレゼントする人もいる。

●おばあちゃん編

 女性には花やお菓子が好まれる。好きな花で作る花束もよいが、長持ちするプリザーブドフラワーやボトルフラワーといった流行りのフラワーギフトも喜ばれるだろう。

■絶対喜ばれる! 孫の手作りプレゼント3選

 保育園や幼稚園などで製作することもあるが、小さな孫がいるなら、親子で一緒に祖父母向けのオリジナルプレゼントを手作りするのがおススメだ。

●孫の手形つきクッキー

 孫が生まれたばかりの乳児のときは、小さな手形がポイントになるお菓子を焼いてみよう。足形などを使ってアレンジすることもできる簡単なレシピを提案するが、もったいなくて食べてもらえないかも!?

<材料と道具>

分量はオーブンの天板1回分

  • ・ホットケーキミックス:100グラム
  • ・バターかマーガリン:40グラム
  • ・砂糖:大さじ1/2
  • ・クッキングシート:1枚
  • ・ビニール袋:1枚
  • ・はさみ
  • ・麺棒

<作り方>

  • (1)ビニール袋にすべての食材を入れてなじませて生地を作る
  • (2)10分ぐらい生地を寝かせる
  • (3)ビニール袋の下端をはさみで切って、クッキングシートの上に生地を絞り出す
  • (4)3)を麺棒で伸ばして、生地の上に子どもの手形を押す
  • (5)手形の外側をきれいに型抜きする
  • (6)180度のオーブンで15分焼く

●似顔絵入りメッセージカード

 孫がお絵描きできる年齢になったら、似顔絵や手紙などを盛り込んだメッセージカードを作ってみるのもよい。飾ってもらえるようにすれば、いつでも孫や家族の存在を身近に感じてもらえる。

<材料と道具>

  • ・色違いの長方形の画用紙:2枚
  • ・好きなシールやスタンプなど飾り:適宜
  • ・色鉛筆やクレヨン
  • ・はさみ
  • ・のり

<作り方>

  • (1)画用紙のうち1枚の周囲をはさみで切って、一回り小さなサイズにする
  • (2)切っていない画用紙の上に、1)をのりで貼りつける
  • (3)2)を短辺の真ん中で折りたたんで、カード風にする
  • (4)子どもに内面の上側に色鉛筆やクレヨンで祖父母の似顔絵を描いてもらう
  • (5)子どもに内面の下側に色鉛筆やクレヨンで祖父母へのメッセージを書いてもらう
  • (6)子どもに外面の表側に宛て名を書いてもらう
  • (7)シールやスタンプなどで、カード全体をデコレーションする

●孫のメッセージつきしおり

 読書好きのおじいちゃんとおばあちゃんなら、実用性があるしおりをプレゼントすると一石二鳥だ。仕上げにラミネート加工すると長持ちする。

<材料と道具>

  • ・牛乳パック:1個
  • ・和紙や折り紙:2枚
  • ・好きなシールや写真など飾り
  • ・好きなリボン:1本
  • ・はさみ
  • ・のり
  • ・穴あけパンチ

<作り方>

  • (1)洗って乾かした牛乳パックを、はさみで長方形に切り取る
  • (2)1)に、のりで和紙や折り紙を貼りつける
  • (3)子どもに、もう1枚の和紙や折り紙に祖父母へのメッセージを書いてもらう
  • (4)2)の上に、のりで3)のメッセージやシール、写真などを貼りつける
  • (5)上端にパンチで穴を開けて、リボンを結びつける

■まとめ

 提唱者である野間谷村の門脇村長が考えていた「敬老の日」の本来の目的は、長きに渡って社会に貢献してきた人々に敬意を表すると同時に、年長者だからこそ持ち得る豊富な知識や人生経験を教えてもらうことにあった。ギフトやプレゼントを送付するだけでなく、集まれる人は集まって、ぜひ人生の先輩を囲む時間を持ちたい。

「敬老の日」は兵庫の小さな村が発祥の地!? 人気のプレゼントも徹底調査

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.