日刊大衆TOP 社会

【歴史ミステリー】戦国武将の男色の凄まじさ

現代の価値観からすれば、一般男性が嫌悪しがちなのがホモセクシャルやバイセクシャルといった性的嗜好。だが戦国時代にはホモやバイは当たり前だったりする。

歴女の一部が胸アツで注目する戦国武将たちの男色関係

近年、男性が中心であった戦国期に興味を示す女性たちが増え、そうした女性たちのことを「歴女」と呼ぶようになってきた。そんな歴女のうち結構な率で興味を持っているのが、武将の男色関係の話。

女性向けに創作された男性同士の恋愛をテーマにした作品をボーイズ・ラブ(BL)と呼び、40年近い歴史があり、マニアックな人気を博している。BLな世界の基本は、ありえないほど濃厚な男性同士による恋愛模様。多くはフィクションの世界である。

ところが、戦国期の武将たちは、BLファンが妄想で思い描く世界が、リアルに存在していた。そう、戦国時代の武将たちにとっては男性同士の恋愛というのは、一般的に受け入れられていたのだ。

日本では、男性同士による恋愛は衆道や男色と呼ばれ、鎌倉時代に端を発しているとされる。初期の男色の世界は仏教界に広がっていた。年上の僧と稚児と呼ばれる童子との精神的な恋愛であった。

室町時代に入ると、その文化(?)が京の上流階級に広がっていく。公家や将軍家などに受け入れられ、戦国期に入ると地方武士にまで広がっていった。以後、西洋文化が爆発的に導入された明治まで、男色の文化は連綿と続いていった。

歴史に名を残している武将の9割以上は、男色の経験があったらしい。織田信長なら前田利家や森蘭丸、徳川家康なら井伊直政、伊達政宗なら片倉小十郎……。男色に興味がなかったのは、豊臣秀吉ぐらいしかいないとまで言われている。


後世に残る熱烈な逸話を残した戦国武将たち


戦国武将に男色文化が根付いた要因としては、

① 戦場には女性がおらず、性的な相手が男性しかいなかった。
② 男色は「風流の花」と呼ばれた崇高な趣味と捉えられていた。
③ 男色により出世のきっかけとなる。

の3つが考えられている。これには反論もあるが、そうした面があったことは間違いない。

男色を好んだと、はっきりと文献に残っている武将として特に知られているのが、武田信玄だ。なんと信玄は20代の頃、恋人の春日源助に他の男と浮気をしたと疑われ、慌てて詫び状を出した。

「浮気をしたと誤解しているみたいだけど、手は出してないから。浮気心は起こったけど本当に潔白だよ。神仏に誓うから許して」(意訳)

という内容。春日源助は高坂弾正昌信の初名だといわれているが、山本勘助では? という説もある。昌信にしろ勘助にしろ、いずれも武田家を支えた二十四将のひとりとして知られる有名武将だ。

大内義隆は戦国期の三愚人のひとりとして後世、非難された人物。その義隆の恋人であったのが、陶晴賢。こちらも義隆から晴賢に送った熱烈な恋愛模様を記した文章が残っている。

義隆が若い晴賢とラブラブな関係になったが、晴賢は約40キロ離れた自領にいた。恋人に会いたい一心で、中間地点にあった寺をデート場所にして、夜中に逢瀬を楽しんでいたという。その上、晴賢が寝ている間に館まで帰ってしまったことを詫びる歌を送るなど、バカップル丸出しのエピソードが残っている。

義隆にはもうひとつの逸話が残っている。義隆は、来日したフランシスコ・ザビエルと面談したことがあったが、ザビエルが「男色は悪魔の所業」と唱えたため、激怒して追い出したというもの。敬虔なカソリックの教えを広めようとした宣教師たちにとって、戦国武将たちが男色に耽けるさまは、あまりにもありえない出来事だったのだ。

この逸話からもわかるように、義隆は晴賢以外にも寵愛した若武者が数多くいた。そのうちのひとりが、毛利元就の三男・小早川隆景。隆景は幼少時には美少年で知られ、主筋であった義隆のもとを父子で訪れた際、お手つきになったという。

伊達政宗も男色のエピソードには事欠かない武将である。

正宗の相手になったと記録に残っているのが、二代目片倉小十郎を名乗った片倉重長。父の初代片倉小十郎は、正宗の傅役として幼い正宗の教育をし、政宗が家督を相続した後はその右腕として辣腕を振るい、豊臣秀吉に「日本三大陪臣のひとり」とまで呼ばれた有能な武将。その嫡男である重長に政宗は手を付けていたのだ。

このふたりの逸話として伝わるのが、大坂の陣出陣前の出来事。重長にとっては病に臥している父に代わり出陣する大坂の陣が初陣となる。片倉の名を汚さぬためにも、先鋒となることを望んだ。出陣の準備に大忙しの政宗を廊下で捕まえ、先陣を賜ることを願い出た。

それを聞いた政宗は、重長に濃厚なキスをし、

「お前以外の者に誰が先陣をやらせるものか」

と涙を流しながら語ったという。47歳の政宗と31歳の重政、立派なオトナ同士が人目もはばからずにキスをしたのである。こんなシーンが大河ドラマなどで再現されたら、視聴者はドン引きすること間違いないだろう。


男色に興味なかった徳川家康を虜にした魔性の美少年

徳川家康は、男色にあまり興味を持たなかったとされているが、そんな家康が唯一愛した男が井伊直政であった。

直政といえば、徳川四天王のひとりで「鬼」とまで評された勇将。井伊家はもともと今川家に属していたが、桶狭間合戦で直政の父が戦死。一時は所領も没収されたが、嫡男の直政が家康に見出され小姓として仕えるようになる。

「容顔美麗にして、心優にやさしき」と記録が残るほどの美少年で、それまで男色にまったく興味のなかった家康がメロメロになってしまったほど。その寵愛ぶりはすさまじく、直政は22歳になるまで、前髪を落とすことを許されなかった。

これは現代の感覚でいえば、好きになった女性があまりにもカワイイので、大学卒業をするまでセーラー服を着るように強制するようなもの。言ってしまえは変態の所業である。理性的な家康を狂わせるほど、直政が美少年であったのだろう。


史実の裏のおもしろエピソードはまだまだ存在!!
戦国時代の様々な異説に迫る1冊!

『逆説 戦国ミステリー』
双葉社
定価:本体550円 + 税
【詳しくは こちら

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.