日刊大衆TOP 社会

【歴史ミステリー】オタクから誘拐魔まで…イタすぎる戦国大名たち!

約150年に及ぶ戦国時代。数多くの大名や武将がいたが、そんななかで飛び抜けて個性的な性格や行状を行なった人物を紹介してみよう。

江戸時代に流布していた戦国三大愚人とは?

江戸時代に書かれた軍記物のなかでは、細川政元、大内義隆、今川氏真が、戦国期の三大愚人にあげられている。

戦国期を応仁元年(1467)から慶長20年(1615)の約150年とすると、あげられた3人は、活躍した時期も違い、実際は有能な面もある歴とした大名や権力者なのだが、暗黒面がイタすぎるため、後世においてこういう評価が下されたのだろう。

細川政元は、戦国初期に活躍した人物。室町幕府を支える幕府管領家のひとつ細川京兆家の嫡男として文正元年(1466)に生まれた。応仁の乱を起こした畠山政長と対立したがこれを破り、足利義澄を傀儡として将軍に就かせたことで、幕府の権力を掌握した。

そのため「半将軍」とまで呼ばれるほどであった。外交・内政に辣腕を振るった政元だったが、いつしか政務を疎かにして修験道に没頭するようになっていった。修験道とは苛烈な修行を行ない人智を超えた能力を持つことを目的とする。現代的にいえば、仙人とか魔法使いになるための修行に邁進したということ。

そのうえ政元は生涯妻帯しなかったため、嫡子がいなかった。そのため3人の養子を得たが、後継者を指名していなかった。そのため3人の養子たちやその生家が、跡目を巡り激しい権力争いを行なうようになる。

ついには養子のひとりから刺客を送られ、暗殺されてしまった。政元の死後、養子たちの争いはエスカレートし、各地の有力守護大名を巻き込んで、騒乱が拡大。戦国大名が誕生する萌芽となっていった。

どう考えてもハタ迷惑な人物である。権力闘争に明け暮れた人物が、その権力を放棄して世捨て人になりたくなることもあるだろう。しかし、世を捨てるなら、きちんと身の回りを整理し、迷惑がかからないようにするのが常識であろう。政元は権力者としての責務を放棄したことから、後世の人々から愚人と悪しざまに言われたのだ。


趣味に埋没し武を怠ったと批判された義隆と氏真

大内義隆は長門、周防、安芸、石見、筑前、豊前の6ヶ国を領する大大名であった。活躍したのは毛利元就と同時代で、はじめ元就は義隆に属する小大名にしか過ぎなかった。

戦国の気風が蔓延するなか、領国のうち長門、周防は安定していたが、残る4ヶ国は家臣である守護代が台頭する懸念があった。家臣の戦国大名化を防ぐため義隆は領国から離して守護代を身近に置き、守護代の所領地を各国に分散するなど、領地の安定化を推進した。しかし、周辺諸国の諸勢力が戦国大名化したため、騒乱は絶えなかった。

経済的には広大な領地を持ち、なおかつ莫大な財を産む大陸との海外貿易を独占したため、西国の中では財政基盤が豊かであった。

だが、重用していた陶晴賢が反旗を翻し、義隆は討ち取られてしまう。

義隆は内政面には優れた面を見せたが、武略に関しては平凡としかいえなかった。一方文化人としては、荒廃した京から逃げてきた文人たちを手厚く庇護。戦乱で失なわれたかもしれない文化や伝統を継承する立場を取った。

ところが江戸幕府成立後は、質実剛健を武士の本文とする風潮があったため、文化を重んじていた義隆は華美惰弱に溺れた愚将という評価を受けることとなってしまったのだ。

同様に文化に溺れた惰弱な武将として、非難の対象となったのが今川氏真である。今川家は清和源氏の名族で、足利家に次ぐ家格があるといわれていた。父義元の代には駿河、遠江、三河の3ヶ国を領する大大名となったが、その義元が桶狭間合戦で討ち取られたため、氏真が家督を継承した。

しかし、氏真は酒色(色は男性方面)に溺じ、実権は老臣・三浦氏が掌握。これに家臣が反発し、家中はまとまらなかった。そうした内訌により今川家を存続させる対外政策もろくに打てず、徳川、武田、北條氏により領地は切り取られ、桶狭間以来わずか7年で滅亡してしまう。

ただし、今川氏は国は失なったものの徳川幕府成立後、高家として存続を許されている。

氏真は連歌、和歌に秀で、特に蹴鞠は名人級であった。いわば今でいうサッカー馬鹿であったのだ。居館である駿府館ではたびたび蹴鞠の会が催されていたと伝わる。静岡県民のサッカー熱が高いのは氏真の遺産であろう、多分。

先にあげた細川政元、大内義隆と比べると、その暗愚ぶりは飛び抜けている。歴史にイフはないが、桶狭間合戦に義元が勝利し天下に覇を唱えられたとしても、氏真の代に再び戦乱の世になっていた可能性が高いと考えられる。

歴史の流れとしては、織田信長が勝利したことで戦乱の世が終結に向かったともいえる。


「英雄色を好む」というが好みすぎると迷惑になる

子孫繁栄を願うのは、人間の本能といえる。また、種族保存を行なうための一過程に、飽くなき情熱を注ぎたいと考える男性は少なくない。戦国武将においてその両翼といえるのが、豊臣秀吉と大友宗麟であろう。

豊臣秀吉は主君の信長から「お前の女房が泣くから、女遊びもほどほどにしろ」とたしなめられたほどのスキもの。

天下を掌握すると、興味をもった女性がいれば、相手が未婚であれ既婚であれ、とにかく手を出しまくった。秀吉は人質として家臣の妻や家族を近くに置いていたが、美人を妻にした家臣は、遠征などで留守にするのを恐れていたという記述も残っている。

ただし秀吉の好みははっきりとしている。美人で高貴な血筋が好み。今なら「姫萌え」と陰口を叩かれそうなくらい、はっきりとしていた。

一方、大友宗麟も負けてはいない。宗麟は若い頃、城下にふらりと出ては好みの女性を求めていたという。宗麟に目をつけられた女性は身分の上下に関係なく、関係を迫られたとか。

そのスキもの心は、将軍拝謁のため京にあがったときでも変わらなかった。城下と違い京では自身の権威が大きく及ばない。そのため街で見初めた女性を強引にかっさらってモノにしていたと伝わる。しかし、そうしたご乱行の日々も、カトリックに改宗してからはパタリと止まったとか。

精力の強い秀吉と宗麟だったが、宗麟が3男6女をもうけ全員が成人したのに比べ、秀吉の子で成人したのは秀頼ひとりだけだった。


史実の裏のおもしろエピソードはまだまだ存在!!
戦国時代の様々な異説に迫る1冊!

『逆説 戦国ミステリー』
双葉社
定価:本体550円 + 税
【詳しくは こちら

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.