日刊大衆TOP ボート

G1地区選が開催中、ドラマチックな万舟券連発!「スナイパー神津 お宝レースの男」

G1地区選が開催中、ドラマチックな万舟券連発!「スナイパー神津 お宝レースの男」

 8日から始まったボートレース江戸川の関東地区選手権(~14日)を皮切りに、四国地区選手権(9~14日・丸亀)、東海地区選手権(10~15日・常滑)、近畿地区選手権(14~19日・びわこ)、九州地区選手権(15~20日・若松)、中国地区選手権(16~21日・児島)が開催! この時期は、ボートレースファンにとってお楽しみである。

 各地で行われる地区選では、A1級のスター選手はもちろん、A2級レーサー、そして女子レーサーたちも激走。水上の熱き闘いと高配当が期待できる注目のG1レースだ。実際、私もおいしい舟券をゲットできた。

■ボートレース特有の「1日2回走り」のドラマ

 まず、10日のボートレース丸亀・四国地区選手権第11レース。中岡正彦選手1着、平高奈菜選手2着、一宮稔弘選手3着で、132の定番的な舟券ながら35.9倍ついた。美女レーサーの平高選手が好走したわけだが、女子選手を甘く見てはいけないのだ。

 さらに、11日の丸亀第5レース、前日に儲けさせてもらった一宮選手が3コースからマクリ差して1着! 秋山広一選手が2着、3着に森安弘雅選手で315=130.4倍の万舟券をいただいた。

 そして第9レース、前半戦の5Rで連対した秋山選手がこの日2走目で3号艇に。ボートレースは「1日2回走り」が基本だが、1走目の秋山選手が2着ながら良い雰囲気に見えた。しかも、そのとき1着だったのが3号艇。何か、因縁めいたものも感じたのである。

 すると、3コースから秋山選手がマクリ差して1着! 2着に中田元泰選手、3着には烏野賢太選手が入り、314=199.9倍の決着となった。これぞドラマチック、ボートレース!

 大興奮のG1地区選手権は、これからもまだまだ続く。月末には、G1戸田プリムローズ、G2唐津モーターボート大賞、津ルーキーシリーズ第3戦なども開催。名勝負の数々をじっくり堪能していきたい。

スナイパー神津(こうず)週刊大衆編集部でボートレース、競輪、競馬記事を担当。昨年度は、ボートレース多摩川G1ウェイキーC3万250円、ボートレース蒲郡G1オールジャパン竹島特別1万9350円、ボートレース戸田ヴィーナスシリーズ1万8190円、岐阜競輪G3長良川鵜飼C2万2780円、武雄競輪G2共同通信社杯2万1870円、玉野ミッドナイト競輪6万2140円、阪神競馬G1桜花賞9万4890円などを的中させている。

G1地区選が開催中、ドラマチックな万舟券連発!「スナイパー神津 お宝レースの男」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.