白間美瑠(しろまみる)

1997年10月14日生まれ、大阪府出身。B型。T160。趣味/スノーボード、ボルダリング、映画を見る。特技/似顔絵を描く。ティーン誌でのモデル経験もあり、芸能界に憧れを抱いていたところ、母の友人から教えられて2010年9月にNMB48オープニングメンバーオーディションに参加し、合格。2011年1月に選抜メンバーとして劇場公演デビュー。同年3月以降の3年間をチームNとして活動したのち、2014年3月にチームMへ異動した。2014年11月発売のグループ10枚目のシングル表題曲『らしくない』にて、矢倉楓子とともに自身初のセンターに抜擢。さらに、2017年末に発売された17枚目のシングルでは、初の単独センターも経験した。2015年春から2018年春にかけてはAKB48を兼任し、2016年末のNHK紅白歌合戦にも一員として出演を果たしている。2010年、NMB48の1期生オーディションで加入したグループ最古参の一角でありながら、当時は年下組であり「最強の妹系」と称される、放っておけない愛されキャラが魅力となっていた。吉田朱里の卒業発表により、NMB48最後の1期生となった。選抜総選挙での最高位は12位、さらに5年連続で50位以内をキープするという高い人気を誇るメンバーで、絶対的エースとして君臨した山本彩の卒業後は、グループの顔として活躍を続けている。グラマーなボディーラインにも定評があり、グループ屈指のグラビア適正の持ち主としても知られる。2019年6月に発売した1st写真集『LOVE RUSH』は、週間売上2万部を記録し、オリコン週間BOOKランキングの写真集ジャンルで1位を獲得している。ブランド「atomos pink(アトモス ピンク)」と「プーマ」とのトリプルコラボアイテムのデザインを監修するなど、活躍の場を広げている。