日刊大衆TOP トレンド

通うと健康に!?「薬剤師CAFÉ」に潜入

通うと健康に!?「薬剤師CAFÉ」に潜入

外食で「100倍得する裏技オーダー」50連発!!!!

健康志向が高まるにつれて、サプリメントを摂る人が増えてきているそうだ。市販のものなら薬局のほか、スーパーやコンビニでも手軽に買うことができるが、医師や薬剤師などの医療関係者しか取扱いができない "医療用サプリメント"が購入できる専門のお店もあるという。

今回、筆者が向かったのは銀座にある「薬剤師カフェvita」。こぢんまりとした外観は、確かにサプリメントのお店というよりは"カフェ"のよう。中に入ると、同店の店長で薬剤師の平井陽子先生が迎えてくれた。


サプリメントの相談にのってくれる薬剤師の平井先生


【平井陽子プロフィール】帝京大学卒業、2007年薬剤師免許取得。同年、国立がんセンター中央病院に受託研究薬剤師として勤務。 2010年アインファーマシーズ・アインズ&トルぺ原宿クエスト店で、医薬品・健康食品を担当。2011年薬剤師カフェ・ヴィタ開業。


ドラックストアのように自分でサプリメントを選ぶのではなく、専門の薬剤師のカウンセリングを受け、適したものを出してもらうシステムが同店の特徴だ。

「現在飲んでいる医薬品から生活習慣のことまで、具体的に質問して、本人に適したサプリメントを出しています」(平井先生)

ちなみにカウンセリングは無料。症状によっては、2~5種類のサプリメントを組み合わせて提供することもあるという。
でも正直、サプリメントと聞くと何だか気休めで飲むものというイメージもあるのだが……。

「確かに、市販のサプリメントには科学的根拠に乏しいのもありますが、"医療用サプリメント"は実際にアメリカの医療現場でも使用されているものです。栄養療法の観点からつくられた医療用サプリメントを継続して摂取することで、体質改善や、風邪などの病気の予防、アンチエイジング(抗老化)も期待できます」(平井先生)


カウンセリングシートを記入してカウンセリング。これで自分にあったサプリが見つかる



なんでも、日本ではサプリメントも法的に"食品"として扱われているため、市場に出すときの規制も甘いのだとか。もともと国立がんセンターに勤務していた平井先生。患者たちが科学的根拠もないのに高額な市販のサプリメントや、抗癌剤との飲み合わせが悪いサプリメントを飲んでいるのを目の当たりしてきた。
きちんとした知識のもとで医療用サプリメントを広めていきたい、という思いもあり「薬剤師カフェ」を立ち上げたそうだ。

ちなみに、ダイエットやアンチエイジング、あるいは疲労やストレス軽減のためにサプリメントを活用しようと訪ねてくる人も多いとのこと。かくいう筆者も、梅雨の湿気や初夏の暑さに少々バテ気味。せっかくなので、どんなサプリメントが効果的なのかアドバイスをもらってみた。

「暑くなるこれからの季節では、ビタミンB群のサプリメントを出すことが多いですね。ビタミンB群は食べた物をエネルギーに変えるのに必要な栄養素なので、積極的に摂取することで疲労の回復も早くなります。疲労がたまりやすい人などは食事からでは摂取出来ないほどの高濃度のビタミンB群が疲れにくい身体づくりに貢献します。米国の医療現場ではこういった疲労やストレス緩和、病気の予防目的で医師が患者様に医療用サプリメントを処方するケースも多々あります。体質改善や病気などの予防としても医療用サプリメントは活用できるのです」(平井先生)

バランスのとれた食事や良質な睡眠あってこその健康だが、多忙でそれが出来ない現代人も多いだろう。また、年齢を重ねるごとに様々な身体の不調が出てくるのはしょうがないことだ。
生活習慣に気を使ってはいるが、最近何となく体調が優れない……。そんな人はぜひ足を運んでみてはどうだろうか。


オシャレなカフェという雰囲気の店内で気軽に寄れるのがうれしい



薬剤師カフェvita(ヴィタ)【医療用サプリメント販売店】
公式ホームページ■http://vitacaffe.jp/
TEL 03-6255-4255
営業時間13:00~19:30
定休日 月曜日・日曜日
〒104-0061 東京都中央区銀座6-12-12

通うと健康に!?「薬剤師CAFÉ」に潜入

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.