寝ても覚めても(ねてもさめても)

柴咲友香による恋愛小説(2010)。また、それを原作とした濱口竜介による長編映画作品(2018)。濱口監督にとって商業映画デビューの作品でもある。
”かつて蒸発した彼氏とうり二つの青年と恋に落ち恋人同士になるが、そんな折に蒸発した元カレが戻ってきてしまって……”というストーリーが展開され、ヒロインの葛藤が見どころ。
この作品は東出昌大と唐田えりかが主演を務め、東出は一人二役を好演したことから評判だったが、2020年1月に両名が現実で不倫関係にあったことが判明。それ以来”劇中に登場する恋愛シーンが意味深に見えてしまう”という視聴者が続出。皮肉なことに、前以上に注目されることになった。