日刊大衆TOP 芸能

ズバリ本音で美女トーク☆安枝瞳(グラビアアイドル)

[週刊大衆08月11日号]

ズバリ本音で美女トーク☆安枝瞳(グラビアアイドル)

もっと画像を見る

「ムッチリ太腿と美尻が楽しめる 新作DVDが過激で凄いんです。 "逆眼帯ビキニ"で下乳丸見え!」

今回のゲストは、現在、人気赤丸急上昇中のグラビアアイドル・安枝瞳さん(26)。 現役レースクイーンのナイスバディはお見事で、関西弁丸出しのぶっちゃけトークと、グラビアで見せる大人っぽい表情のギャップも魅力。
最新DVD『瞬きしないで』を出したばかりの注目美女の胸の内に直撃!

――5月に続き、8月22日には6枚目のDVD『瞬きしないで』(竹書房・4104円)が発売されるそうですね。

安枝 本当にありがたいことです!

――今の人気から考えれば、当然のことですよ。自分でも感じませんか?

安枝 DVDを出すごとに、雑誌の表紙をやらせていただくごとに、ちゃんとファンが増えてるなっていうのは、メッチャ感じてます。

――やっぱりそうでしょう。

安枝 1か月くらい前に、あるマンガ誌の表紙とグラビアをやらせてもらったとき、ツイッターのフォロワーが1000人近く増えたからビックリしました。

――今回のDVDで、さらにファンが増えるんじゃないですか?

安枝 そうなったら嬉しいですね。

――どんな作品ですか?

安枝 バリ島で撮ってきました。私のお尻とか太腿のムッチリ感を楽しんでいただける作品ですよ。

――素晴らしい!

安枝 結構、大人っぽいシーンも多くて、元々の私のファンの方が見ると、"何、キャラと違うことやってんねん!"って思われるかもしれないんですけど。

――前からのファンには、どういうキャラだと思われているんですか?

安枝 "ただの大阪のオバちゃん"だと完全に思われてるはずです(笑)。

――アハハハ。

安枝 だから、大人っぽい姿を見せると、前からのファンが戸惑うんです(笑)。

――自分たちの知らない安枝さんの姿に、皆、ドキドキしちゃうんでしょう。

安枝 笑ってるんじゃないですかね(笑)?


最近流行の水着がヤバイ

――いやそんなことないですよ。今回、特に大人っぽいシーンを教えてください。

安枝 "逆眼帯ビキニ"を着たシーンです!

――眼帯ビキニっていうのは、確か、眼帯のような2本の紐でブラのカップを支えるヤツですね。かなりキワドい水着みたいですけど、"逆眼帯"とはどんなのですか?

安枝 最近、流行り始めているみたいなんですけど、カップの形が逆三角形なんですよ。

――え?ってことは、ヨコ乳、下乳が丸出しになっちゃうじゃないですか!

安枝 私は、そこまで胸が大きくないので、そんなにはハミ出さないんですけど、大きい子はエラいことになっちゃうでしょうね(笑)。

――いやいや、安枝さんだって、なかなかの美乳ですから大変でしょう。その水着を着て何をしたんです?

安枝 薄暗い部屋の中でベッドに横になって、シーツにくるまってみたり、くねくねと身体を動かしたり。

――彼を誘うように?

安枝 そうですね。そういう演技は、まだまだですけど、頑張りました。あと、"どうやって着んねん!"みたいなのもたくさん。ショーツと紐で繋がっている眼帯ビキニも、かなりインパクトありました。

――それはまた、どんな水着なんですか?

安枝 説明してわかるかな~(笑)。眼帯の真ん中の下の紐が、なぜかショーツに繋がっていて、しかもおヘソのあたりでクロスさせて着るんですよ。



動くとあわやポロリのシーン

――やっぱり、わかりませんでした(笑)。

安枝 最近、一人では絶対に着られないデザインの水着が本当に多いんですよ。スタイリストさんに教えてもらわないとダメです。その中でもベスト3に入る、難解な水着でした。

――我々のために、ありがとうございます。

安枝 しかも、カップの布も小さくて、ちょっとでも動くとポロリしてしまうのに、お風呂で泡をつけたりシャワーをかけたりと、結構、動きのあるシーンだったので、大変で……。

――まさか、"思わぬ事故"はありませんでしたか?

安枝 近くにスタイリストさんがいてくれて、危ないときはすぐ直してもらえたので、ギリ大丈夫でした。

――では、一番大変だったのは、そのシーンかな?

安枝 体力的にはテニスのシーンですね。

――試合でもしたの?

安枝 そうじゃないんですけど、最初、テニスウェアを着て、ひととおりの動きを撮るじゃないですか。

――はい、はい。

安枝 そしたら、球拾いして、今度は、上だけ水着になって、またひととおりの動きを撮って……。

――はいはい。

安枝 また球拾いして、結局はまた水着になるの繰り返し……。最後はもうバテバテでした。

――いろんなところが、たっぷり揺れる映像を撮ろうと監督さんも一生懸命だったんでしょうね。でも、球拾いまでするんですね。

安枝 映像的には、打った球がどこに飛んでいったかはわからないんですけど、テニスなんて1回しかやったことないので、実際はとんでもないところに飛んでいっています。だから、球拾いも大変(笑)。

――では、本物の汗の輝きとプルンプルン映像が楽しめるわけですね。

安枝 そうですね。

――まさに"瞬きしないで"見ないといけませんね。ところで、レースクイーンとしてのお仕事が多かった安枝さんが、グラビアに本格的に進出されて、どれくらいになりますか?

安枝 1年半くらいです。

――それで、この活躍は、やっぱりスゴいですね。

安枝 先日は、ツイッターで"グラドル自画撮り部"を始められた倉持由香さんが選ぶ「倉持ジャパン」の11人のうちの一人に選んでいただいたんですよ。

――そのニュース、見ました。しかも、ザックジャパンでいうところの、香川真司のポジションでしたね。

安枝 ビックリしました。倉持さんとは、ツイッター上では、やり取りをさせてもらったことはあったんですけど、そのときはまだ面識はなかったので。

――グラビア界のポイントゲッターとしての活躍を期待されているんですよ!

安枝 光栄ですけど、いいんですかね。先日、ついに倉持さんに初めてお会いできたので、"なんか色々、すみませんでした"ってお礼を言いました。"私みたいなもんに、ありがとうございます、すみません……"みたいな感じです。

――そんなに自己評価が低いタイプ?その笑顔とスタイルですから、ずっとモテてきたでしょうに。

安枝 全然です。あだ名も、小学生の時から、ずっと"やっさん"ですから。

――やっさん(笑)!

安枝 大阪で、この仕事を始めた時は、"みーちゃん"って呼んでもらおうとしたんですよ。でも、プライベートでそんな呼ばれ方したことないから、呼ばれて"あっ、私や!"と思って、返事するまでに、ヘンな"間"ができちゃうんです。しばらくしたら慣れると思っていたんですけど、結局なじまなくて。もう"やっさん"です。

――そうなんだ(笑)。

安枝 でも、ネットで"やっさん"を検索すると、横山やすしさんの次に、私が出てくるようになったのは嬉しいですね。



下着マニアでTバック大好き

――そのうち、超えていかないと。

安枝 いや?、そこは関西人として超えてはならない一線のような気がします。

――男性は、あんなヤンチャな人がお好み?

安枝 というより、おしゃべりな私の話をちゃんと聞いてくれる、包容力の大きい人ですね。あと、感触が気持ち良さそうな人。

――ちょっと太っているくらいでもいいんですか?

安枝 全体的にプニプニしている人がいいんです。優しい雰囲気も含めて、触りたくなる人に、心惹かれる傾向があるみたいです。

――最近、好きに触れる人はいるんですか?

安枝 いやぁ?、全然、ないです。一人カラオケばっかり行っています。

――それ以外の休日の過ごし方は?

安枝 私、下着を買うのが好きなんです。お店に入ったら、絶対に上下1セットは買って帰ります。

――どんな下着が多いんですか?

安枝 本当はカラフルなのが好きなんですけど、この仕事をしていると透けたりするのはマズいんで、最近は、白とか黒が多いですね。下はTバックが好きです。

――わぉ!勝負下着はあるんですか?

安枝 気に入ったのしか買わないから、絶対に見せられない日っていうのは、ないんですよ。

――いつ勝負を挑まれても大丈夫なタイプだ!

安枝 でも、本当に今日はキメたいっていう時用のはありますよ。

――それはどんなの?

安枝 上下白の可愛いの。勝負っていっても、大事なお仕事の時とか(笑)。

――な~んだ。

安枝 いつでも勝負ができる女、安枝瞳をこれからもよろしくお願いします!

"顔よし、ボディよし、しゃべりよし!"の三拍子が見事に揃った安枝さん。グラビア界のポイントゲッターとして、我々を、大いに楽しませてくれるはず!

●ポラロイドプレゼント●
安枝瞳さんのポラロイドをご応募いただいた方の中から抽選で一名さまにプレゼント!
下記ページから必要事項をご記入の上お申し込みください。
応募する

やすえだ・ひとみ
1988年3月23日生まれ、大阪府出身。地元・関西でタレント活動をしていたが、スーパー耐久の13代イメージガール「S*CREW」に選ばれ、11年4月から活動を関東に移す。スーパー耐久史上初の4年連続でイメージガールを務めている。 オフィシャルブログ http://ameblo.jp/323mi-chan/

ズバリ本音で美女トーク☆安枝瞳(グラビアアイドル)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.