日刊大衆TOP 女性向け

祝日「体育の日」と、東京オリンピックとの意外な関係性とは!?

祝日「体育の日」と、東京オリンピックとの意外な関係性とは!?

 2020年の東京オリンピックは、半世紀を経て同一都市で開催されるアジア初の五輪大会になる予定である。1964年に行われた初めての東京オリンピックが、日本にもたらしたものは非常に多かったが、実は「体育の日」もその1つであった。今回はそんな「体育の日」について調査してまとめてみた。

■「体育の日」の由来と歴史

 体育の日は「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」ことを趣旨とし、10月の第2月曜日に制定された国民の祝日である。

●「体育の日」はいつから始まった!?

 体育の日の由来は、日本国民にスポーツ全般を広く普及させることを目的に1961年に制定された「スポーツ振興法」にある。スポーツ振興法では、10月の第1土曜日を「スポーツの日」と定めた。

 その後、1964年に行われた東京オリンピック大会を記念して、1966年に名称を「スポーツの日」から「体育の日」に変更し、東京五輪の開会式と同じ10月10日を国民の祝日とした。

●開会式は、なぜ10月10日だった!?

 東京オリンピックの開会式として10月10日が選ばれたのは、晴れの日になる確率が高かったためだといわれている。過去の統計データから予測し、特定の気象状態が高い確率で現れるであろう日のことを「特異日」という。気象庁の発表によれば、1966年から2017年までの52年間で、東京で10月10日に1ミリ以上の雨が降った日は9回しかなかった。つまり10月10日は、東京エリアにおける晴れの特異日だったのである。1964年10月10日(土)の東京オリンピック開会式当日も、前日までの雨模様が嘘のような快晴に恵まれた。

●2020年の東京オリンピック開会式も、祝日に!?

 新国立競技場で行われる予定の東京オリンピックの開会式は、2020年7月24日(金)に決定している。当日は通勤や通学による混雑緩和を図るために祝日化が欠かせないとして、7月24日を祝日にするための動きがある。

■現在、体育の日は毎年違う!

 体育の日は10月10日と決まっていたが、ハッピーマンデー制度が採用され、2000年から10月の第2月曜日に変更された。

●ハッピーマンデー制度

 ハッピーマンデー制度とは、国民の祝日を月曜日に移動させ、土曜日・日曜日の週末と合わせて三連休とする制度のことである。国民が休暇を楽しむ機会を増やし、観光業などを活性化するのが目的だ。1997年の第2次橋本政権時代に提案され、2000年の小渕政権下で施行された。2018年現在、1月第2月曜日「成人の日」、7月第3月曜日「海の日」、9月第3月曜日「敬老の日」、10月第2月曜日「体育の日」の4祝日がハッピーマンデーとなっている。

【問題点】

 ハッピーマンデー制度には一定の評価がある一方で、廃止を求める反対意見も根強い。反対派が問題点として挙げているのは、祝日の本来の意味が失われるということである。例えば「成人の日」は本来1月15日に固定されていたが、これは日本では古来から小正月にあたる1月15日に元服の儀が行われていたためである。

 ハッピーマンデーの4祝日以外では、「春分の日」と「秋分の日」が、年によって日にちが変動する移動祝日となっている。両日とも天文事象が日にちを左右するため、前年2月に官報で発表されるまで、正式な日にちは分からない。

●「体育の日」が「スポーツの日」に戻るかも!?

 2020年の東京五輪にともなって、再び「体育の日」を「スポーツの日」という名称に変更しようとする動きがある。2011年にスポーツ基本法が、2015年にスポーツ庁が創設され、今やスポーツは「体育」という学校教育の枠を超えた大きな広がりを見せている。

■体育の日にゆかりのあるイベント

「体育の日」といえば、運動会を思い浮かべる人が多いかもしれないが、最近では各地でさまざまなイベントが開催されている。

●運動会と「体育の日」の関係性

 運動会は近代日本独特の体育的行事であり、そのルーツは1874年に海軍兵学寮(1876年改称:海軍兵学校)で行われたものにあるとされている。明治29年に初代文部大臣の森有礼が、体育の授業の一環として学校で運動会を行うことにし、現在に至っている。

●体育の日に開催されるイベント

 2017年10月9日(月)の体育の日は、下記のような催しで盛り上がった。

「スポーツ祭り」

 体育の日の中央記念行事と銘打って、スポーツ庁や日本オリンピック委員会などが主催して行った大々的なスポーツイベント。会場は味の素ナショナルトレーニングセンター、国立スポーツ科学センター、味の素フィールド西が丘、赤羽スポーツの森公園競技場など。

「スポーツ博覧会」

 東京都が主催した“大人の運動会”。2日間に渡って駒沢オリンピック公園と井の頭恩賜公園の2会場で同時開催された。キャスターの小倉智昭、アトランタオリンピックサッカー日本代表の前園真聖など、多数のゲストも出演。2日間2会場合計で24万1000人が来場した。

「東京体育館 スポーツドリーム」

 東京都スポーツ文化事業団、日本アスリート会議、JAPAN TOP LEAGUEが主催した、無料のイベント。有名アスリートが教えてくれるスポーツ体験教室が好評だった。イベントには約3万3900人が参加した。

「辰巳スポーツフェスティバル」

 東京辰巳国際水泳場を舞台に、すべて無料で多くのプール系イベントが行われた。オリンピック選手によるレッスンも。

「武道・スポーツフェスティバル in 東京武道館」

 武道館が主催した入場無料のイベント。柔道金メダリストによるトークショーや柔道体験、武道演武発表会などが開催された。

■まとめ

 東京オリンピック開催をきっかけに、五輪の正式競技はもちろんのこと、その他のスポーツも大きく広がりを見せていくに違いない。スポーツを中心としたオリンピック情報とあわせて、五輪とは切っても切れない縁がある「体育の日」の動向についても引き続き注目していきたい。

祝日「体育の日」と、東京オリンピックとの意外な関係性とは!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.