日刊大衆TOP 女性向け

祝88歳! 米寿のお祝い、喜ばれるプレゼントとは!?

祝88歳! 米寿のお祝い、喜ばれるプレゼントとは!?

 世界トップクラスの長寿国日本。平均寿命も80歳を超え、還暦でも「まだ若い」といわれるこの時代。今回は、88歳に行う米寿のお祝いの贈り物や他の長寿の記念日について紹介する。

■米寿は人生の節目節目に行う、長寿のお祝い

 数え年で61歳(満60歳)になると、還暦といって赤い色のちゃんちゃんこなどを着て、赤い座布団に座って祝う行事はよく知られている。それと同様に、還暦から27年後、数え年88歳(満87歳)に行う長寿の記念日が「米寿」だ。“米”の漢字が使われているのは、字をバラバラにすると八十八という数字になることに由来し、米の祝いとも呼ばれている。家族や親戚などと祝宴を設け、プレゼントを贈るのが一般的。

■その他の長寿祝い

 日本には「賀寿」と言って、節目の年齢になったときをお祝いする風習がある。ここでは、米寿の他に60歳~100歳で行う長寿のお祝いを紹介する。

●還暦(かんれき)

 数え年で61歳(満60歳)が節目としてのお祝い。そもそも還暦という言葉は、十干十二支(じっかんじゅうにし)が一巡し、誕生年の干支に還ることをいう。プレゼントに赤いちゃんちゃんこや頭巾を渡すのは、赤ちゃんが魔よけのために赤色の服を着ていたことに由来し、生まれたときにかえるという意味から。海外ではダイヤモンドを贈る習慣もある。

●古希/古稀(こき)

 数え年で70歳(満69歳)の長寿をお祝いする。古希は、唐の詩人・杜甫による詩の「酒代のつけは私が行く所には、どこにでもある。しかし、七十年生きる人は古くから稀である」に由来する。お祝いの色は紫。

●喜寿(きじゅ)

 数え年で77歳(満76歳)の長寿をお祝い。「喜」の草書体が、七十七のように見えるためといわれている。お祝いの色は紫か紺。

●傘寿(さんじゅ)

 数え年で80歳(満79歳)の長寿のお祝い。「傘」の略字が縦書きの八十に見えることに由来する。お祝いの色は紫か黄色。

●卒寿(そつじゅ)

 数え年で90歳(満89歳)の長寿のお祝い。九十という漢字を縦書きにすると「卒」の新字「卆」に見えることに由来する。お祝いの色は紫。

●白寿(はくじゅ)

 数え年で99歳(満98歳)の長寿のお祝い。百から上の一を取ると白の漢字になることが由来。

●百寿(ももじゅ・ひゃくじゅ)

 数え年で100歳(満99歳)の長寿のお祝い。その名の通り。お祝いの色は白色。100歳以上のお祝いには、特にテーマカラーがもうけられていない。

●茶寿(ちゃじゅ)

 数え年で108歳(満107歳)の長寿のお祝い。「茶」の字の草冠を2つの十に解体して足すと二十、下の部分は八十八に解体でき、20と88を足すと108になることが由来。

●珍寿(ちんじゅ)

 数え年で110歳(満109歳)の長寿のお祝い。110歳は珍しいほどの長寿であるということからが由来。

●皇寿(こうじゅ)

 数え年で111(満110歳)歳の長寿のお祝い。皇の字は、白と王に分けられる。白は「白寿」と同じく百から一を取ると白になることから99に。王は分解すると、十と二で十二となり、99と12を足すと111になることに由来する。

●大還暦(だいかんれき)

 数え年で120歳(満119歳)の長寿のお祝い。還暦を2回迎えたということから。日本では120歳まで生きたとされる泉重千代(1865年8月20日ー1986年2月21日)がいるが、戸籍の信頼性が疑問視され、現在では105歳(1880年生まれ)が通説となっている。

 現在存命の人物の中で世界最高齢者は、日本人の田島ナビ(1900年8月4日ー)で、2019年の1月1日まで存命すれば、数え年で大還暦を迎えることになる。

 正確な記録が残っている人の中で大還暦を迎えたのは、フランスの女性ジャンヌ・カルマン(122歳、1875年2月21日ー1997年8月4日)、アメリカの女性サラ・ナウス(119歳、1880年9月24日ー1999年12月30日)の2人だけである。

■米寿のお祝いQ&A

 祖父母や親戚、お世話になった人が米寿を迎えるとき、どうすればいい? お祝いの常識やマナーのギモンにお答え!

Q:数え年で88歳って、どういうこと? 何歳の誕生日にお祝いをすればいい?

A:数え年とは、生まれた年を1歳とし、それ以降、元日がくるたびに1歳年を取る、という計算法。仮に12月1日生まれだと、生後1か月で2歳になる。満87歳の誕生日後に迎えた後の元日に、数え年では88歳になる。昔は数え年でのお祝いが多かったが、現代では88歳になってから、いわゆる満年齢でお祝いする人も増えている。

Q:米寿のお祝いの色は?

A:金色、もしくは金茶色、黄色など。

Q:「還暦の赤いちゃんちゃんこ」みたいに、米寿ならではのお祝いアイテムってあるの?

A:金色、もしくは金茶色、黄色のちゃんちゃんこや座布団、扇子、頭巾(帽子)などがおすすめ。

Q:米寿祝いに招かれたときのマナーは?

A:普通のお祝いと変わらず特別なマナーはないが、大切な時間にするよう気をつけるのがベスト。あくまで本人に無理をさせぬよう、体調を考慮しながら長寿の喜びを伝えましょう。

Q:お祝いで、やってはいけないこと、あげてはいけないものってある?

A:「老い」をイメージさせる発言、ギフトには注意したい。老眼鏡や補聴器だけでなく、くしなども「苦」「死」という風に考えられてしまうため贈らないほうがいい。

Q:どの程度の関係性までお祝いをすべき?

A:お祝いは家族内でする場合が多い。子どもや孫と一緒に集まってお祝いをするのが一番喜ばれる。大変お世話になった人やゆかりのある人の場合は、親族でなくともお祝いをしてよいが、相手の家族にも尋ねてみよう。

Q:お金を送る場合は、いくら位? のしは必要?

A:父親、母親に贈る場合は、3万~5万円、祖父母は1万~2万円が相場のようだ。ご祝儀袋にのしをつけて、表書きには「御祝」「祝米寿」「御米寿御祝」などと書く。不吉な4文字にならないよう注意を。

Q:米寿のお祝いをもらったら、お返しは必要?

A:兄弟や子ども、孫へは特にお返しをする必要なし。それ以外の親族へは、昔はお米にまつわるアイテムとして、お米を計る升とすり切る斗掻き、かまどで炊く際に使う火吹き竹などを返礼の品としていた習慣がある。現代では、ささやかなお菓子などでいいだろう。

■米寿のお祝いで喜ばれるプレゼントはこれだ!

 88歳ともなれば高齢なので、贈るものには頭を悩ませることも多い。相手によっては、体が不自由になっていることもある。そこで、米寿祝いに鉄板のプレゼントをご紹介する。

●花

 花の色は、黄色メインがおすすめ。また贈る際は、花の意味、花言葉にも気をつけたい。花屋さんに米寿祝いの趣旨を伝えてオーダーするといい。花束でもいいが、花瓶に生けかえずに飾れるアレンジフラワーも人気。また、最近ではプリザーブドフラワーがよく選ばれている。水やりの手間がなく、花の美しさを長く楽しめる点が人気の理由。

●似顔絵

 手書きの似顔絵をプレゼントするのも人気。本人だけではなく、家族を入れたり、想い出のシーンを描いたりするもいい。ネット上で写真を送って簡単に注文できるサービスを利用しよう。

●寄せ書き

 本人の名前を入れ、家族全員のメッセージを添えよう。書くときは大きな、読みやすい文字で。色紙にはイラストなどの飾りつけをするといい。

●電報

 離れた地域にいて、どうしても会えない場合は電報という方法も。メッセージだけでなく、花やぬいぐるみとセットで届けることもできる。

●新聞

 誕生日当時の新聞のコピーをプリントできる「お誕生日新聞」をプレゼントするのも面白い。全国のサンクス、ファミリーマート、ローソンなどで利用できる。

■まとめ

 おじいちゃん、おばあちゃんが元気に健康に長生きしてくれるのはうれしいもの。お祝いのタイミングには昔の話を聞いたり、思い出話に花を咲かせたりしよう。顔を見せることが何よりのプレゼントになるはずだ。

祝88歳! 米寿のお祝い、喜ばれるプレゼントとは!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.