日刊大衆TOP 娯楽

【森本レオ子】パチプロが「萌え系パチンコ」に群がった理由

森本レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第64回 苦手な台を克服できた理由

 気づけば人生30ウン年。おそらくまだ人生の折り返し地点にも立っていない、人間としてはまだまだひよっこの自分ではありますが、30年以上生きていても克服できない“苦手”は山のようにあります。

 中でも群を抜いて苦手なのが絶叫マシーン。友人たちの間では、富士急ハイランドまで行ってメリーゴーランドにしか乗らなかった女として、逸話になっているほどです。CSのパチンコ番組で、年間収支が最下位となったチームには、罰ゲームで日本一の高さを誇る「竜神バンジー」を飛んでもらうと言われたときは、これまでのライター人生を終わらせる覚悟で、番組をバッくれようかと思いました(笑)。

 私にとって仕事であり趣味でもある、愛してやまないパチンコにも苦手なジャンルはあります。それはズバリ「萌え」。胸や尻を必要以上に放り出した娘っこたちが、甲高い声で「アツアツでしゅ」「おにいたまぁ~♪」なんて言うアレです。あと、ボタンを連打すると「アンアンアン」だなんて嬌声を出したりもしますよね~って、さすがにそんな台はないですか?(笑)

 もともと、あまりアニメに興味がないこともありますが、萌え系のキャラクターたちっていわゆるアニメ声というか、声が甲高いでしょ? あれがね、ちょっと苦手なんですよね。なんでだろうなぁ、私の周囲にアニメ声で、かつ関わると必ずトラブルを生むタイプの知り合いがいるからかなぁ。なるべく距離をおかなければ……と本能レベルで警戒しているのかもしれません。

 なので、“萌え”と聞くだけでじんましんが出るというほどではありませんが、萌えを全面に出していなければ、もっと打つだろうなぁ~って思うパチンコ台は多々ありますね。

 とは言え、苦手とのたまうわりに、なんだかんだで萌え系の台もそれなりに打ってはいます。最近なら『地獄少女 宵伽』。いわゆる“ボーダーライン”が甘いうえに、演出もメリハリが効いていて評判が良いんですよね。パチンコライターとして、こりゃ一回は打っておかないとなって。

 そもそも「『地獄少女』は萌え系ではない!」なんて声もあるでしょう。しかし、ふだんアニメを観る習慣がない人間にとっては、主人公がカワイイ女の子ってだけでそれはもう“萌え系”です。ただ、ラルクアンシエルはヴィジュアル系にあらず。ヴィジュアル系世代として、そこはご了承頂きたい次第です。

 さて、話を萌え系パチンコ台に戻しましょう。実は私、ある台をキッカケに、萌え系機種に対する苦手意識はかなり緩和されました。

戦国乙女3~乱~
戦国乙女3~乱~(平和)
※ミドルバージョン
◆大当たり確率:1/299.2
 →ST時:1/78.9
◆ST突入率:100%(100回転)
◆ST連チャン率:約72%
(C)平和

 それは、『CR戦国乙女3~乱~』でございます。『戦国乙女』シリーズといえば、パチンコ版もパチスロ版も後継機がいくつも生まれている超人気シリーズで、言うなれば萌え台の中の萌え台。まさに“キングオブ萌え台”と言っても過言ではないでしょう。今のように、“萌え”のジャンルがパチンコのモチーフとして定着するキッカケを作った台だと、私は思っています。

 初代の『戦国乙女』が導入されたときから、周囲の評判はかなり良かったです。しかし、それにもかかわらず、萌えが苦手という理由だけで、初代と2作目を打つことはありませんでした。しかしこの3作目には、導入当初から興味津々!

■森本レオ子が『戦国乙女』にハマったワケ

 と言うのも、この『戦国乙女3』のメインスペックは、突入率100%のSTタイプ(回転数制限の確変)だったから。なにを隠そうこの私、STとMJ(みうらじゅん)に目がないパチンコサブカルクソ女。三度の飯よりSTが好き。ST大好き人間なのです。

『戦国乙女』のメインであるミドルスペックが、STタイプを採用するのは3作目が初めて。しかも『戦国乙女3』が導入された2013年は、バリバリのMAXタイプ全盛期。右も左も上も下も、全方位が大当たり確率約399分の1の機種ばかりだった時代です。

 しかも、399分の1の確率を苦労して当てても、お楽しみである確変状態を堪能するには、そこからさらに約2分の1の壁を突破しなければならない(つまり突入率50%)という台が主流。そういったハイリスクハイリターン台に疲れ果てていた私は、大当たり確率が300分の1よりわずかに甘く、ST突入率が100%という、大当たりさえすれば必ず大好きなSTを楽しむことができる『戦国乙女3』は、まさに求めていたスペックの台だったのです。

 “萌え”の苦手意識をスペックへの好感度が上回った結果、私は『戦国乙女3』にドハマリしました。さらにうれしい誤算もありまして、『戦国乙女3』って良い意味で演出が“薄味”。激アツ柄が出なくても、スーパーリーチが最終段階にまで発展せずとも、大当たりを射止めてくれることも多いのです。私が関西出身ゆえでしょうか。パチンコの演出も京料理のようなのが好きなんですよね~。

 そんな『戦国乙女3』、特に甘デジタイプなんですが、実はパチプロ御用達の“堅く勝てる”台だったんです! だから一時期は、パチプロさんたちが黙々と萌え~な『戦国乙女3』を打っているという、シュールな光景が全国のホールで良く目撃されていました(笑)。

 そして、『戦国乙女3』以外にも、実はプロが好む萌え台は多数あります。たとえば西陣の『織田信奈の野望』。この台は、電サポ中に玉を多く獲得する打ち方が効くことから、パチプロの狙い目となっていました。前述の『地獄少女 宵伽』も、ボーダーラインが甘いことから、今後パチプロ御用達の台となる可能性は十二分にあります。カワイイ萌え台が、堅い勝ちにつながる場面は、意外にも多いんですよね。

 パチンコで堅く勝つには、萌え台の攻略もまた避けては通れない道。苦手ジャンルはなるべく作らず、食わず嫌いは早いうちに克服する! そうすれば堅勝への道はきっとひらけることでしょう。みなさんも苦手機種に挑戦してみてくださいね。それではGOOD LUCK!

■森本レオ子 プロフィール
「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。

【森本レオ子】パチプロが「萌え系パチンコ」に群がった理由

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.