日刊大衆TOP 女性向け

喪主は配偶者か長男か、何をするべきか? 知っておきたい基本の常識

喪主は配偶者か長男か、何をするべきか? 知っておきたい基本の常識

 葬儀にあたって残された遺族が行うべきことはたくさんある。今回は喪主に選ばれても慌てないように、喪主を中心とした遺族が、葬儀に向かってこなすべき事柄と一般的な流れをまとめてみたい。

■遺族の中で誰が務めるべき!? 喪主の決め方

●喪主とは

 喪主(もしゅ)とは、遺族の代表者として、一連の葬式を取り仕切る主催者のことである。

 喪主と混同しやすいものに、世話役と施主(せしゅ)と呼ばれる役割がある。世話役は葬儀会社との打ち合わせや、葬式当日の進行、雑務といった実務に関する総指揮者であり、施主は葬式にかかる費用を運営し、その後の法事の主催者となる。遺族が少ないケースでは、喪主が世話役や施主を兼任することもある。

●喪主の決め方

 誰が喪主になるかは、通夜の前までに決めなければならない。喪主は故人と縁が深い人が務めるのが習わしであり、以前は家父長制に従って男性が選ばれるのが普通だった。しかし現代では、故人の妻が残された場合、喪主になるのが一般的である。

 高齢や病気などを理由に配偶者が葬式を主催するのが難しいときは、子どもや兄弟姉妹が喪主を務めるのが通例となっている。その際も昔は長男をはじめとした息子が喪主になることが多かったが、最近では性別や生まれた順に関わらず、故人と同居していた子どもや他家に嫁いだ娘が喪主になることも珍しくない。

 ただし、喪主が未成年の場合は、親戚などが後見人となり、喪主の役割を務める必要がある。また故人に家族や親戚など近親者がいないときは、仕事関係者や友人が喪主の代理を務めることになる。

■大忙し!? 葬式前に喪主がやることリスト

 人が亡くなってから葬式を執り行うまでには、想像以上に多くの段取りが待ち受けている。喪主を筆頭とした遺族がやることをリストにしてみた。

●葬式に必要な書類を手配する

 病院で亡くなったときは「死亡診断書」を受け取って「退院手続き」を行う必要がある。役所に「死亡届」を提出して受理されると、火葬のときに必要な「火葬許可証」が交付されるため、忘れずに受け取ろう。

 自宅で亡くなった場合で、かかりつけの病院がなければ、まず警察に連絡する。実況見分の後、死因が判明し事件性がなければ、「死体検案書」を作成してもらえる。そして役所へ「死亡届」(死体検案書の見開きの半面が死亡届)を提出し、「火葬許可証」を発行してもらう。このとき、斎場の空き状況を確認し、火葬場の予約をする必要があるため、届け出全般を葬儀会社に代行してもらうことが多い。

●葬式の予算を決める

 一連の葬式にかかる費用は、参列者からいただく香典でまかなうのが一般的である。参列者数から香典額を予想し、葬式の予算を決定すればよい。

●葬儀会社を決める

 予算が決まったら、いくつかの葬儀会社に見積もりを依頼して、良心的で信頼できる葬儀会社を選びたい。病院で亡くなった場合は、出入りをしている葬儀会社を紹介されることが多い。

●宗教や宗派を確認して連絡する

 葬式のやり方には、仏式や神式、キリスト式などがある。故人の信仰や先祖代々の宗教や宗派を確認し、亡くなったら菩提寺や氏神、教会などに連絡する必要がある。

●葬式の日にちと場所を決める

 葬儀会社と打ち合わせし、葬式の規模や内容に合わせた会場を手配してもらい、友引を避けて日取りを決定しよう。

●参列者に訃報を連絡する

 葬式の日取りと場所が決まったところで、参列者に訃報の連絡を入れよう。きちんと伝えるには電話連絡が一番確実だ。

●弔辞を依頼する

 特に故人と親しかった参列者に、弔辞を依頼をしよう。弔辞を考えて準備する時間を考慮し、お願いする人には早めに連絡したい。

●納棺する

 自宅以外の場所で亡くなったときは、遺体を自宅まで運び、通夜までに棺に納める必要がある。納棺の実務は葬儀会社にお願いするのが一般的だ。

●遺影を準備する

 葬式に使用する大半の品物は葬儀会社が手配してくれるが、祭壇に飾る遺影写真は、遺族が選んで葬儀会社に渡さなければならない。

●通夜・告別式のあいさつ文を作る

 葬式では何度か喪主あいさつを行う場面がある。慣れない人は事前に書面を準備しておいたほうがよい。

■喪主あいさつの一般的な文例

 告別式など葬式の最後、または精進落としの始まりや終わりなどに、葬儀の主催者として喪主が参列者や聖職者に挨拶をするのが一般的だ。ここでは、そのまま使える便利な例文を紹介する。

●葬式の最後に使える喪主あいさつの文例

皆様、本日はお忙しいところ、(続柄)(俗名)の葬儀ならびに告別式にご参列いただき、誠にありがとうございました。

故人の存命中は皆様からご厚情(こうじょう)を賜(たまわ)りまして、心からお礼申し上げます。

このように多くの皆様にお見送りいただき、さぞかし故人も喜んでいることと思います。

どうか皆様、今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

本日は誠にありがとうございました。

●精進落としに使える喪主あいさつの文例

□始まりのあいさつ

本日はお忙しいところ、最後までお見送りいただきまして、誠にありがとうございました。

おかげさまで、滞りなく葬儀を済ませることができました。

ささやかではございますが、精進落としの膳を用意いたしましたので、召し上がっていただければと思います。

お時間の許す限り、ゆっくりお寛ぎください。

□終わりのあいさつ

本日はお忙しいなか、お時間を頂戴いたしまして、誠にありがとうございました。

これにて、お開きとさせていただきたく思います。

これからも変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。

本日は誠にありがとうございました。

■葬式中に喪主が果たすべき役割と常識的なマナー

 基本的に喪主が葬式中に果たすべき役割は、参列者からの弔問を受け止めることだけである。その他の葬儀に関わる実務は、世話役と葬儀会社に任せよう。

【葬儀の直前】

●席次・供花・弔電・弔辞の確認をする

 失礼がないよう席次や供花の位置、弔電や弔辞の順番をチェックし、葬儀会社へ指示を出そう。

●服装を整える

 和装でも洋装でも良いが、喪主の服装は喪服と決まっている。華美なメアメイクやアクセサリーは避けるのが常識的だ。参列者を迎えるため、早めに着替えて着席しよう。

【葬儀の最中】

●あいさつのマナー

 通夜や告別式といった葬式の最中は、相手が目上の人であっても、祭壇の前に座ったまま弔問を受けて問題ない。むしろ、どの参列者に対しても平等に対応するのが礼儀である。焼香や献花の前後に参列者に一礼されたら、目礼で返礼しよう。葬儀の最後に、遺族を代表して喪主があいさつを行う。

【葬儀の直後】

●会食「精進落し」のホスト

 かつては四十九日の法要後に行っていた精進落としだが、最近では火葬場から戻ったときに初七日法要も含めて会食することが多くなってきた。精進落としの席では、喪主は下座に座り、親戚やお世話になった人、僧侶といった聖職者を接待する役目を負う。また宴の最初と最後には感謝の気持ちと今後の願いを込めてあいさつしよう。

■まとめ

 喪主としての役目は、精進落としを終えた時点で一段落する。しかし、一連の葬儀を終えた後にも、故人を送るためのさまざまな手続きや法要が待っている。家族や親族で手分けして乗り切り、故人の冥福を静かに祈る喪中に入りたい。

喪主は配偶者か長男か、何をするべきか? 知っておきたい基本の常識

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.