日刊大衆 https://taishu.jp/ 日刊大衆 Sun, 30 Apr 2017 12:16:52 +0900 ja 桐谷美玲の“理不尽すぎる”失恋とは?「元カレ」ドン引き秘話 https://taishu.jp/detail/27036/ Sun, 30 Apr 2017 11:00:00 +0900 桐谷美玲の“理不尽すぎる”失恋とは?「元カレ」ドン引き秘話

 4月からスタートしたドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)で、ヒロインの城之内純を演じる女優の桐谷美玲(27)。同ドラマは大久保ヒロミ氏による人気コミックが原作で、女子力ゼロのリケジョ(理系女子)が“女子モドキ”からの脱却を目指すという物語だ。米映画サイト「TC Candler」恒例のランキング「世界で最も美しい顔100人」に何度も選ばれている桐谷のイメージとは、まさに正反対の役どころだろう。

 しかし意外にも桐谷は、ドラマと同じくあまり恋愛には恵まれていないようだ。2016年7月に出演した『幸せ追求バラエティ金曜日の聞きたい女たち 桐谷美玲参戦!真夏のキラキラ2時間SP』(フジテレビ系)では、今でも桐谷本人が「理由がまったく分からない」と言うほど、理不尽なフラれ方をしていたことを打ち明けた。

 MCのおぎやはぎ矢作兼(45)に「フラれた経験は?」と聞かれた桐谷は、衝撃のエピソードを告白。当時の彼氏とカフェで休憩中、突然「ちょっと待ってて」とそのまま30分ほど放置され、その後戻ってきた彼から、唐突に「ちょっとさ~、別れたいんだよね」と告げられたという。理由を聞いても、とにかく「別れたい」の一点張りで、結局そのままフラれてしまったのだとか。あまりにも理不尽な失恋話に、スタジオも騒然。「他にも女がいたのかなー?」と桐谷は予想したが、真相は不明のままらしい。

 桐谷美玲だけでなく、美女に“ひどい過去の恋愛”はつきもの。かつて人気アイドルとして活躍するも、数々のお騒がせ騒動でたびたび話題になってきた、元「モーニング娘。」の加護亜依(29)もその一人だ。

 今年の元日に出演した『快傑えみちゃんねる 芸能界ワケあり男女の新春ヤバネタ祭りSP』(関西テレビ)で、加護は「最低な人がいて」と元カレとのエピソードを語っている。かなり嫉妬深かったというその男性は、映画監督の岩井俊二氏から連絡が来ただけで激高し、「おまえ、誰だ!?」と岩井氏を追及。加護が彼に謝って、ようやく許してもらえたという。ちなみに、加護はその男性との交際中、なんと12回も携帯電話を買い替えたらしい。

「好きになると、言うこと聞かないといけないって、支配されちゃってた」「それがダメなんですけど」と当時を振り返っていた加護。2015年の離婚後、昨年めでたく一般男性と再婚し、現在は2児の母となった。ようやく幸せをつかんだ彼女に、ファンも一安心といったところだろう。

 また、タレントの橋本マナミ(32)も、過去に恐ろしい恋愛トラブルを経験している。2016年9月放送の『芸能人が実体験を告白! 最悪の一日』(テレビ朝日系)で橋本は、10年ほど前につきあっていた男性とのエピソードを披露。「ハンサムではないけどダンディだった」という年上男性が嫉妬のあげく、ストーカー行為にまで発展したという仰天の告白をしている。

 女友達と旅行に行くことになり、旅行と説明すると心配してしまう彼に「仕事で海外に行く」と嘘をついてしまった橋本。すると、それがまったく逆効果となり、空港まで尾行されてしまったという。「僕は全部知ってるから。君が友達と空港に向かうところ、待ち伏せしてこの目で見たから」「向こうで男と落ち合ってたんじゃないの?  尻軽女だよね。許せない。裏切者」といったメールが旅行中から続々と届き、最後には、話した覚えのない歴代の元カレの名前が並べられ、「誰と一緒にいたんだよ!」と問い詰められてしまったのだとか。

 橋本がその後、その交際男性に「私の部屋に勝手に入って日記読んだでしょ?」と電話で尋ねると、男性は「見たよ。でも日記だけじゃない。ずっと見てるよ、君のこと」と告白。そして「警察に言いますよ」と切り出すと、それから一切連絡が来なくなったと語っていた。

 美女だからといって、必ずしも交際相手に恵まれるとは限らないのが現実。女子力よりも、男性を見る目のほうが実は重要!?

]]>
だからお金が貯まらない!?「隠れ貧乏人の法則」 https://taishu.jp/detail/27664/ Sun, 30 Apr 2017 09:00:00 +0900 だからお金が貯まらない!?「隠れ貧乏人の法則」

 頑張って働いてきたのに、貯金がないどころか借金を作っていた! その原因はあなたの生活習慣に!?

 日々の生活に困るわけではないが、なぜかお金が貯まらない。そのままの暮らしを続けていたら、いつしか破産状態に――。現在、そんな高齢者が急増しているという。

「そういう人たちが陥っていたのは“隠れ貧乏”。これは、日々の生活の積み重ねによって、徐々に症状が悪化していく“生活習慣病”のようなもので、染みついた考え方や行動のクセが、その最大の原因なんです。自覚がない、あるいは、気づいてはいるけれど認めたくないために、なかなか改善もされないという点においても、生活習慣病と重なります」

 こう話すのは、3月に出版した『貧乏は必ず治る。』(CCCメディアハウス)が話題の桜川真一氏。サラリーマンだった桜川氏は、家族の作った3億円の借金をすべて返済したうえに、不動産と株で3億円もの資産を作ることに成功。彼の著書には、そこに至る中で分かった“隠れ貧乏”に陥る法則と、その治療法がまとめられており、大きな気づきを与えてくれる。

 人生を台なしにする“隠れ貧乏”に陥らないために、どうすればいいか。貧乏な人の危険な法則を、金持ちの幸せな法則と比較をしながら、いくつか紹介していただこう。

 まず第一に、貧乏人にはこんな法則があるという。「貧乏な人は、買い物をするときに“割り算”をしてしまうクセがついています」(桜川氏=以下同)

 たとえば、携帯電話の契約によくある、必要かどうかよく分からないのに、勧められる月額300円の付帯サービス。「貧乏人は、300円を30で割って“1日たった10円ならいいか”と思って、契約してしまいます。金持ちは、逆に12をかけて、“年間3600円か。ムダだな”と、すぐに判断ができるんです」

 クレジット払いや住宅ローンも同様で、貧乏人は、割られた月々の支払い額で、「これなら少し無理をすれば払えるか」と判断して購入を決めるクセがついているため、いつまでもムダな出費が多いのだという。「割るのではなく、かけた総額で判断するクセをつけることが、金持ちへの近道なのです」

 次に、桜川氏が挙げるのは、「貧乏な人は、お金に困っている人に、すぐにお金を貸してあげようとします」という法則だ。

「困った人を助ける優しい人が金持ちになりそうなものですが、お金に困っている人にお金を貸しても、お互いが不幸になるだけ。そうして共倒れになった例がいくつもあります。返す実力があるかどうかも精査しないまま、お金を貸したり、借金の保証人になったりする、そそっかしい人は、絶対に金持ちにはなれないのです」

 簡単に人にお金を貸さないし、保証人など、親子・兄弟であっても、まず断るのが金持ちだという。「お金を貸す場合も、その人の成長の手助けになるか、お金が生きる使い方か、お金が喜ぶ使い方かどうかを考えて判断していますね」

 さらに、お金の使い方の特徴でいうと「貧乏人は豪快。金持ちは繊細」という特徴もある。

「貧乏人は、ローン残高がどんなに増えても、貯金残高がなくても、細かいことはまったく気にせず豪快に使うし、お金がなければ大胆に借りまくります。お金の怖さを知らず、想像力が乏しいため、一見、豪快に見える思い切った行動が取れるのです。一方、金持ちは、お金は繊細に優しく扱えば、何倍にもなって返ってくることを知っているので、今、財布にいくら入っているのか、口座の残高、今月の出費などをしっかり把握し、丁寧に優しく扱うのです」

 では、とにかくマジメであればいいのかというと、それも違うようだ。「貧乏人は、マジメで先生の言葉を信じる人が多い」という。「特にお金の世界の専門家は海千山千。その言葉をすべて真に受けると“カモ”にされてしまいます」

 オイシイ投資話に乗ってしまい、コツコツと働いて貯めた老後の資金を根こそぎ持っていかれる――被害者が詐欺師を告発するそんなシーンを、夕方のニュースなどで見かけるが、あれこそが典型だ。

「当たり前ですが、社会は学校ではありません。何事にも、最後に決断するのは自分です。先生の言葉にただ従うのではなく、参考程度にしておく冷静さ、専門家の話も疑う“もう一つの目”を、金持ちは持っています」

 さらに意外なのは、「貧乏になる人、貧乏予備軍の人は、頑張る人が多い」ということ。

「“私ほどダイエットを頑張っている人はいない”という友人がいましたが、要は、それだけリバウンドしているということ。これと同じで、“お金を貯めなきゃ”と急に食費を節約して、月に2万円貯金しようと頑張り始めるんですが、すぐに息切れして挫折してしまう。あるいは、“こんなに努力した自分にご褒美”なんて、逆に浪費してしまう場合もあります」

 では、金持ちはどうしているのか? 「給料天引きの定期預金、積立投資信託など、いつもの生活の中に、頑張らなくてもお金が貯まる習慣を忍ばせています」

 ダイエットの例のついでに言うと、「貧乏人は恰幅がいい」という特徴もある。金持ちのほうがおいしいものをたくさん食べられるので、太りやすいような気がするが、実は逆。

「心の状態は、自然と外見に表れます。このまま太っていったら健康的にもまずいことが分かっていながら、大食いをやめられず、運動を避けてしまう。まさしく、生活習慣が貧乏を招く典型です。一方、自己管理がしっかりできる金持ちは、健康面の管理もできているので、スリムな人が多いのです」 適度な運動は、ストレス解消にも大いに役立つので、浪費やムダ遣いを減らしてくれる。

 一方、運動不足の貧乏人は、「ストレスにつぶされる」ため、浪費が減らないという。「週3回30分以上の有酸素運動が、ストレスを減少させるという研究結果があります。金持ちは日々の散歩やジョギングで体を動かし、週末はゴルフや釣りで、うまくストレスを解消しており、ムダ遣いが少ないのです」

 また、ネットでなんでも情報が手に入る時代、情報は多ければ多いほど、成功に近づくと思われがちなのだが、「確かに情報は大切ですが、重要なのは、お金に結びつく必要な情報が系統立てて頭に入っているかどうか。貧乏人は、ネットやSNSをやるたびに、噂話や芸能情報など、無力な情報が積み重なって、収拾がつかなくなっています」

「情報いっぱいの貧乏人」になっていないか、自身を振り返ってみる必要がありそうだ。

 夢を金持ちへの力にする――いかにも金持ちがやっていそうなことだが、「ダメなサラリーマンの飲み会は、“もしも、俺が社長だったら”など、“もしも”の話でいっぱい。“もしも”の夢の話に引きずり込まれ、その心地良さの部分だけに満足し、夢の世界の住人になってしまいます。そうやって夢を生きている貧乏人はとても多いです。金持ちの人も夢を見ますが、彼らは、その夢に至る階段も合わせて想像し、実行します」

 この実行なくしては、何も生まれないのだから大きな違いである。「このネット時代、株や経済について、いろいろ話せるが、本人は何も実行しないから、徐々に貧乏になっていく。そんなインテリ貧乏さんが増えています。金持ちになるには、情報を見てインプットするだけではダメ。少額でもいいから株を買うなど、必ずアウトプットして形にして、“絵を見る貧乏人”ではなく“絵を描く金持ち”にならないといけません」

 どうだろう、桜川氏の指摘する貧乏人の法則の中に、“これは、まさに自分のことではないか”と、思わずドキッとした人もいたのではないだろうか? 「私の場合、3億円の借金を背負って、現実と向き合わざるをえなかったので、逆にラッキーでした。かつての私もそうであったように、日々の生活がなんとなく送れていると、これに気づくのは本当に難しい。私の著書が、その一助になれば幸いです」

 これを機に、生活習慣を変えて、体質改善ならぬ“貧質改善”に取り組んでみてはいかがだろう。

]]>
桐谷に菜々緒…美女のひどすぎる睡眠スタイル https://taishu.jp/detail/27308/ Sun, 30 Apr 2017 08:00:00 +0900 桐谷に菜々緒…美女のひどすぎる睡眠スタイル

 毎年恒例となっている、米国の映画サイト「TC Candler」による『世界で最も美しい顔100人』というランキングにて、毎年のようにランクインを果たしている桐谷美玲(27)。世界が評価した美貌だけでなく、モデル、キャスター、女優と、幅広いジャンルで活躍中の才女だ。この春は、ドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)に出演中で、“女子力ゼロ”の理系女子の主人公を演じている。

 そんな桐谷は、ドラマを先取りするような、“女子力の低い寝相”をブログで公開したことがある。2015年の自身のブログで『テッカテカやで』と題し、掲載された1枚の写真。そこにはあどけない表情で眠っている桐谷の姿が。しかし、よく見ると毛布からは右足が派手に飛び出し、足の裏まで見せてしまっているありさま。ブログでは、桐谷自身も「寝相の悪さ」について「友人に写真を撮られてネタにされる」と語っていた。普通ならマイナスイメージになりそうな寝相の悪さだが、桐谷本人も諦めているようで、4月14日に出演した『さんまの番組向上委員会』(フジテレビ系)では、恋人ができそうになったら「(寝相の写真を)先に見せる」と打ち明けている。

「悪女を演じさせたらナンバーワン」との呼び声が高い女優の菜々緒(28)は、「寝顔がブス」だとテレビ番組で大胆発言した。2015年に『櫻井・有吉アブナイ夜会』(TBS系)にゲスト出演した際、「小さすぎる悩み」として打ち明けたのがこの“寝顔発言”。本人が言うには「目が開いてる、口が開いてる、いびきをかく、歯ぎしりをする、寝言を言う、寝相が悪い」と、さんざんな内容。番組ではマネージャーが撮影した寝顔写真も公開され、ホスト役の櫻井翔(35)は「これはやばい」、有吉弘行(42)に至っては「調子のいいときのマツコ(・デラックス)さん」と、厳しい感想を述べていた。

 そして昨年結婚したばかりの田中麗奈(36)も、『ノンストップ!』(フジテレビ系)で睡眠中のトラブルを告白。「自分の中の悪魔が顔を出す瞬間は?」という質問に、田中の回答はなんと「寝言」。「誰かとしゃべったり、叫んだり笑っていることもある」と告白し、出演者たちを驚かせた。ちなみに新婚の夫もその被害者とのこと。「寝言で“ちょっと、やめてよ!”と叫んじゃって。気づいてパッと起きたら、旦那が目を開けて震えていた」という衝撃のエピソードを打ち明けた。

 元AKB48の篠田麻里子(31)も、アイドル時代の寝言エピソードを情報サイト「フミナーズ」のインタビューで告白している。寝言で人と会話したり、眠りながら起き上がり「タワシどこー?」とウロウロしたこともあるという。AKBのメンバーだった頃は多忙で、睡眠時間は3時間という生活が続いていた篠田。グループを卒業して、しっかり睡眠時間をとるようになってからは、これらの症状は治まったのだとか。

 複雑な心境にさせられる美女たちの寝相&寝言エピソード。ファンなら一度は見たいような? 見たくないような?

]]>
ここが混む!? TDL「真っ先に乗りたいモノ」第1位は? https://taishu.jp/detail/27503/ Sun, 30 Apr 2017 07:00:00 +0900 ここが混む!? TDL「真っ先に乗りたいモノ」第1位は?

 日本を代表するテーマパークである「東京ディズニーランド」。1983年の開業以来、入場者数を順調に伸ばし、2013年には3100万人(東京ディズニーシーを含む)を突破。ここ数年は「人気にかげりが?」などとささやかれていますが、昨年も2位の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の2倍以上に当たる3000万人がディズニーリゾートに来園しています。

 そんな人気スポットだけに、大型連休ともなると混雑は確実。どの乗り物から並ぶか、悩むところですよね。そこで今回は「東京ディズニーランドで、真っ先に乗りたいアトラクション」を、10代から50代の東京在住の男女100名にアンケートしてみました。ちなみに、対象となるアトラクションは、待ち時間が短縮できるサービス“ディズニー・ファストパス”に対応した8施設です。

 まず、第4位(13%)にランクインしたのは、ファンタジーランドにある「ホーンテッドマンション」。不気味にそびえるゴシック風の洋館が目印のオバケ屋敷風アトラクションです。目が光る肖像画や突然鳴り出すピアノなど、ホラーチックな演出に驚かされること間違いなし。また、3歳未満も入場できることから、家族全員で楽しめるのも人気の理由かもしれません。

 続いて第3位(16%)は、トゥモローランドにある「スペース・マウンテン」。宇宙をテーマにしたローラーコースタータイプのアトラクションです。暗闇の中を疾走するので、いつ、どちらに曲がるのか分からず、スリル満点。振り回される感じを楽しみたい、宇宙飛行をしているような浮遊感を味わいたいという人にピッタリです。また、屋内型のアトラクションなので、天候に左右されないのもポイントです。

 次は2位、ではなく、同率1位(22%)が二つという結果になりました。まず一つ目は「スプラッシュ・マウンテン」。クリッターカントリーにある、丸太型のボートに乗って激流を下るアトラクションです。最大傾斜は45度もあり、滝つぼに急降下するスリルが最大の魅力! 水しぶきで濡れてしまうのもご愛嬌です。これからの暑い季節、濡れて涼しくなりたいなら、ボートの最前列に乗ることをオススメします。

 そしてもう一つ、同率の第1位に輝いたのは、園内のランドマークの一つにも数えられる「ビッグサンダー・マウンテン」。ウエスタンランドにあり、廃坑を鉱山列車に乗り込んで、猛スピードで駆け抜けるアトラクションです。疾走感と爽快感を味わえるコースターで、鍾乳洞や間欠泉といった見どころもたっぷり。山頂近くでは、隣接する東京ディズニーシーが見えるなど、ロケーションも抜群です。老若男女、幅広い層から高い支持を集めました。

 日本のテーマパーク史に金字塔を打ち立てた「東京ディズニーランド」。新アトラクションも続々と投入され、さらに魅力は増すばかり。今回のアンケートを参考にして、ぜひ計画的にお目当てのアトラクションを楽しんでくださいね。

◆TDL「真っ先に乗りたいアトラクション」ランキング
第1位:ビッグサンダー・マウンテン、スプラッシュ・マウンテン
第3位:スペース・マウンテン
第4位:ホーンテッドマンション
第5位:プーさんのハニーハント
第6位:スターツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
第7位:バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
第8位:モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”

]]>
爆笑必至? イッテQの“出川イングリッシュ”が破壊力バツグン! https://taishu.jp/detail/27227/ Sun, 30 Apr 2017 06:00:00 +0900 爆笑必至? イッテQの“出川イングリッシュ”が破壊力バツグン!

 バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演中の出川哲朗(53)。彼のコーナーには、必ず“出川ガール”と呼ばれる女性タレントが同伴するのが“お約束”。そんな歴代の出川ガールたちが『イッテQ!』の新年会で集結。出川を中心に撮影された貴重な集合ショットが3月9日に公開され、大きな話題となった。写真には鈴木奈々(28)をはじめ、デヴィ夫人(77)、河北麻友子(25)、堀田茜(24)、谷まりあ(21)と超豪華な顔ぶれがそろい、これにはセンターを陣取った出川もニッコリと笑顔を見せた。

 その『イッテQ!』では、出川が海外でいろんなミッションに取り組む「出川哲朗はじめてのおつかい」のコーナーが大人気。ミッションをクリアするために、現地の人々とコミュニケーションをとっていくのだが、想像を超える出川の語学力のなさが露呈。番組では、出川が生み出す奇妙な英語を“出川イングリッシュ”と呼んでいる。

 ニューヨークが舞台となった「はじめてのおつかい」第1弾。出川に「国際連合本部で限定おみやげを買ってこい」というミッションが与えられた。最大の課題は「国際連合本部」をどのように英訳するのか、という部分。正解は「United Nations Headquarters(ユナイテッド・ネイションズ・ヘッドクオーターズ)」だが、もちろん出川は知らない。それでもなけなしの英語力を駆使し、考えたあげく出てきたのが「ワールドホームセンター」というもの。これには通りすがりの人も困惑。さらに電車で「次の駅で降りればいいの?」と聞こうとして出てきたのが、「マイマイ、じゃあネクストでドン?」。これがどういうわけか通じてしまい、無事に目的地に到着。“出川イングリッシュ”の底知れない力を見せつけた。

 続いて「自由の女神をリポート」というミッションが課された出川。さっそく「自由の女神(Statue of Liberty/スタチュー・オブ・リバティー)」を「フリーウーマン」と出川流に表現。当然通じるわけがなく、めげずに「フリーホワイトドール」など、頑張って単語をひねり出そうと奮闘する。だが、せっかく「スタチューオブリバティー」と教えてくれる人が出現しても、リスニング能力にも難のある出川は「スタジオエブリ?」と聞き間違い。しかし、めちゃくちゃな英語を駆使しながらも、最終的にはしっかり目的地にたどり着くのだから、大した人物である。

]]>
川崎希、アレクサンダーと離婚しないワケとは? https://taishu.jp/detail/27642/ Sat, 29 Apr 2017 21:00:00 +0900 川崎希、アレクサンダーと離婚しないワケとは?

 4月24日放送の『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)に、元AKB48で現在はアパレル企業の社長を務めている川崎希(29)と、夫でタレントのアレクサンダー(34)が出演。アレクの浮気騒動について、フットボールアワー後藤輝基(42)、フリーの田中みな実アナウンサー(30)らが激しくツッコミを入れる場面が見られた。

 今回の放送では“芸能人夫婦の自宅潜入一斉調査”と題して、芸能人夫婦の生活が充実しているのか調べるため、自宅訪問が行われた。番組冒頭、スタジオでの収録日がアレクの浮気報道から1週間後だったこともあり、後藤が「アレク、よう来たな」「今日もあの車で来たんか?」と、浮気の現場となった車のことをイジると、アレクはバツが悪そうに車のカギを見せた。その後、プレゼントの話題になり、後藤が車は川崎に買ってもらったものかと聞くと、アレクは消え入りそうな声で「そうすね」と答え、田中アナは「よく(番組に)出てこられましたね?」とあきれた顔を見せていた。

 アレクは2013年に川崎と結婚してからの4年間、バレた浮気の回数が30回を超える根っからの浮気者であり、今年3月24日、写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)に浮気現場を激写され、夫婦生活の最大の窮地に。VTR部分のロケはその騒動から3日後に行われており、浮気騒動を特集したテレビ番組に見入る川崎の姿が紹介された。アレクは「のんちゃん、見なくていいよ」「全部知っていることだよ」と川崎にテレビを見せないようにしたのだが、川崎は「知ってることだけど、人からどう思われているかは知らないからさ」と、冷静に一喝。アレクは反省したのか黙り込んでしまい、スタジオでVTRを見ていた田中アナは、アレクについて「顔を見たくもないかも」とドン引きしていた。

 再びVTRで、川崎はタレント業とブランド業の仕事が忙しく、深夜1時以降まで働いていることが紹介された。そして今回の浮気発覚後、猛反省中のアレクは、そんな川崎のために炊事やアイロンがけ、毎日3時間のマッサージをするなど、サポートしていることが明かされた。アレクについて川崎は「飼っているペットの猫の中の一匹みたい」だと話し、「猫がイタズラしても捨てないように、アレクも悪さするけど、捨てないでちゃんと最後まで飼います」「だから離婚しない」と、語っていた。

 しかし番組終盤、「相手の浮気がバレたらどうする?」という質問に、川崎が「離婚は考えたことはなくって、離婚して別々でいるよりも、お仕置きをし続けるほうがアレクにとって罰なのかなと思ってる」と答えたのに対し、アレクは「(妻の浮気を見つけたら)即効離婚。少しも迷わずに離婚」と即答。後藤から「おまえの方程式、どないなってん?」と盛大なツッコミが入っていた。

「番組収録後、川崎は不妊治療を経て第一子を妊娠し、8月に出産予定であることが判明しました。これでアレクサンダーも親として責任感を持つようになるでしょう。浮気を我慢できるかどうかは、分かりませんけどね」(芸能誌記者)――まじめなイクメンになれるか!?

]]>
及川・檀夫婦「宝塚デート」に、徳井が驚愕!? https://taishu.jp/detail/27655/ Sat, 29 Apr 2017 20:00:00 +0900 及川・檀夫婦「宝塚デート」に、徳井が驚愕!?

 4月24日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)にミュージシャンで俳優の及川光博(47)が出演し、謎めいた私生活を語った。

 以前は体型をキープするためにジムで水泳をしていたという及川だが、今はやめているという。その理由について、ビキニパンツをはいて泳いでいると「昼下がりの主婦たち、ベイベーたちが、とにかく僕を見つめるのでやめました」と語り、人気者ならではの苦労を明かした。

 また、食事については「夕食も、おつまみも、檀ちゃんのほうがやっぱり得意ですよね」と妻で女優の檀れい(45)についても言及。檀が健康志向ゆえ「発酵食品とか。納豆、キムチ、あと発酵食品といえばほら、ぬか漬け!」と庶民的な食品を食べていることを明かした。また、食事を作ってもらったときは皿を洗っているなど、いい夫ぶりがうかがえるエピソードも披露した。

 そんな及川に対し、くりぃむしちゅーの有田哲平(46)が、皿を洗ったり納豆をかき回す及川など見たくないと言うと、及川は「だってステージ降りたらどこにでもいるただのミッチーだよ」とキョトン顔。そんな及川の表情にスタジオ中が爆笑。同じく上田晋也(46)に「どこにでもミッチーはいない!」とツッコまれていた。

 さらに、夫婦のデートは一緒に宝塚を観劇しに行くことだと言い、檀は宝塚出身ゆえに「(観劇後に)食事の前にバーに寄って余韻と興奮を楽しむとき、やや彼女も饒舌(じょうぜつ)になりますね」と、ふだんよりもはしゃぐ感じになると報告。そんな及川流デートのエピソードにMC陣は「オシャレ!!」と感心。特にチュートリアルの徳井義実(42)などは「食事の前にいったんバー挟むんですか!? そんな発想ない!!」と感心しきりの様子だった。

 また、芸能界で仲の良い友人として唐沢寿明(53)と斎藤工(35)の名前を挙げ、よく飲みに行っていると明かした。さらに女性と飲みにいくときに恋愛相談を受けることが多いと言い、「出会いがない」という相談には「出会いはあるんだよ、ただ君が妥協してないだけだ」と返すと発言。恋愛は妥協しなきゃいけないのか、とMC陣が騒ぎ出すと、及川は「妥協したくない、当然だよ。妥協せずして出会いの中から相思相愛、恋愛の成就をつかむためには努力しかない」ときっぱり。そんな及川の恋愛話にMC陣もスタジオの観客もすっかり聞き入っていた。

「ミュージシャンというより、俳優のイメージが強い及川光博ですが、トークのスキルもかなりのもの。ライブでのMCで鍛えられたのでしょうね。不仲の噂があった檀れいとの逸話を入れるなど、サービス精神も感じさせました」(放送作家)――アラフィフの年齢になった“ミッチー”だが、その美貌は相変わらずだった。さすがは王子様!?

]]>
齋藤飛鳥に「ゴールデンでもイケる」設楽統が太鼓判!? https://taishu.jp/detail/27654/ Sat, 29 Apr 2017 19:00:00 +0900 齋藤飛鳥に「ゴールデンでもイケる」設楽統が太鼓判!?

 4月23日放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)に、乃木坂46の齋藤飛鳥(18)が出演。コメント力を競い合う企画で、抜群の存在感を示す場面が見られた。

 この日の番組は、“コメント女王決定戦”と題し、架空の情報番組のコメンテーターとなったメンバーが、さまざまなジャンルのコメントをするという内容。審査員を務めるバナナマンの設楽統(44)と日村勇紀(44)を前に、齋藤飛鳥や中田花奈(22)、生田絵梨花(20)らが、コメント力ナンバーワンの座をかけてその能力を競い合った。

 まず最初は、若者が馬に乗り急な坂を駆け上がる“馬神事”という祭事の映像へのコメントに、中田らが挑戦。中田は「これは坂のお祭りということで、(乃木坂46と)すごくリンクするなと思いましたし、私たちもいつかあそこでライブをしたいなと思いました」と、まさかの“急勾配ライブ”を提案した。これに対し設楽は「あの細いところでライブなんか、できなくないですか?」と指摘したが、日村は「もちろん嘘だとは思うんですけど、ひと笑い(取れた)という意味では(良かった)」と高く評価していた。

 続いては、映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の予告編へのコメントに生田らが挑戦。生田は「炎が“バーン”となったりとか、水が“ピョーン”となったり」と擬音を交えて、予告編の感想を熱心に語った。ところが、その途中で何を思ったのか「私は緊張感に耐えられないんです。そんな方におススメしたい、私が大好きな映画がありまして」と別作品を紹介する意外な展開に。しかも、それは映画ではなく、自身が5月末から出演する舞台『レ・ミゼラブル』だというオキテ破りの告知をし、バナナマンの二人をあ然とさせていた。

 最後は、グラスの形に焼いたクッキーにミルクを注いで味わうスイーツの食レポに、齋藤らが挑戦。齋藤は「ミルクを注ぐっていう遊び心は、世間にきっと受けるだろうな」と、冷静なコメントをしたが、意外にもこのスイーツを気に入ったようで、他のメンバーがコメントしている間も一心不乱に食べ続けていた。そしてその食べっぷりを指摘された齋藤は、「人間って、何かを崩したいっていう欲求があると思うんですよ。(このスイーツなら)塔を自らの手でぶっ壊してやるっていう快感を味わえる」と、突然、自身の破壊願望を告白。さらに「(漫画の)『進撃の巨人』(講談社)って流行ったじゃないですか。その気分を味わいながら(食べている)。巨人になりたいと思いませんか?」とバナナマンの二人に問いかけると、その謎コメントぶりにメンバーたちから笑いが起こっていた。

「結果、コメント女王には桜井玲香(22)が輝いたものの、設楽はひたすら食べ続けることで一番目立っていた齋藤を“ゴールデン帯のバラエティだったら、この手の人にはコメント一番振ります”と、絶賛していました。齋藤には、ぜひバラエティ番組でも活躍してもらいたいですね」(アイドルライター)――かわいいだけじゃなかった!

]]>
赤江アナ「パンツにセミ」発言に、ふかわりょう驚愕! https://taishu.jp/detail/27648/ Sat, 29 Apr 2017 18:00:00 +0900 赤江アナ「パンツにセミ」発言に、ふかわりょう驚愕!

 4月25日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に、フリーの赤江珠緒アナウンサー(42)が出演した。この日の番組では、当日の夕刊紙を振り返る名物コーナー“夕刊ベスト8”にて「ランジェリー専門店で過激な衣装を試着して回るのが気持ちよすぎてやめられない」と話す21歳女性の記事を紹介。記事を受け、赤江アナは「分かりますね。やっぱり変身願望とかありますし、いろんな衣装を着てみたいです」と赤裸々にコメントしていた。

 そんな彼女に対して、司会のふかわりょう(42)は、唐突に「小耳に挟んだのですが、ブラのつけ方をずっと間違えてたらしいですね」と質問。どうやらこの噂は本当らしく、赤江アナは「40歳ぐらいのときに気づきまして」「いろんなところの肉を“あなたは胸”と寄せてきたら胸になる。これを知ってから、効果が出ました」と、答えていた。

 すると、ふかわは「今のカップ数は?」と赤江アナへ質問。第一子の妊娠を発表し、出産間近の彼女は「今はみごもってますから、最大値になってますね」と恥ずかしげもなくコメントし、そのうえ「信じてください」とつけ加えるサービス精神を見せていた。

 また、この日のエンディングでは、赤江アナファンの視聴者から届いたメールが読み上げられた。その内容は「赤江さん、小さい頃の“パンツとセミのエピソード”をお願いします」というもの。これを受けた赤江アナは、喜々としてそのエピソードを話し始めた。赤江アナは「虫が好きで、手づかみで虫を採っては、籠がないときはパンツの中に入れてたんです」というのだ。さらに、「たくさん入れると(下着の中で)“ジャアジャア”言うので、(親は)“あっ、珠緒が帰ってきた”って分かるんです」と、見事なオチまでつけ加える秀逸なトークを披露していた。

 出産して落ち着いたら、ぜひ再びテレビやラジオで活躍してもらいたいものである。(寺西ジャジューカ)

]]>
男性タレントに「モテモテ」綾野剛の魅力とは!? https://taishu.jp/detail/27034/ Sat, 29 Apr 2017 16:00:00 +0900 男性タレントに「モテモテ」綾野剛の魅力とは!?

 映画『新宿スワン2』や、ドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)など、今年も映画やドラマで存在感を発揮している綾野剛(35)。昨今の活躍により多くのファンの心をつかんだが、彼に引かれるのはどうやら女性だけではないようで、特に最近では、男性タレントから熱烈な支持を受ける場面が目立っている。

 1月27日に放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では、ダウンタウンの松本人志(53)らのハートを綾野がわしづかみにする場面があった。一度酒を飲み交わして以来、綾野は松本に自身の出演作品を定期的に送っているそうで、そのことについて綾野は「好きな人にしか(DVDを送ったり)しないです。松本さんしかいないです」と真顔で語り、松本に「またこういうこと……おっちゃん高揚してくる!」と言わしめた。さらに、この日の番組では「自分の出演シーンがなくても、共演者にあいさつするためだけに撮影現場に来る」「各楽屋に丁寧にあいさつ回りに行く」といった綾野の仕事術が明らかに。これには坂上忍(49)や浜田雅功(53)も「嫌らしいぐらい、できた人間」「(綾野の)ダメなところが知りたいと思ったけど……でもない!」と感心していた。

 また、おぎやはぎの二人も綾野に魅了されている。綾野はラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)の大ファンで、2014年に番組に初出演した際には、熱烈なファンの視点から番組の魅力を力説。おかげでリスナーから「おい、綾野、しゃべり方がクソメンだな。なんか親近感湧いたよ」と洗礼を受け、番組内で“イケメン”の対義語として使われている“クソメン”の一員として親しまれることとなった。また番組恒例の綾野のフリートークでも、おぎやはぎをトリコに。1月19日のゲスト出演回では自分の番宣ではなく、同番組のオフィシャルブックを紹介したり、矢作兼(45)の結婚を祝福したりと、二人を大いに喜ばせていた。

 また、1月31日の『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)では、Kis-My-Ft2のメンバーが綾野にほれぼれするシーンがあった。同番組をよく見ているという綾野はこの日の放送で、Kis-My-Ft2メンバーの一人一人のイメージを事細かに解説。「藤ヶ谷くんはかっこ良くてさ、玉ちゃんはすごくかわいい。で、横尾くんはすっごい優しいし、二階堂くんは可能性に満ちあふれてるでしょ。千賀くんはいろんな人たちに元気を与えて、宮田くんは……猟奇的だよね(笑)」と語り、綾野の"褒め上手"な一面が明らかに。

 交友関係が広く、関わった人を魅了する綾野だが、小学校の半ばから25歳ぐらいまでは、あまり人づきあいをせず、「現場以外では人とほとんど会わない。飲みにも行ってない」というスタイルだったという。だが、そんな綾野を変えたのは、笑福亭鶴瓶(65)のひと言。『火曜サプライズ』(日本テレビ系)での綾野いわく、鶴瓶から「剛は本当はすごく人が好きで、いろいろな人を分け隔てなく、偏見なく見られるから、ずっとそのままでいてくれな」と言われたそうで、それ以来、人との交流を惜しまなくなったのだとか。

 休日は地方まで出かけ、ロケで知り合った人と飲みに行ったりもするという綾野。「人と会うことがなにより楽しい」と思う気持ちこそが、多くの人から愛される秘訣なのかもしれない。

]]>
堂本剛「共演子役たち」の意外な現在 https://taishu.jp/detail/27540/ Sat, 29 Apr 2017 15:00:00 +0900 堂本剛「共演子役たち」の意外な現在

 堂本剛は、ジャニーズ事務所に入って堂本光一とKinKi Kidsを結成する前から、地元関西の芸能プロダクションに所属。子役タレントとして、ドラマやCMに出演していた。そしてジャニーズからアイドルとしてデビューし、今度は自分が多くの子役タレントと共演する立場となった。

 剛が共演してきた子役たちの中には、その後意外な方向に進んだ者たちがいる。その一人が、お笑いコンビ「鬼越トマホーク」の金野博和だ。鬼越トマホークは、ケンカを止めにきた先輩芸人を「うるせーな!」とどなりつけ、その人の芸風についてズバッと的を射たダメ出しをするというネタで、最近じわじわと人気を集めている注目のコンビだ。

 金野は、1997年10~12月にかけて放送されていたドラマ『ぼくらの勇気 未満都市』(日本テレビ系)に出演していた。このドラマの主役はKinKiの二人で、他に嵐の相葉雅紀、松本潤らも出演。金野は大勢いた子役のうちの一人だった。

 他には、今年1月に解散を発表したお笑いコンビ「モダンボーイズ」の類家大地も、96年放送のドラマ『若葉のころ』(TBS系)で、剛の弟役を演じた元子役だ。昨年10月、同ドラマで剛の妹役だった上脇結友が出演する舞台『やるっきゃない!!』を見に行った類家は、およそ20年ぶりに上脇と再会。舞台裏で撮った2ショット写真をツイッターにアップし、剛に向けて「いつか僕らのお兄ちゃんの剛くんと3ショット撮れるよう頑張ります!」とメッセージを送っていた。

 これを、ファンがラジオ『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)で剛に報告。剛は二人の再会を喜び、当時を懐かしんでいた。

  過去に剛と共演し、その後、子役を辞めてお笑い芸人の道に進んだ金野博和と類家大地。いつか、剛と再び共演する日を楽しみにしたい。

]]>
紺野あさ美アナ「パシリ報道」の真相を暴露! https://taishu.jp/detail/27649/ Sat, 29 Apr 2017 11:00:00 +0900 紺野あさ美アナ「パシリ報道」の真相を暴露!

 4月25日放送『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)に、同局の紺野あさ美アナウンサー(29)が出演した。東京ヤクルトスワローズの杉浦稔大投手(25)と2017年元日に結婚したことを発表し、退社することになった紺野アナは、今回がテレビ東京アナウンサーとしての最後のテレビ出演となる。

 この日の放送では、体重184キロのAD“石井ちゃん”が、寿退社する紺野アナをおもてなしするロケが敢行された。日本三大和牛“神戸牛”のすきしゃぶ食べ放題に、彼女をご招待したのだ。せっかくの機会だから、たくさんのお肉を食べてもらいたい。だが、紺野アナを見た石井ちゃんは「(体型が)ほっそいですけど、食べられますか?」と不安な気持ちを口にしてしまう。すると紺野アナは、「すごく食べるんですよ。アナウンス部の中では一番だと、勝手に思ってます」と豪語した。確かに彼女、ムチャクチャ食べる。店に着くや、食べ放題でなければ1人前1万円もする高級神戸牛を、10人前頼んで爆食したのだ。その食べっぷりは、石井ちゃんが「めっちゃ食うな」と感心するほど。

 しかし、こんな食いしん坊な一面が災いし、紺野アナはかつて恥ずかしい場面を激写されたことがある。大量のコンビニ袋を持って歩いている写真を、週刊誌に掲載されたことがあるのだ。ちなみに、そのときは「先輩のお弁当を大量に買い出しに行かされる紺野アナ」と報じられていた。この件について、紺野アナ自身が、ついに真相を明かした。「写真は事実なんですよ。袋をわんさか持ってるんですけど、あれ、全部自分のです」とのこと。スタジオでロケVTRを見ていた、先輩の須黒清華アナウンサー(32)が「よく、いっぱい食べてました」と述懐していたほど、紺野アナは食いしん坊なのだ。

 そんな紺野アナは、今回も食欲が止まらない。石井ちゃんと二人で神戸牛10人前を平らげた後に、デザートを大量注文し、さらにその後のシメに神戸牛5人前を追加注文! 極上のおもてなしを受けた紺野アナは、お礼として「モーニング娘。」の名曲『恋愛レボリューション21』のダンスを披露。満腹のまま、笑顔で最後の仕事を終えていた。(寺西ジャジューカ)

]]>
パチンコ必勝講座『CR北斗の拳7転生』で勝て! https://taishu.jp/detail/27667/ Sat, 29 Apr 2017 10:30:00 +0900 パチンコ必勝講座『CR北斗の拳7転生』で勝て!

 ゴールデンウイーク突入でなにかと物入りなこの時期、ちょっとギャンブルでひと儲けと考える方も多いだろう。ホールにあるたくさんのパチンコ台の中で、どういう台が狙い目なのか、関係者に聞いてみた。

「この春、最大の目玉機種とされるのが、4月中旬に導入された『ぱちんこCR北斗の拳7 転生』。パチスロと合わせたシリーズ累計台数は150万台を超えるモンスターです。特にパチスロの初代『北斗』は、累計販売台数約62万台とパチスロ史上最大のセールスを記録しました。シリーズ全体の売り上げは5000億円を軽く超え、1兆円に迫るといわれています。ホールがイチオシ機種として推してくるのは間違いないでしょう」(パチンコライター)

 また、昨年12月に大当り確率399分の1の、いわゆる“旧マックス機”が撤去され、新内規に移行したことも大きく影響している。

「大当り確率の上限が319分の1になり遊びやすくなりましたが、その分、大勝ちが減りホールに活気が減りました。その点、『北斗7』は、新内規をうまくクリアしたうえでの右打ちオール2400発を実現。連チャンするごとにドル箱が2箱ずつ増えるわけですから、ホールとしても出玉アピールするのに恰好の機種となりますね」(ホールコンサルタント)

 では『北斗7』を攻略するにあたって、どう立ち回ればいいのか。生涯収支プラス7400万円を突破している(3月20日現在)漫画家の谷村ひとし氏に、北斗攻略の“経絡秘孔”を教えてもらった。

「“サミーの台は早く打て”が合言葉。ホール登場からの1か月は派手な動向が目立つので狙い目です。また、バトル則ヤメの160~240回転の台が一番のお座り一発ポイントです。サミーの台はギミックのド派手さに遠慮がなくなり、スロットファンも巻き込むようになりました。『北斗の拳』というコンテンツはパチンコとスロット、両方のファンをボーダーレスにしました」

 ホールにも懐にも“救世主”となる『北斗7』。これはもう、打つっきゃない!?

]]>
ゼクシィ新CM、思わず泣ける「名フレーズ」 https://taishu.jp/detail/27637/ Sat, 29 Apr 2017 09:00:00 +0900 ゼクシィ新CM、思わず泣ける「名フレーズ」

 結婚情報誌『ゼクシィ』(リクルート)の新CM「私は、あなたと結婚したいのです」風船篇が4月19日に公開された。10代目CMガールに選ばれた佐久間由衣(22)と清原翔(24)が登場する幸福感あふれる映像が、反響を呼んでいるようだ。

 このCMは、新婦のナレーションをバックに、新郎新婦が風船につかまって空を飛ぶというもの。ナレーションでは、新婦の結婚への思いが語られるが、この中の「結婚しなくても幸せになれるこの時代に私は、あなたと結婚したいのです」というフレーズに、感動したという人が続出。SNSなどには、「このコピーすごい……結婚を押しつけない感じが逆に刺さる」「“結婚しなくても幸せになれる”ってゼクシィが言っちゃうことに衝撃」「すごく結婚したくなる言葉、なんだか泣けちゃう」「誰の生き方も否定していない良いフレーズだと思う」と、称賛のコメントが多数寄せられることとなった。

「ナレーションの言葉も素晴らしいのですが、それを読む佐久間の声の演技もまた抜群です。彼女の声質がセリフと合っているんですよね。佐久間は今、NHKの朝ドラ『ひよっこ』で主人公の親友という重要な役を演じていますし、大ブレイクも近いかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

 佐久間由衣は、『ゼクシィ』の公式サイトで「これから結婚する方、もう結婚されている方、色々な方に、“素敵な感情”を広めていくことができたらと思っています」とCMガールとしての意気込みを語っている。佐久間の起用は大成功だったようだ。

]]>
【天皇賞・春】キタサンブラックの連覇濃厚「レース傾向分析 須田鷹雄」 https://taishu.jp/detail/27565/ Sat, 29 Apr 2017 08:30:00 +0900 【天皇賞・春】キタサンブラックの連覇濃厚「レース傾向分析 須田鷹雄」

バナー

 今年から大阪杯がG1に昇格したので、今までのデータを適用してよいのかどうか分からないが、ひとまずは昨年までの傾向を前提に話を進めたい。天皇賞・春には日経賞、阪神大賞典、大阪杯という3つのステップレースがあるが、好走馬のほとんど(というか、出走馬のかなりの割合)が、この3レースを経由している。

 次に買ってもよいのは京都記念組か前年G1からの休み明け馬で、他の変則ローテ組は分が悪い。今年で言うとダイヤモンドSを勝ってきた△アルバートはかなり好素質のステイヤーだと思うのだが、阪神大賞典に出てきてくれないと、評価が難しい。ダイヤモンドS→天皇賞・春はフォゲッタブル(10年)や、ちょっと古いがエアダブリン(95年)のように1番人気を裏切ったケースもあり、扱いづらい。

 主要3レースから来た馬を検討することになるが、これまで、本番との距離差が最も大きい大阪杯が、本番に一番結びついてきた。日経賞は関東馬の比率が高いので、そもそもレースのレベルが高くないという可能性はあるし、阪神大賞典は他に番組の選択肢がないので、大敗組も天皇賞・春に出走してきてしまうという事情はある。

 ただ、それを差し引いて、たとえば「天皇賞・春で単勝20倍未満だった馬限定の前走レース別成績」といったデータを採っても、大阪杯組が上回る。しかも大阪杯は今年からG1になり、メンバーのレベルは強化されたはず。そこを勝った◎キタサンブラックは、やはり有力だ。

 ○サトノダイヤモンドのほうが人気にはなりそうだが、両馬の間には脚質の違いがある。◎は前から、○は外からに当然なるわけで、枠順次第で有利不利の差は拡大する。昨年の天皇賞・春は内枠先行馬にしか勝機がなく、後ろから外を回る差しタイプはノーチャンスだった。逆に、先行タイプの馬が内枠を引けば、どんな馬にも一定のチャンスが生まれてくる。

 前走で株を下げたはずの★ゴールドアクターにもシルシを残した。△アドマイヤデウスも内枠なら面白い。

■須田鷹雄 プロフィール
1970年東京都生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。大学在学中に競馬ライターデビュー。競馬以外のギャンブルも含めた「旅打ち」をライフワークとし、国内の全公営競技場を踏破した経験を持つ。

]]>
大竹一樹、福田アナの髪型を「中村アナ風」にアドバイス!? https://taishu.jp/detail/27647/ Sat, 29 Apr 2017 08:00:00 +0900 大竹一樹、福田アナの髪型を「中村アナ風」にアドバイス!?

 4月23日放送『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)は、世田谷区の経堂をロケ。あたりをぶらついているうちに、一行は大量のかつらを展示する美容院兼かつら店に遭遇した。

 ここで、さまぁ~ずの三村マサカズ(49)はアシスタントである福田典子アナウンサー(26)に、「福田はずっとそのヘアスタイルなの?」と質問。確かに彼女はずっと“おでこ出しスタイル”を通しており、他の髪型でいる場面を見たことがない。福田アナは「幼稚園の頃から数えて2回しか前髪を作ったことがない」と答えたのだが、これには理由があった。実は小学生時代に前髪を作って登校したのだが、彼女の髪型を見たクラスメートから大笑いされ、「本当に似合わないからやめたほうがいいよ」と言われたことがあるというのだ。それがトラウマになってしまったのだと、福田アナは明かしていた。

 しかし、今回はせっかくの機会。一行はこの美容院へ入り、福田アナに似合うかつらを探すことにした。そして前髪を下ろしたかつらをつけて現れた福田アナを見るや、さまぁ~ずの二人は無言で固まってしまい、大竹一樹(49)は「悪くはないけど、良くもない」と、率直な感想を述べていた。これを見かねた三村は「もうちょっと前髪を眉毛の上のほうにしたらいいんじゃないか」と、福田アナにかつらを少しずらすようアドバイス。そして、その通りに福田アナがしてみると、確かにさっきよりしっくりくる。大竹も「そっちのほうがいい」と、納得する出来栄えだった。

 続けて、今度は「福田の可能性を探りたい」と三村が言い、大竹が福田アナに横の髪が長めのかつらをつけるようアドバイス。しかし、それをつけた福田アナを見るや、さまぁ~ずはまたしても無言になってしまった。どうしても不自然さがにじみ出てしまうのだ。そんな福田アナに対し、「髪を耳にかけてみて」と第二の助言を与えた大竹。言うとおりにした福田アナの髪型を見た相方の三村は、このとき、あることに気づいてしまう。「結局、おまえの好みだと中村仁美さん(フジテレビアナウンサー・37)になっていく」と、大竹に指摘したのだ。

 不意に妻の名前を引き合いに出された大竹は「今、いいんだよ。(中村の名前を)出さなくて……」と、困惑。視線が定まらなくなってしまった。普段から恐妻家アピールが激しい大竹だが、今回は無意識に夫婦愛を露呈させてしまったようだ。(寺西ジャジューカ)

]]>
「軽薄な女!」波瑠の“不倫妻”に嫌悪感!? https://taishu.jp/detail/27646/ Sat, 29 Apr 2017 07:00:00 +0900 「軽薄な女!」波瑠の“不倫妻”に嫌悪感!?

 不倫をテーマにしたドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)の第2話が4月25日に放送された。不倫を重ねても罪悪感を感じることなく、恋愛に舞い上がる主人公の姿に、視聴者は嫌悪感を抱きつつあるようだ。

 波瑠(25)演じる渡辺美都が、学生時代に憧れていた有島光軌(鈴木伸之/24)とホテルに入るシーンで幕を閉じた第1話。第2話の冒頭では、ホテルの中の二人の様子が描かれた。美都は、「奇跡的で必然的な出会い……からの宿命の恋」と有島を見つめ、うっとり。さらにホテルを出ると、美都は親友の飯田香子(大政絢/26)に電話をかけ「有島くんに会ったの!」「運命ってさぁ、あるんだねぇ」とうれしそうに報告した。

 その後も、美都は夫の渡辺涼太(東出昌大/29)に嘘をつきながら、有島とのメッセージ交換を楽しんだり、温泉に行ったりと、まるで独身かのように“不倫の恋愛”を楽しむ。

 そんな美都のキャラクターが、視聴者から不評のようだ。放送中からネットには「もう十分軽薄な女でしょ!」「美都には正直、嫌悪感しかない」「全然悪びれない主人公にめっちゃイライラする」といった感想が続出。中には「いつかこの二人に天罰が下りますように!」と願う人まで現れた。

「原作コミックの特設サイトでは、波瑠が美都について、“賛同しかねる部分もある”とコメントしています。また、ドラマの完成披露試写会では“バカだなーと思って見てもらえれば”とも話していました。演じている彼女の中にも、美都という人物には複雑な思いがあるようですね」(テレビ誌ライター)

 主人公の好感度の低さが影響したのか、『あなたのことはそれほど』第2話の視聴率は9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2ケタには届かなかった。今後は美都だけでなく、妻に浮気されてしまった夫の涼太や、仲里依紗(27)演じる有島の妻にもスポットが当たる。それぞれの人物がどんな行動を取るのか、まだまだ見逃せない展開が待っていそうだ。

]]>
バリスタ世界王者が語る「一番おいしいコーヒー」とは https://taishu.jp/detail/27679/ Sat, 29 Apr 2017 06:30:00 +0900 バリスタ世界王者が語る「一番おいしいコーヒー」とは

 4月14日、東京下北沢の本屋B&Bで、『BREAK! 「今」を突き破る仕事論』(双葉社刊)の出版トークイベントが行われた。イベントに、著者の川内イオさん(写真左)とともに登壇したのは、本に登場する10人の世界王者の1人、2014年の「ワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)」のチャンピオンの井崎英典さん(27・写真右)。イベント冒頭に、井崎さんがいれた“世界一のコーヒー”が配られるなど、参加者にとってもホットな1日となった。

 トークイベントに先だち、自身がいれたコーヒーを参加者にふるまう井崎さん。当日、使ったコーヒー豆は、エルサルバドルの“フィンカ・ヒマラヤ”という豆。そして、このコーヒー豆を挽くコーヒーグラインダー(コーヒー豆を挽く器具)は、福岡県博多で製造されたものだという。

「このグラインダーいくらだと思います?」と参加者に問う井崎さん。「100万円?」という声が上がると、「高い! そこまではしないんですけどね~」と笑顔でやりとり。お値段40万円というこのグラインダーは、元Appleの技術者で、スティーブ・ジョブズの片腕だった「博多弁がペラペラ」(井崎さん)のアメリカ人が作ったものだという。やはり、いいコーヒーグラインダーで挽くとコーヒーの味は変わるというが、それにも増して重要なのは“水”とのこと。

02

「1杯のコーヒーのうち、コーヒーの要素は10%しかないんです。あとの90%は水。だから、おいしいコーヒーを入れるには、水がとても重要なんです」と井崎さんは言う。この日は、コーヒーに必要なミネラルを水に追加した、特製の「コーヒーのフレーバーが良く出る水」が使用された。

 著者の川内さん司会のもと、アジア人初“バリスタ世界王者”に登り詰めた井崎さんの半生を振り返るトークが始まる。

 本人が「中学のときのテストの最高の点数は100点満点中9点だった(笑)」と語るように、井崎さんは大の勉強嫌いだった。高校を中退し、さまざまなアルバイトの末に行きついたのが、地元福岡県の、父のコーヒー店だったという。

「当時の僕は、まゆ毛も剃っていてね(笑)。でも、そんな僕にも、常連のお客さんは“ひで君、おいしいコーヒーをありがとうね”って言ってくれるんです。その“ありがとう”という言葉が嬉しくて。でも、今でもその“ありがとう”が、仕事をする原動力になっていますよ」と井崎さん。

 どんどんバリスタの仕事にはまっていった井崎さん。それは、WBCの日本予選(JBC)に参加したことで、さらに加速したという。だが、その当時感じたのは、自身の圧倒的な知識、教養不足だったという。一念発起して大検を取った井崎さんは、さらに「チューターのお姉さんがキレイだった」という、地元の大手予備校に入る。予備校入校時の偏差値は35。「勉強の仕方から教わった」と話す井崎さんだったが、1年後、見事法政大学に合格した。

 井崎さんが、法政大学入学とともに始めたのが、長野県小諸市にある、井崎さんいわく「日本のコーヒー店のトップ」である、丸山珈琲でのアルバイトだった。「毎週末に新幹線で通ってバイトしていたんですが、新幹線代もホテル代も自腹。完全に赤字でしたね」と井崎さんは言う。

 そして、翌年の秋からは、イギリス北部の“鉄鋼の町”シェフィールドへ留学。「英語を含めて、バリスタに必要な国際的な感覚を身につけるため」というのが、留学の理由だったと井崎さんは語る。

「現地の学校へはまったく通いませんでしたね。生きたコミュニケーションを学ぼうと、バーにずっといました(笑)。周囲の人間が何を言っているのか全然分からなかったけど、帰ろうとは思わなかった。その場にずっといて、会話の中で出てきたフレーズをメモして、家に帰ったら眺めてね。そんなことを続けていたら、気がついたら周りが何を言っているか分かるようになったんですよ。あと、いろいろ恋もしましたね……(笑)」

 そうして“生きた英語”を身につけた井崎さんは、大学4年生、史上最年少でWBC日本予選を優勝する。だが、オーストラリアのメルボルンで行われたWBC本選では、準決勝の12人に残れず、敗退してしまった。

「僕の順位は13位でした。12位との差は0.5。それはたとえるなら、グラインダーに指紋が残っているかどうか、それくらいの僅差です。でも、全然ダメでしたね。すべてがダメでした。周囲に言われたことを、すべて詰め込もうとして、自分を見失っていて。世界王者になろうという覚悟もなかった」と、井崎さん。戦いに敗れた夜、一人ホテルを出て、近くの公園に向かったという。

「1年間、この日のために生きてきたのに、こんな結果になって……と、公園のベンチでどん底まで落ち込んでいたら、不思議なことに、ポッサム(オーストラリアに生息するフクロネズミ)が近づいてきたんですよ。それも1匹じゃなくて、3~4匹も集まってきて、目の前で座っているんです。ポッサムは人間が近づくと、すぐに逃げてしまう警戒心の強い動物なんです。だから、これは考えられないこと。よっぽど僕が可哀相に見えたんでしょうね(笑)」

 井崎さんは、集まったポッサム相手に自分が負けた理由をじっくりと話したという。なぜか静かに話を聞いてくれる彼らに対し、何が悪かったのか、何が足りなかったのか、夜通し話をしたのだという。

「気がついたら、ポッサムはいなくなっていました。でも、話終わったら“これはコーヒーの神様が与えてくれた試練なんだ”というふうに考えられるようになっていましたね」と笑う井崎さん。そして、井崎さんは翌年、2014年のWBCで世界王者に輝く。その軌跡は、『BREAK! 「今」を突き破る仕事論』に、詳細がつづられている。

 今、井崎さんは“コーヒーエバンジェリスト(伝道者)”の肩書きで仕事をしている。日本にいることのほうが少なく、毎日のように飛行機で世界を飛び回り、講演活動、コーヒーメーカーとの製品共同製作、コーヒー関連器具の開発などなど、幅広い仕事をこなしている。その中でも力を入れているのが、人材の育成だという。

「今年も11月にWBCが行われるのですが、そこに僕がトレーナーを務めているバリスタが4人(日本人、オーストラリア人、スイス人、イタリア人)も出場するんです。当日は、大会でMCの仕事もあるので、正直みんなをフォローできるか心配ですね。でも、頑張りますよ。やはり教育は素晴らしいものだと感じています。勉強は教えられるものではなく、自分でつかむもの。教育によって、人の人生は変わる。それを伝えていきたいんです。人の夢をかなえる手伝いをすること、今、それがとてもやりがいがあることなんです」

 川内さんの軽快なリードで、熱を帯びた井崎さんのトーク。井崎さんは「コーヒーは人と人をつなぐもの。ゆっくりコーヒーを飲んでいるとき、人は攻撃的にはならないですよね。だから、コーヒーは世界を平和にするものなんです」と話す。井崎さんは最後に「一番おいしいと思うコーヒーは?」という問いに、こう答えてイベントを締めてくれた。

「僕が今、一番おいしいと思うコーヒーは、夜、自宅で奥さんと、今日一日を振り返りながら飲む1杯ですね」

03

]]>
カズレーザー、素人相手に奇行連発! https://taishu.jp/detail/27651/ Sat, 29 Apr 2017 06:00:00 +0900 カズレーザー、素人相手に奇行連発!

 25日放送の『絶対!カズレーザー』(テレビ朝日系)にお笑いコンビ、メイプル超合金のカズレーザー(32)が出演。芸能人のオーラを試す企画に挑戦した。

 この番組は、カズレーザー初の冠番組。この日の放送では「芸能人オーラありますグランプリ」という企画が開催された。この企画は、見た目にインパクトのある芸能人から衣装や小道具を没収し、一般人と変わらない格好でもオーラがあふれているか検証するというもの。この企画に参加したのはカズレーザー、林家ペー(75)&パー子(68)、Mr.マリック(68)。この3組が完全に変装してショッピングセンターに出没し、声をかけられて名前を言ってもらえるまでの時間の短さを競いあった。

 まず挑戦したのはMr.マリック。サングラスを取って黒い衣装を脱ぎ、つばのある帽子にラフなシャツにノーグラサンと、普通のオジサンになったMr.マリックは、15分たってもまったく声をかけられないという展開に。結局Mr.マリックはメガネ屋に行き、帽子も外し売り物のサングラスをかけるという、自らのトレードマーク全開で店員とトークしてアピール。「これキテます?」と自らの決めゼリフを連発するも、「マリックさんですよね」という言葉を引き出せなかった。しかしその店員とのやりとりを見ていた女性客二人に気づいてもらえ、声をかけられるまで19分30秒かかるという結果に終わった。

 次に挑戦したのは林家ペー&パー子夫妻。茶色を主としたダークトーンの服に身を包んだ二人だったが、そのオーラはさすがのもので、歩いているだけで振り返る人が続出。4分12秒で名前を聞かれていた。

 最後に挑戦したのがカズレーザー。オーラに自信があるか聞かれたカズレーザーは「今日はいつも封印してるものを出して、ちょっと(オーラを)開放します! 大変なことになるかもしれないですね」と強気発言。金髪と赤い衣装を封印し、黒のパンツにカーキ色のジャケット、黒いショートのウィッグを装着した。

 そうしてショッピングセンターに降り立ったカズレーザーは、広場でフリーズしたり、靴売り場に自分のはいていた靴を勝手に置くなど奇行の数々を繰り出す。開始5分で女性二人組に「なんでそんな格好してるんですか?」と話しかけられると、はいていた靴下を二人に渡そうとして逃げられるなど、やりたい放題。ついに裸足になり、ウロウロするカズレーザーの周りには人だかりはできるものの、恐れをなしてか名前を聞いてくれる人はいない。37分40秒たち、やっと女子高生に「カズレーザーさんですよね? Wi-Fi飛んでます?」と声をかけられたが、奇行が裏目に出る結果になってしまった。

「カズレーザーは今や飛ぶ鳥を落とす勢いの人気者。民放各局がスケジュールを奪い合っている状況です。ただし、テレビに出演し始めたのは2015年からで、まだまだキャリアは浅い。この『絶対!カズレーザー』が成功するかどうかで、今後を試されている状況だといえるでしょうね」(お笑いライター)――バラエティ番組の歴史に残る芸人になれるか、今が正念場!

]]>
手越祐也「イッテQスタッフのガチ苦情」にタジタジ!? https://taishu.jp/detail/27639/ Fri, 28 Apr 2017 21:00:00 +0900 手越祐也「イッテQスタッフのガチ苦情」にタジタジ!?

 4月23日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、スタッフから出演者への苦情を内村光良(52)が読み上げる場面があった。その苦情に対するNEWS手越祐也(29)の弁明が、視聴者の間で話題になっている。

 手越に向けられた苦情は、「“俺、ツアー中だからロケでケガできない”と我々にプレッシャーをかけてきますが、だとするなら、なぜあんなに全力でフットサルをしているんでしょうか?」というもの。これに対し、手越は「違う違う違う!」と否定するが、さらに「(フットサルが原因で)ロケ前に捻挫もしていますよね」とスタッフからの追い討ちを受けてしまう。

 手越は「そうだけども」と認めつつも、運動を全力でやってるときのほうが仕事もうまくいくと説明。さらに「ストレス解消! ステージも全力! どうでしょう?」と必死に弁明した。

 この手越の弁明には、共演した宮川大輔(44)や出川哲朗(53)から即座に「いやいやいや」とツッコミが入ったが、視聴者も気になったようだ。ネットには「焦って“謎理論”を展開しちゃう手越くんかわいい」「スタッフのツッコミが鋭すぎて笑った」「手越くん、どんだけフットサル大好きなんだよ!」といったコメントが続出。手越発言は大きな話題となった。

「手越のフットサル熱はかなりのもので、1月11日に開催された『音蹴杯』というフットサル大会では見事優勝しています。しかも大会MVPまで獲得していましたよ」(アイドル誌ライター)

 並々ならぬフットサル愛を暴露されてしまった手越祐也。仕事もフットサルも全力ならば問題なし!?

]]>
橋本マナミ「ガサツ女子宣言」は周到な戦略か!? https://taishu.jp/detail/27657/ Fri, 28 Apr 2017 20:00:00 +0900 橋本マナミ「ガサツ女子宣言」は周到な戦略か!?

 4月25日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、女優でグラビアアイドルの橋本マナミ(32)が出演。ガサツすぎるエピソードを話して、明石家さんま(61)にダメ出しされる場面が見られた。

 今回の放送は“家事好きVS家事ダメ芸能人大バトルSP”と題して、ゲストたちが細かすぎる家事へのこだわりや、逆にズボラすぎるダメ生活を披露することに。橋本は“家事ダメ芸能人”として出演していたが、“私の家事のやり方でドン引きされたこと”を告白するコーナーで、「(自分は)ガサツ女ですけど、食器に対してはすごい潔癖症」だとアピールした。そして橋本が食器には空気中のバイ菌がついているので、キッチンペーパーを使わず「自分の手で拭く」と明かすと、他のゲストからは「汚い!」と悲鳴が上がった。さらに、タレントの小島瑠璃子(23)から「だって手って、便座より汚いっていうじゃないですか」と指摘されたが、橋本は「でも、(手は)自分の一部だから、マーキングすることによって安心する」と語り、さんまに「うわー、たち悪いなー」とドン引きされていた。

 続いて、橋本は“家事ダメ”エピソードとして、洋服のしまい方を紹介した。橋本は服を棚に入れているのだが、畳んでしまうと、奥に入れた洋服に気づかず着なくなるため、「全部ミックスして、グシャグシャにして、そのまま詰め込むんですよ」と説明。「そうすると、(棚の)隅に洋服の端っこが出てたりして、“あ! コレここにある”って、引っ張り出すことができる」から、まんべんなく洋服が使えて便利なのだと自慢げに語った。

 これにさんまが「シワクチャになるやんか」とツッコミを入れたのだが、橋本は「(元々)シワの洋服もありますから。シワ加工にしちゃう」と回答。さらに「ボーイフレンドは部屋に呼べないよな」とさんまに心配されたが、橋本は「おつきあいするようになったら、やりますよ」「外側の洋服だけ畳む」と、見えるところだけキレイにすると平然と語っていた。

 また、鏡張りの部屋に住んでいることを指摘され、“家事好き”ゲストたちから「掃除が大変なのでは?」と聞かれると、橋本は指紋が鏡についても「気にならない」と回答。「今日もいい指紋ついてるな」と思うと語ると、さんまに「うそつけ、アホっ」「そんな女おるかいな!」と、そのガサツぶりにツッコミが入っていた。

「橋本マナミは清純派から、“愛人キャラ”に転向してブレイクしましたが、成功の理由は、その親しみやすさ。芸能人としてのセレブ感を出すより、あえて隙を見せるのが、彼女の戦略なのかもしれませんね」(芸能誌記者)――“愛人にしたい女性ナンバーワン”と呼ばれるのは、だてじゃない!?

]]>
さんま「嵐にSMAPネタ連発」で、視聴者騒然!? https://taishu.jp/detail/27653/ Fri, 28 Apr 2017 19:00:00 +0900 さんま「嵐にSMAPネタ連発」で、視聴者騒然!?

 4月22日に放送された『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)に、明石家さんま(61)がゲストで登場。嵐メンバーの前でいきなり、昨年解散したSMAP(スマップ)に関するトークを展開し、視聴者を騒然とさせた。

 SMAPネタが飛び出したのは、番組の冒頭部分。ゲストで登場したさんまは、オープニングトークで、「前もって言っときますけども、この番組からオファーがあって出てるんですよ」と切り出すと、「俺から“出たい”って言ったわけやないっていうのだけは、分かって。ホントに皆さん、俺ね、SMAP色がすごい強いんですよ!」と言い放った。

 これを聞いて櫻井翔(35)が「(SMAPとさんまが)ご一緒しているイメージはあります」と返すと、さんまは「“SMAPが解散したら急に嵐かい!”っていう」と、バッシングの心配をして、スタジオの笑いを誘った。

 また、さんまは、嵐が昨年さんまの元を訪れた際に、「(日本テレビ系の)『さんま&SMAP』がないから、今年は『さんま&嵐』でいこか?」という会話をしたことも暴露。冒頭からの2分間ずっと、SMAPネタをしゃべり続けたことに、嵐のメンバーも「すごいな」と驚きを隠せない様子だった。

 そして、この日のさんまは視聴者の間でも大きな話題に。放送中からネットには「開始直後からSMAPネタで切り込むさんまさん、やべえ」「嵐の目の前でこれ言えるのさんまさんくらいだよな」「のっけから攻めすぎ! 両方のファンを敵に回しかねないよ、これ」といったコメントが続出した。

「さんまさんは、SMAP解散前には、“ゴーサインが出たら話す”と説明するのみで、奥歯に物が挟まったような発言が目立ってました。しかし、先日放送された『さんタク』(フジテレビ系)でも、キムタク(木村拓哉/44)に真正面から解散騒動ネタを振ってましたし、今年に入ってなにか吹っ切れた感があります。今後もSMAPネタは続くでしょうね」(アイドル誌ライター)――明石家さんまの“SMAPいじり”、これからも乞うご期待!?

]]>
松本人志、坂口杏里に「たけし軍団入り」を提案!? https://taishu.jp/detail/27644/ Fri, 28 Apr 2017 18:00:00 +0900 松本人志、坂口杏里に「たけし軍団入り」を提案!?

 4月23日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、ダウンタウンの松本人志(53)が、恐喝未遂容疑で逮捕され4月21日に釈放されたセクシー女優の“ANRI”こと坂口杏里(26)について言及。彼女が更生するための手段として、たけし軍団入りを提案した。

 この日の番組では、坂口が知人のホストから現金3万円を脅し取ろうとしたとして、恐喝未遂容疑で逮捕された事件が紹介された。坂口とテレビ番組で共演した経験がある松本は「一時、おバカタレントみたいな人たちがいっぱい出てきたけど、実は皆さん意外としたたかで、バカな部分もあるのかもしれませんけど、生き残っているじゃないですか。その中で彼女はもしかしたら“本物”やったのかも」と苦笑いしつつも、「なんか生きる道を見つけてあげたほうが」と坂口を思いやった。

 すると、松本は「こんなことを勝手に言っていいのか分からないですけど」としたうえで、「たけし軍団に入れてもらうとか、そういうところから始めていったら。芸名は“なんて子だ杏里”でいいじゃないですか?」と坂口がかつて交際していたバイきんぐの小峠英二(40)の持ちネタ「なんて日だ!」にかけた芸名を提案し、彼女の今後について語った。

 これを聞いたMCの東野が「急にたけし軍団も、(話を)振られたら困りますから、“松ちゃん軍団”では?」と松本に提案したところ、松本は「松ちゃん軍団はちょっと厳しいかな」と難色を示し、その一方で大川興業を候補に挙げ、セクシー路線以外での再出発を勧めていた。

「ビートたけしはかつて、替え玉受験のなべやかん(46)や、不倫スキャンダルの山本モナ(41)など、不祥事を起こしたタレントを自分の事務所に入れて、“たけし再生工場”といわれたこともありました。松本の発言に対しネット上でも“たけし軍団なら更生してくれるかもしれない”など、好意的な声もありました。坂口のたけし軍団入りは、まったくない話とも言えませんよ!」(芸能誌記者)――はたして本人の希望はいかに!?

]]>
ビール腹を防ぐ「居酒屋メシ」とは https://taishu.jp/detail/27643/ Fri, 28 Apr 2017 16:30:00 +0900 ビール腹を防ぐ「居酒屋メシ」とは

「メタボは気になるけど、赤ちょうちんの誘惑には勝てない……」という中高年のお父サンに実践してほしい情報が満載!

 仕事のつきあい、または息抜きに、週に何度か、夕食も兼ねて夜の巷に消えるお父サンも多いはず。だが、それを続けていると、どうしてもお腹がポッコリ。いわゆる“ビール腹”だ。お腹が出ると、ズボンも入らなくなるし、見た目もカッコ悪くなる。それより何より、ポッコリお腹は生活習慣病の予備軍。そのまま行けば、糖尿病などの怖い病気につながりかねない。

 なんとかして、ビール腹にならずに酒を飲む術はないものだろうか。そこで今回は、このビール腹からオサラバする居酒屋メシを紹介しよう。

「飲みに行ったら、自分が好きな酒やツマミを注文したくなりますが、居酒屋のメニューは高カロリーで、脂肪になりやすい脂質や糖質の高いものばかり。それが重なれば、ビール腹になって当然です。しかし、注文するメニューを工夫すれば、内臓脂肪を減らし、腹をヘコますことも可能なんです!」

 こう語るのは、パーソナルトレーナーで柔道整復師の竹川圭祐氏。居酒屋での太らない法則とは、いったい、どんなものなのだろうか。

「最大のポイントは、脂質と糖質の摂取カロリーを抑えると同時に、タンパク質を多く含む食べ物を摂ることです。ビールなどの糖質の量を控えるだけでも、内臓脂肪の減少を促すことにつながり、お腹回りの引き締め効果が期待できます。また、タンパク質は代謝を高め、体脂肪を減少させる働きがあるのです。同じ材料を使った酒やツマミでも、メニューの選び方次第で、ビール腹を回避することはできます」(竹川氏=以下同)

 それではまず、飲み物から見ていこう。「まず、皆で“カンパーイ!”とやる定番のビールなどの醸造酒よりも、ウイスキーや酎ハイなどの蒸留酒をオススメします」

 簡単に言えば、醸造酒とは、酒の原料となる麦、米、果実などの糖分を発酵させて造ったもの。それを沸かしてアルコール分を抽出して造ったのが蒸留酒だ。

「蒸留酒は醸造酒と違って糖質はゼロです。もちろん、糖質はエネルギー源として筋肉や肝臓に蓄えられますが、摂りすぎた分は中性脂肪に変わり、肝臓近くのお腹回りにくっつき、ビール腹の大元になるのです。したがって、焼酎をベースにしていても、果汁などの甘い成分が入ったサワー類は勧めらません」

 どうしても日本酒やワインなどの醸造酒を飲みたいなら、量を控え、ゆっくりと飲むようにしよう。

「ビール中ジョッキ1杯は約200キロカロリーといわれています。これは茶碗1杯分のご飯とほぼ同じです。ビールだと何杯も飲むでしょうから、ご飯を何杯も食べれば、そりゃあ、太るというものでしょう」

 次に、ツマミを見ていこう。“ビール腹”と聞くと、酒が悪者のようにイメージされがちだが、太る原因は酒よりも、ツマミに多い。「アルコールを摂取すると、体脂肪がつきやすい状態になります。そこへきて脂質の多い食品を摂ったら、体脂肪は上昇し、お腹回りの脂肪を増やすことになってしまいます。できるだけ脂の少ないものを摂るように心がけましょう。たとえば、同じマグロの刺身でも、トロより赤身がオススメ。焼肉なら、カルビよりロースがいいですね」

 一般的に、牛肉100グラムあたりのカロリーを、代表的な部位別に見てみると、カルビが517キロカロリー、タンが269キロカロリー、ヒレが221キロカロリー、ミノが182キロカロリーとなっている。カルビは飛び抜けて高カロリーなのだ。同じく脂質の摂取を抑えるという理由で、唐揚げや厚揚げなどの「揚げ物」も控えたほうがいいそうだ。

 なぜ脂質が太るのかと言えば、その原因はカロリーの高さにある。脂質は1グラム当たり9キロカロリー。タンパク質や糖質が同4キロカロリーであることと比較すると、2倍以上も高カロリーなのだ。やはり、脂はビール腹にとって厄介な存在なのだ。

 しかし、ここまで見てきた肉や魚などの食材は、タンパク質が豊富。脂に気をつけることができれば、積極的に摂るべきツマミだと言えるだろう。中でも、高タンパク・低カロリーの食材が鶏肉だ。特に焼き鳥は、酒のツマミとして欠かせないアイテムで、ビール腹の撃退に持ってこいのツマミなのだが、これにも注意すべき食べ方があるという。

「味つけは断然、塩がオススメ。タレの中には、脂肪になりやすい糖分がたっぷりと入っているからです」 ある大手居酒屋チェーンのもも串(2本)のデータを見てみよう。

●タレ 糖質7.9グラム、塩分1.5グラム。
●塩 糖質2.6グラム、塩分0.7グラム。

 タレのほうが、糖質が多いだけでなく、塩分も2倍以上なのには驚き。我々日本人は、塩分の摂取量が基準値を大幅にオーバーしているといわれている。塩分過多は高血圧を招き、脳梗塞をはじめとする生活習慣病の主因とされている。その点からも注意したい。あの甘~い独特のタレ成分に罠があったのだ。

 脂質や糖質を抑えるツマミの食べ方をいろいろと紹介してきたが、“それでもコッテリしたものや、味の濃いものを食べたい!”というお父サンも多いはず。そんな人には、野菜を先に食べることを勧めたい。「まず野菜を食べてから、その後に他のツマミを食べるようにすると、野菜に含まれる食物繊維が小腸からの脂質や糖の吸収を抑制し、また食後の血糖値上昇を抑えてくれるのです」

 しかし、この野菜の食べ方にも、気をつけるべき点がいくつかある。「この作用が起きるまでには15分ほどかかりますから、その間は脂っこいものや味の濃いものは控えたほうがいいでしょう。また、野菜サラダにかけるドレッシングには多量の脂質や糖質が含まれている可能性がありますから、野菜スティックを生、もしくは少量の味噌をつけて食べるのがオススメですね。マヨネーズをたっぷりつけるのは禁物ですよ」

 さて、飲んだ後には、どうしても炭水化物を食べたくなるのが、左党の性というもの。しかし、炭水化物、つまり糖質は太る要因なので、基本的にご法度なのかと思いきや……。

「最後にお茶漬けを食べるのは、意外とオススメなのです。確かに太る要因ではあるので、摂取量に注意する必要はあるんですが、お酒を飲んだ際に記憶がなくなるという方には、特にオススメです。記憶障害は、肝臓がアルコール分解に忙しくなって、脳に十分な糖分(エネルギー)が行き渡らなくなった結果、起きるものなのです。炭水化物(糖)を補給してすることで、記憶障害は起きにくくなくなります」

 だが、同じ炭水化物でも、ラーメンの場合は、スープに含まれる脂や塩分が多く、麺の消化吸収も良くないことから、NGとのことだ。

 これらのビール腹対策、さっそく今晩から試してみてはいかがだろうか。個人差が大きいので一概には言えないだろうが、実践すれば、あなたのお腹に変化があるかもしれない。だが、飲みすぎには、くれぐれもご注意を!

 焼くべきか、それとも焼かざるべきか……。

 赤身の肉や魚と同様に、高タンパク・低カロリーなのが卵。竹川氏も、酒のツマミとして積極的に摂ることを勧めるが、卵は火を通してから食べるのがベストだと言う。

「生卵の中には、レクチンという成分が少し含まれています。このレクチンもタンパク質の一種なんですが、これにはビタミン、ミネラルの排出を促す作用があるのです。レクチンは火を通すことによって不活性化されるので、調理したものを食べるのが好ましいでしょう」

 ちなみに、レクチンは豆類に多く含まれている。豆類も立派な酒のツマミだが、こちらは加熱せずに食べることはないので心配は不要だろう。

 その一方で、火を通さないことが推奨されるものもある。それが魚だ。「焼魚も高タンパク・低カロリーで、太りづらい料理の代表である点は同じなのですが、魚を焼くと、魚の脂に含まれるDHAやEPAといった栄養素が溶け出してしまうのです。これらには血液をサラサラにする効果があるので、失われたら、もったいないですよね」(前同)

 ちなみに、DHAやEPAはアジ、イワシ、サンマなどの青魚に多く含まれている。青魚は刺身で食べるのがオススメだ。

]]>
有働アナ「木村拓哉のキス」に我を忘れて大興奮!? https://taishu.jp/detail/27640/ Fri, 28 Apr 2017 16:00:00 +0900 有働アナ「木村拓哉のキス」に我を忘れて大興奮!?

 4月21日放送の『あさイチ』(NHK総合)のゲストは、木村拓哉(44)だった。まずはオープニングで視聴者にあいさつした木村だが、横に立つ進行役の有働由美子アナウンサー(48)が、いきなり冷静ではいられなくなってしまう。木村に向かって「あまり、こっち側に体を傾けないでもらえますか……?」と動揺を隠さず、「やっぱり、何か盛り上がりますね。抑えようと思うんだけど、上がってくるゲップみたいなものがある」と、とんでもない比喩で乙女心を表現した。

 そんな有働アナがひときわ熱くなったのは、木村拓哉の過去のドラマでの名シーンを見たときだった。1996年に放送された『ロングバケーション』(フジテレビ系)での木村と山口智子(52)のキスシーン映像を目にするや「あーっ!」とすごい声を上げてしまう。そして、自らの思いをぶつけるように、有働アナは「このチューは男の優しさだと思うんですよ」「早いでしょ? モタモタしないで、女に考えさせないで。ですよね!?」と木村に質問したのだが、木村は圧倒されながら「そこまで計算してないですけど……」と答えるのが精一杯だった。

 しかし、木村本人がそう言ってるのに、有働アナは無視して「あれ、究極の優しさだと思うんですよ」と、うっとり。「女に迷う隙を与える男が多いじゃない?」「女にも責任を負わせようとして。でも、それがなくてステキだなと思って」と持論を展開し続けてしまう。さすがの木村も「有働さんのそういう時間になりましたね……」と困惑するしかない様子であった。(寺西ジャジューカ)

]]>
V6井ノ原が「本当に生意気だった」と語る“同級生ジャニーズ” https://taishu.jp/detail/27596/ Fri, 28 Apr 2017 15:00:00 +0900 V6井ノ原が「本当に生意気だった」と語る“同級生ジャニーズ”

 4月から始まったTOKIO松岡昌宏のレギュラー番組『二軒目どうする?~ツマミのハナシ~』(テレビ東京系)。これは、松岡が大好きなお酒を飲みながら酒場を巡るという、まさに趣味と実益を兼ねた番組だ。プライベートでも松岡は、1000円でベロベロに酔っ払えることから“せんベロ”と呼ばれる大衆酒場で飲むことが多く、各地に行きつけの店やなじみの飲み仲間たちがいる。

 体育会系で男らしく、気前も良いことで知られる松岡。今でこそ後輩からも慕われるジャニーズの兄貴的な存在だが、実は、ジャニーズに入ったばかりの頃は、かなり“トガった”性格だったらしい。松岡と同じ年で、一年ほど早く事務所に入所していたV6の井ノ原快彦いわく「オーディションで足を組んでいた」「かなり態度がデカかった」「本当に生意気だった」のだとか。

 光GENJIに憧れて事務所へ履歴書を送った松岡は、中学1年生のときにテレビ朝日の第一リハーサル室でオーディションを受けた。松岡は、そのとき会場で机や椅子を並べていたおじさんが、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長だと知って、とても驚いたそうだ。

 オーディションでは、ジャニーさんから何か歌ってと言われ、「THE BLUE HEARTS」の曲を歌った松岡。後日、ジャニーさんから「ユーがいいと思った」と連絡が来たが、「僕は松岡だから、ユーはやめて」と口答え。レッスンに来るように言われると「レッスンはいいから、光GENJIに入れて」と頼んだという。

 入所当時から、すでに肝が据わっていた松岡昌宏。彼が“ジャニーズの兄貴”と呼ばれるのも、納得のエピソードである。

]]>
逃げ恥にミヤネ屋!? 貴族探偵「小ネタ」が大ウケ! https://taishu.jp/detail/27625/ Fri, 28 Apr 2017 12:00:00 +0900 逃げ恥にミヤネ屋!? 貴族探偵「小ネタ」が大ウケ!

 4月24日、相葉雅紀(34)主演の月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)の第2話が放送。本編中に登場した「小ネタ」が視聴者に大ウケだったようだ。

 このドラマは、麻耶雄嵩氏による同名小説が原作。相葉演じる“貴族探偵”が、松重豊(54)が演じる執事、中山美穂(47)演じるメイドら使用人たちに事件の推理を任せ、謎を解く異色ミステリーだ。

 今回の第2話には、随所に「小ネタ」が散りばめられていた。まず、登場人物たちが人気ミステリー作家の別荘を訪れるシーン。メイドの田中がその作家の大ファンだと語り始めると、貴族探偵は「私も田中に薦められて映画を見ました。実につまらなかった」とバッサリ。田中から原作は面白かったと反論されると、「まあドラマや映画は原作よりもつまらなくなるのが相場と決まっているからな」とひと言。この『貴族探偵』というドラマ自体、人気小説の実写化であり、これはまるで“自虐ネタ”とも取れるセリフだ。

 さらに、このセリフに続けるかたちで、田中は「最近では『逃げ恥』の評価は高かったようですよ」とポツリ。実写化ドラマの成功例として、他局の大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)を褒めるようなセリフを述べた。

 また物語中盤、田中がボードにまとめた資料を使い、事件の解説をするシーンでは、資料の完成度に驚いた刑事役の生瀬勝久(56)が「まるで『ミヤネ屋』やね!」と、またも他局の番組『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)を引き合いに出して称賛。続けて、「いや『グッディ!』も頑張ってますけどね」と語り、その裏番組であるフジテレビの『直撃LIVE グッディ!』をフォローした。

 第2話に仕掛けられた細かいセリフネタの数々には、放送中から“ツッコミ”が殺到。SNSには、「実写化の自虐とか他局の番組ネタとか、今回攻めすぎだろ!」「ミヤネ屋あり、自虐ネタありでツッコミどころ満載だな」「貴族探偵、だんだん小ネタ増えてきたぞ」といったコメントが多く上がっており、視聴者には大好評だったようだ。

「最近は、リアルタイムに視聴してツイッターなどで実況的に感想を上げる視聴者が増えてきてます。ドラマ内に登場する“ネタ”は拡散されやすく、話題にもなりやすいので、視聴率にも良い影響を与えているはずです」(テレビ誌ライター)

 5月1日の第3話には、“1000年に1人の逸材”として人気を集めた女優の橋本環奈(18)がゲストとして登場する。次回はどんなネタが仕込まれるのか、そのあたりも注目したい。

]]>
「談志の遺言」を勘違い!? 弟子が秘蔵メモを公開 https://taishu.jp/detail/27631/ Fri, 28 Apr 2017 11:00:00 +0900 「談志の遺言」を勘違い!? 弟子が秘蔵メモを公開

 4月23日、落語家の立川志らく(53)が『ウチくる!?』(フジテレビ系)にゲストとして出演。師匠の故立川談志から受け継いだ自宅で、談志との秘話を語った。

 今回、番組MCの中山秀征(49)や中川翔子(31)は、志らくの自宅を訪問。この家は、談志の娘でタレントの松岡ゆみこ(53)が、談志の死去後は空き家になっていた物件を2014年に人気番組『大改造!!劇的ビフォーアフター SEASON II』(テレビ朝日系)に依頼し、リフォーム。完成後、志らくが家族とともに移り住んでいるという。これについて志らくは「談志の名前を継がずに家を継いだ」と説明し笑いをとっていた。

 家の中は談志の想い出の品も多く、さながら立川談志ミュージアムのよう。松岡も収録に参加し、「私が家主みたいなもん」と発言。現在は、志らくが松岡に家賃を払っている状態だといい、志らくを「店子です」と表現していた。

 驚くMC陣に、松岡は「(志らくは)まだまだ買えないわよ! ここ土地だけで1億円はするから」と明かし、志らくも「(松岡から)“1億円で買ってくれない?”と言われて、“1億は持ってませんよ”と断ったら、“志の輔さんなら持ってるよ”って。じゃあ、志の輔さんに売りゃあいいじゃん!って」と、兄弟子である立川志の輔(63)の名前を挙げた。また、自宅の庭には、談志の愛した八重桜もそのまま残されており、「俺、死んだら、サクラの木にまいてくれって」という談志の願いにより、サクラの木の下に散骨されたという思い出話も披露された。

 さらに志らくは、テレビ初公開だという談志直筆のメモを紹介。談志が亡くなる2か月前にお見舞いに行った際、話せないので「紙とペンをよこせ」と、身振りで指示されて書かれたものなのだが、一見すると解読不可能ななぐり書き。それを志らくは「人生こんなもんだ」と読み解いたと言い、「人生こんなもんだよって。どんなにいばっててもね、芸に対して頑張っても、病気になっちゃうと俺みたいになるんだ」という意味の遺言だと思ったと語った。

 しかし、娘の松岡は「ステレオここに持ってこようか、ステレオならなんでもいい」と解読。志らくも「談志はカセットデッキのことをステレオって言ってたんですよ」と認め、「カセットデッキ持って来い。病室で二人で懐メロ聞いて楽しもうじゃねえか」という意味のメッセージだったようだ、と訂正。志らくは、亡くなってから1年半ぐらいは遺言だと勘違いし、方々でそのように話してしまったと苦笑いしていた。

「立川談志は、今も続くあの『笑点』(日本テレビ系)を企画立案した名落語家。いまだにファンも多く、関連書籍やDVDが発売され続けています。立川家に残るものは、どれも貴重な品ばかり。ぜひ丁寧に保管して、後世に残してほしいですね」(お笑いライター)――師匠の最後のエピソードまで、笑えるオチをつけるあたり、さすがは立川流!?

]]>
【天皇賞・春】長距離を意識した調教で“打倒2強”シュヴァルグラン「中間調教報告 薮中泰人」 https://taishu.jp/detail/27564/ Fri, 28 Apr 2017 08:30:00 +0900 【天皇賞・春】長距離を意識した調教で“打倒2強”シュヴァルグラン「中間調教報告 薮中泰人」

 キタサンブラックVSサトノダイヤモンド。2度目の対決で盛り上がる春の天皇賞だが、今回もサトノに軍配を上げたい。

 キタサンの中間気配に少し違和感がある。前走の大阪杯は貫禄の違いを見せつけたが、レース後のテンションの上がりが今回はかなり激しい。今までの休み明けより仕上がっていたせいなのか。レース1週間後の調教はキャンターが中心だが、馬場入り時はツル首状態になり、唸る感じで入場するほどだ。

 12、13日のCW調教では、追い日ではないのに16-15秒台と速めのキャンター。気合が先走っていた。イレ込み気味の状態が長引くなら調整面に影響が出る可能性がある。雌雄を決する頂上対決だ。ベストの態勢でないのなら今度も遅れを取るだろう。★とする。

 ◎はサトノダイヤモンド。前走の阪神大賞典は乗り込んでいたが、まだ9分程度の仕上がり。それでいてレースは完勝だった。「一度使えばグンと状態がアップする」はスタッフの共通した認識で、実際に気配は相当に上がっている。

 馬体に厚みを加えて、どっしりした感じが出てきたし、本格的な追い切りになった13日の2週前追いでは、追走する形からラスト1F11秒5をCWコースでマークした。この反応の早さが叩いた良化分だ。菊花賞といい、前走といい長距離への適性は現役馬でも屈指。ここが春最後の戦いなら、陣営も万全に仕上げてくるだろう。

 相手本線の○はシュヴァルグラン。阪神大賞典は完敗の2着だったが、昨秋より馬体を絞って動きやすくなっていた。13日のCW追いでは2週前時点でハードに3頭併走。長距離を意識して、さらに馬体に磨きをかけている。昨年の天皇賞が脚を余す形の3着。仕上げに熱が入るわけである。

 まだ底を見せていないシャケトラが▲。折り合いに問題がないのが魅力だ。あとディーマジェスティ、レインボーラインが押さえ。(日刊ゲンダイ大阪記者)

]]>
川田アナ「スイーツ真壁との恋」は本気じゃなかった? https://taishu.jp/detail/27630/ Fri, 28 Apr 2017 08:00:00 +0900 川田アナ「スイーツ真壁との恋」は本気じゃなかった?

 4月20日放送の『ダウンタウンDXDX 春爛漫!公開収録スペシャル』(日本テレビ系)で、“マジで言わせて!”という企画が行われた。これは、この日登場したゲストが、他のゲストに「この際だから言わせてほしい」ことをぶつける内容だった。

 このコーナーでタレントの勝俣州和(52)は、プロレスラーの真壁刀義(44)に「“実は恋に臆病”って気持ち悪いんだよ!」と不満をぶつけた。なんと真壁、あの風体で好きになった女性としゃべることができないというのだ。ちなみに勝俣によると、真壁の好きな女性のタイプは「丁寧な言葉をしゃべる人」。しかも、この日のゲストに真壁の好きな人がいるという。勝俣に背中を押された真壁が明かした好きな人は、なんとフリーの川田裕美アナウンサー(33)だった。

 驚きの表情を隠せない彼女だったが、それにかまわず、川田アナを好きになった理由を説明し始める真壁。「ほら、彼女はスイーツが大好きじゃないですか」と語る真壁の別名は“スイーツ真壁”である。二人は趣味が同じなのだ。そして真壁が「僕の友人が和菓子屋をやってるので、よかったら今度ご一緒にお願いします」と手を差し出し「一緒に食べに行きましょう!」と誘うと、川田アナは照れながらその手を握り返した。川田アナは「スイーツ好きの先輩として憧れていた」と真壁の印象を語り、勝俣から「真壁君は男性としてどうですか?」と問われると「すてきですよね」と断言。これは、カップル成立なのか!?

 しかし放送翌日の21日、川田アナはツイッターに寄せられた、視聴者からの祝福の声に対し「スイーツのお誘いもらっただけなんだけどなぁ…」とつぶやいた。真壁&川田アナがカップル成立したと盛り上がるのは、まだ早計のようだ。(寺西ジャジューカ)

]]>
松本人志、鈴木亜美と「ナンパ婚」夫の手口に憤慨!? https://taishu.jp/detail/27614/ Fri, 28 Apr 2017 07:00:00 +0900 松本人志、鈴木亜美と「ナンパ婚」夫の手口に憤慨!?

 4月21日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、歌手の鈴木亜美(35)が、生後2か月半の乳児と一緒に出演。夫とのなれ初めなどを明かしたのだが、ダウンタウンの松本人志(53)と浜田雅功(53)、坂上忍(49)から反発される場面が見られた。

 今回「本音でハシゴ酒」で、松本ら3人が訪ねた最初の酒場で待っていたのが鈴木だった。一人だけトマトジュースを飲みながら、長男が生まれてからは「かわいくて、毎日が楽しい」と語ったが、浜田から「一番最初、覚えてる? ただのクソガキみたいな感じ(だった)」と、デビュー当時の鈴木について暴露されてしまう。鈴木が「16歳くらいですよね」とうなずくと、VTRで、よく出演していた歌番組『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)の初登場時(1998年7月6日)の映像が流され、16歳でデビュー後、トップアーティストとして活躍を続けたと紹介された。

 坂上が「旦那さんて、どんな人なの?」と、2016年に結婚と妊娠を発表した、7歳年下の夫について聞くと、鈴木は「一般の人、会社員です」と話した。有名人の鈴木と一般男性が、どうやってつきあうようになったのか、不思議そうな坂上に対し、鈴木は「海外に行ったときにナンパされて」と明かすと、浜田は「ようナンパしたな〜」と驚き、松本は「一般の人やけど、なかなかの人やな」と夫の行動に感嘆していた。

 続いて浜田が、夫はそのときに鈴木だと気づかなかったのかと質問すると、鈴木は「7歳年下なんで」と、まったく夫は気づいていなかったと語った。すると浜田は「それはないわ!」と異議を唱え、松本も「それは(夫に)まんまとヤラれてると思うで」と、夫が鈴木だと知らないフリをしてナンパしたのではと疑い、「タレントさんって、自分のことを知らない一般の人が、新鮮でうれしかったりするでしょ?」「そこを見事に突かれた」と推測。さらに、シンガポールのバーで「日本人ですか?」と声をかけられた、と鈴木が話すと、「汚えやり方!」と叫び、夫の家には、鈴木のCDがいっぱいあったはずだと断言していた。

 また、鈴木は芸能人の家族ならではの悩みとして、松本と浜田に「お二人は海とかプールとか普通に行くんですか?」と、子どもを連れたプライベートでの過ごし方について質問。浜田は「(隠れることなく)全然行ってましたよ」と答えたが、松本は自分の家族は「子どもと嫁だけがいる分には気づかれない」が、浜田のような「芸能人(同士の)夫婦はどうしてるのかなって、確かに思う」と語った。

 そして浜田が、家族と外出したときに、写真を撮られるのが「面倒くさい」と言い、松本は「以前に比べれば、一般の人もマナーが良くなってきた。昔は本当にヒドかった」とフォローしたが、浜田は「(今も)あるよ!」と反論。坂上に勝手に撮られた場合はどうするのか聞かれると「“オオイ!”言うて、大きい声で注意します」と答え、鈴木を驚かせていた。

「このあと、“小室ファミリーで仲が良かった人は?”という質問に、鈴木亜美は“友達になることも許されなかった”と暴露していましたね。鈴木はその後、所属事務所とのトラブルで引退の危機を迎えるなど、波瀾万丈の芸能人生を送ってきました。そんな彼女だけに、結婚相手に一般男性を選んだというのは、感慨深いですね」(音楽ライター)――末永くお幸せに!

]]>
千葉雄大の新CMは「ファンを殺しに来てる」!? https://taishu.jp/detail/27612/ Fri, 28 Apr 2017 06:00:00 +0900 千葉雄大の新CMは「ファンを殺しに来てる」!?

 俳優の千葉雄大(28)が出演するグリコ「カフェオーレ」シリーズの新CMが、4月17日から放送されている。このCMに千葉は、“カフェオーレ執事”というキャラクターにふんして登場するが、これが女性ファンの間で大きな話題となっている。

 今回のCMは「わたくし、テレビをご覧の皆さんに、もーっとリラックスすることをお勧めしたい」というセリフとともに、千葉がカフェオーレを取り出し、「ひとゆるみしない?」「ごゆっくり」と甘くささやく、というもの。

 この「ひとゆるみしない?」のときの横目でこちらを見つめるしぐさ、そして「ごゆっくり」と言った後に「ん?」とほほ笑む姿など、このCMでは千葉の“かわいらしさ”が爆発。そんな千葉の表情に、心を射抜かれてしまったファンは多いようだ。「千葉雄大が本気でファンを殺しに来てる! やばいやばい!」「か、かわいすぎるうううう! 思わず部屋で叫んじゃった」「絶対かわいいの分かってるでしょ! 自分の魅せ方が完璧すぎる!」と、SNSには絶賛のコメントが続出している。

「千葉は、女性だけでなく男性までもトリコにしてしまうんです。俳優の綾野剛(35)も以前、彼のことを“かわいすぎる”と絶賛していましたね」(芸能誌記者)

 綾野は、今年1月に出演した『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)で、千葉と寿司を食べたことを報告。「一つ一つのしぐさがたまらなくかわいい! すごいなってくらい、超かわいいんですよ」と語り、「もういくらでも使ってやろうって思った」と千葉への思いを告白していた。

 その愛嬌のあるふるまいから、人に温もりを与える“ヌクメン男子”とも呼ばれている千葉雄大。今回のCMで、さらにファンを増やしそうだ。

]]>
加藤茶「ビル30棟分」ドリフのギャラが破格すぎた! https://taishu.jp/detail/27624/ Thu, 27 Apr 2017 21:00:00 +0900 加藤茶「ビル30棟分」ドリフのギャラが破格すぎた!

 4月21日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)にザ・ドリフターズの加藤茶(74)、仲本工事(75)、高木ブー(84)が出演。人気番組『8時だョ!全員集合』(TBS系)に出演していた頃の秘話を明かし、ダウンタウンの松本人志(53)や浜田雅功(53)、坂上忍(49)らを驚かせた。

 今回「本音でハシゴ酒」で回ったのは池尻大橋界隈で、2軒目の酒場で待っていたのが加藤たちだった。まずはダウンタウンもかぶりつくようにテレビを見ていたという、『8時だョ!全員集合』のスゴすぎる伝説として1969年から1985年までの全803回の放送で、最高視聴率が50.5%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)だったことや、コントから生まれた数多くのギャグやフレーズが紹介された。

 その後、松本が加藤に、エンディングテーマが流れる中で、視聴者に投げかける“歯磨けよ!”や、“宿題やったか?”などの定番フレーズは番組から言わされていたのか、と聞いたところ、加藤は「最初はアドリブで言った」のだが、評判が良かったため、「続けろ」と指示されたと回答。これに松本は「PTAから言わされていたと思っていた」とボケて、笑いを誘っていた。また、じゃんけんの“最初はグー”のフレーズは西部劇のコントで、志村けん(67)と仲本が考えたということや、生放送中に停電したハプニングは、会場に入れなかった客が電源を切ってしまった人災だったことなど、驚きのエピソードが次々と明かされた。

 続いて、加藤は当時「寝ないで遊びに行き、銀座でドンチャン騒ぎしていた」と語り、その頃のギャラを残していたら、「加藤ビルが20から30棟は建ったはず」とコメント。ギャラについて浜田が、リーダーだった故いかりや長介が多かったのか聞くと、仲本が「半分以上」はいかりやが取っていたと答え、さらに「その頃は月給制だった」と、当時のギャラ事情を暴露した。

 そして松本に、仲本が具体的な金額を明かすと、今度は加藤が「ウソだよ〜」と驚く。それに対し松本がなぜ驚いたのか尋ねると、加藤は「(仲本たちより)段違いの金額をもらっていた」と言い、「なんで何にも言わなかったんだ」と不満そうな顔を仲本に向けていた。仲本は金額の違いについて、“それが当然”といった顔をしていたが、ダウンタウンや坂上は二人の間に流れた微妙な空気に慌てた様子で、ドリフのコント終わりに流れるテーマソングを口ずさみながらごまかそうとしていた。

「番組内では具体的なギャラの金額はピー音で隠されていましたが、加藤茶の驚いた表情からすると、かなり格差があったのでしょう。志村けんが加入するまでは、加藤がドリフの看板だったので、他のメンバーも受け入れていたのでしょうね」(芸能誌記者)――グループ結成時、いかりやは加藤に頭を下げて「入ってほしい」と頼んだという逸話があるが、ギャラもそれだけ破格だったようだ。

]]>
マツコ有吉は、“カラコン”久保田アナをいじめたのか? https://taishu.jp/detail/27628/ Thu, 27 Apr 2017 20:00:00 +0900 マツコ有吉は、“カラコン”久保田アナをいじめたのか?

 4月19日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で展開されたトークが、話題になっている。

 この日、マツコ・デラックス(44)がトークの途中に、進行役である久保田直子アナウンサー(35)の顔を凝視し、「あなた、カラコン入れてる?」と質問。「あ、分かりましたか?」と認める久保田アナに、マツコは「もう年なんだからやめたほうがいいよ」とツッコミを入れた。久保田アナは服を脱いだ姿は見せられるが、コンタクトを外した姿は見せられないと、かたくなな姿勢を崩さない。続けて、有吉弘行(42)が「30歳超えてカラコン入れてるおばさんのアナウンサーっているの?」と驚愕するも、久保田アナは「けっこう、みんな入れてます!」と断言した。

 ここで、マツコがあるエピソードを紹介する。以前、スタイリストに「私、テレ朝の女子アナが、カラコン入れてるのが気になるんですよね」と言われたことがあると話したのだ。確かに、久保田アナも「カラコンをしてる女子アナは多いと思う」と証言している。

 そして、久保田アナが「1ミリでも盛りたいじゃないですか」と主張すると、マツコは「ババアが盛ってどうすんのよ?」と反論。その後、有吉が「“きれいなアナウンサー”で(久保田アナの)名前が出てきたことはないし、“個性派”のほうだから、(カラコンを)しなくてもいいんじゃないかと思うんだけど」と意見すると、久保田アナは「アナウンサーになったら頑張りたいじゃないですか」と、自身の思いを述べた。すると、マツコは「話芸で頑張ればいいじゃないの。誰もあなたに目のクリクリさは求めてないんだから」と断言。さすがに久保田アナも「ひどい!」と苦笑いしながら絶叫したが、続いて有吉が「来週、俺がいきなりカラコン入れてきたらどうする? “何やってんだよ、こいつ!”“もっと頑張ることあるだろ”って思うでしょ? それと一緒だよ!」と持論を展開した。結局、この“カラコン問題”については、お互いが譲らなかった。

 このトーク内容は多くの人の印象に残ったようで、ネットで“久保田直子”と検索すると、関連ワードに“カラコン”が出てくる状態にまでなっている。そして、元TBSでフリーの小島慶子アナウンサー(44)も、この話題にリアクション。「え?!誰がカラコン入れようと勝手じゃない?年齢がどうとか、ただの嫌がらせじゃない?ドン引き…」「趣味が違うなら、黙っとけばいいだけじゃないの。なんで年齢を理由に人前で批判するの。それ、普通にやったらいじめだよ。テレビだとなんでもありなのか?」と、ツイッターで自身の思いを発信している。

 さまざまな人の心に痕を残した今回のカラコン問題だが、久保田アナの存在が多くの視聴者の印象に残ったのは事実。さっそく、この日の放送からマツコ&有吉は彼女のことを“カラ子”と呼んでおり、最近めっきり視力が悪くなったという有吉は、番組後半で「これをきっかけにカラコンにしてもいい」と発言。批判の声もあるが、3人のチームワークは良好のようだ。(寺西ジャジューカ)

]]>
小栗旬&嵐「仲良すぎトーク」が大ウケ! https://taishu.jp/detail/27611/ Thu, 27 Apr 2017 19:00:00 +0900 小栗旬&嵐「仲良すぎトーク」が大ウケ!

 毎回、嵐がゲストとさまざまなアトラクションに挑戦し、得点を競う『VS嵐』(フジテレビ系)。4月20日の放送には、ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系)に出演中の小栗旬(34)、田中哲司(51)、野間口徹(43)、新木優子(23)、野崎萌香(27)がゲストとして登場。そんな中で見せた嵐メンバーと小栗の“仲良しぶり”に、ファンが大興奮しているようだ。

 番組中盤、小栗は、限られた足場を使ってゴールを目指す「クリフクライム」に挑戦。その際、司会の谷岡慎一アナウンサー(30)に「仲良しの松本さん、そしてアンケートには“愛している”とまで書いた大野さんの前でのクライミングです」と紹介された小栗は、「大野くんは愛してます」とあらためてコメント。大野智(36)は「ありがとう」と素直にその言葉を受け入れていた。

 一方、“仲良し”と紹介された松本潤(33)は、小栗を「旬」と呼び捨てにしながら、「(小栗が)会話中にいきなり携帯を触り始める」とダメ出し。これに対し、小栗は「もうね、友達やめたほうがいいよ」と笑顔でツッコミを入れていた。

 また番組中、野崎萌香が初めて買ったCDが嵐のデビューシングル『A・RA・SHI』だったと告白した場面では、小栗が「シースルーがたまらなかったってことでしょ?」「シースルー着てるやつですよね?」と当時の嵐の衣装をネタに。ことさら“シースルー”を連発する小栗に、二宮和也(33)は「なんかアイツ、優しくバカにしてくるな」と漏らしていた。

 こういった小栗と嵐メンバーの和気あいあいとしたやりとりに、放送中からファンは大喜び。SNSなどには「小栗くん、もう完全に6人目のメンバー」「なんだこの小栗旬ハーレム」「仲の良さそうな嵐と小栗旬に癒される!」といった感想が多く上がった。

「昨年の正月特番でも、小栗が大野の大ファンだと語る場面がありました。実際にプライベートでも交流が深いようで、嵐のライブでも小栗はたびたび目撃されています」(アイドル誌ライター)

 大好きな嵐のメンバーと共演した小栗旬。彼らの仲の良さが、多くの視聴者を楽しませたようだ。

]]>
峯岸みなみ、AKB48に「居残り」宣言!? https://taishu.jp/detail/27629/ Thu, 27 Apr 2017 18:00:00 +0900 峯岸みなみ、AKB48に「居残り」宣言!?

 4月24日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に、AKB48の峯岸みなみ(24)が出演。自らの進退について、言及する場面があった。

 番組では、AKB48の小嶋陽菜(29)が卒業公演を終えたニュースを紹介。コメントを求められた峯岸は、「にゃんにゃん、AKB史上初、ディオールのドレスめっちゃ似合ってたよ! 私の卒業のときには貸してねー!」と、エールを送っていた。

 また、知人のホストを恐喝した疑いで逮捕された坂口杏里(26)について、「会ったことはなかったんですけど、知り合いづてに、“杏里ちゃんが私(峯岸)の連絡先を知りたいって言ってるよ”っていうのが続いて、会ったこともなかったので、“ちょっとそれはいつか共演したときに”っていうふうに断わっちゃったんですけど……。そのときから芸能の友達とか、同世代の友達とかがあんまりいなくて、寂しいのかなっていうか、友達欲しかったのかなっていうふうに、今思えばそういうふうに感じます」と語った。また、番組後半では再度、「杏里ちゃん、同世代としてすごく心配ですし、最終的に心のよりどころが必要だなって思ったときに、どうしても、小峠さんがなんかまた、救ってくれたらいいんじゃないかなって、私は思っちゃいました」と話し、坂上忍(49)に「あのね、小峠が迷惑だよ」とたしなめられていた。

 さらに、坂上に「そんなことより、ほら。小嶋陽菜ちゃんが卒業されたんですか?」「1期生は、みなみちゃんだけなの?」と問われ、峯岸は「私だけになってしまいました」と返答。坂上が「次(卒業)ですね。いつ?」と続けると、峯岸は「やめて、(ソロになっても)なんか自信もないし、できることもないので、とりあえずいれるだけはいようかな、みたいな」と語った。

 坂上は「君ね、本当にそういうマイナスな言葉大好きだよね。俺ね、こんなネガティブなアイドル会ったことないと思うくらい」と反応。「ある意味ポジティブになったんです、一周回って」と言う峯岸に、坂上は「ぜひ今後とも、遊びにきていただきたいと思います」と締めていた。

「今までAKBの卒業生は、ほぼ20代前半で卒業しましたが、今回卒業した小嶋陽菜は29歳。峯岸みなみは24歳なので、とりあえず小嶋の年齢までは踏ん張るつもりなんでしょう。はたして30歳過ぎまでAKBに所属し続けるかどうか、気になりますね」(アイドル誌ライター)――前例がないからこそ、チャレンジする意味がある!?

]]>
矢口真里「奔放な恋愛観」は、元ヤンの父親譲り!? https://taishu.jp/detail/27626/ Thu, 27 Apr 2017 17:00:00 +0900 矢口真里「奔放な恋愛観」は、元ヤンの父親譲り!?

 4月22日放送の『こんなところにあるあるが。土曜 あるある晩餐会』(テレビ朝日系)に、タレントの矢口真里(34)が出演。不倫スキャンダルが発覚した際に、父親から言われた言葉を、お笑いタレントの今田耕司(51)やHKT48の指原莉乃(24)らに明かした。

 この日は、“どっちが幸せ? どっちが辛い? 親が教師の芸能人と親が元ヤンの芸能人”と題し、10人のタレントがそれぞれの家庭環境を語り合った。その中で、父親が有名な暴走族に所属していたという矢口は、恋愛について「うちは超自由ですね」と仰天発言。すると、それを聞いた今田が「今、(テレビを見ている)世間全員が“なるほどね〜”(と思っている)」とツッコミを入れ、スタジオの笑いを誘っていた。

 恋愛が自由だった理由として、矢口は「お父さんが超プレイボーイで、若い頃にめちゃくちゃモテたんですよ。十数人の女の人(の恋人)がいて、その中から一人選んだのがお母さんだった」と両親のなれ初めを披露すると、スタジオからは驚きの声が上がっていた。そんな父親は血の気が多いらしく、矢口が彼氏とケンカして泣きながら帰宅すると、相手を家に呼び出して娘に謝罪させていたという。

 その後、指原から、2013年に不倫スキャンダルが発覚したときの、父親の反応について質問された矢口は「(父親から)“おまえは自分でケジメをつけてこい”って言われて、離婚に至りました。“そこは自分で学んだのだから、次に生かせよ”という感じで、そんなにガツガツ怒られることはなかった」とその当時の様子を振り返っていた。

「矢口は4月3日放送の『好きか嫌いか言う時間』(TBS系)で、スキャンダルで降板したCMの違約金を少しずつ返済していると話していました。数千万円に上るといわれる違約金ですが、マジメに支払いを続けられているのは、味方でいてくれる父親の存在があるからかもしれませんね」(芸能誌記者)――いろいろな意味で父親の存在は大きかった!

]]>
桐谷&河北「みれまゆ写真」が大反響! https://taishu.jp/detail/27610/ Thu, 27 Apr 2017 16:00:00 +0900 桐谷&河北「みれまゆ写真」が大反響!

 4月24日、桐谷美玲(27)と河北麻友子(25)がそれぞれインスタグラムを更新し、二人のツーショット写真をアップした。

 桐谷がアップしたのは、両サイドの髪を三つ編みにしたおそろいのヘアスタイルの写真。一方、河北がアップしたツーショット写真では、二人ともラフなヘアスタイルに一変。「みれまゆのちょい派手シンプル」とコメントがつけられている通り、服装は落ち着いた色合いのものになっている。

 これらの二人の写真は、23日に発売された雑誌『ViVi6月号』(講談社)の撮影時のオフショットのようで、写真に桐谷は「みれまゆ発売したよー」、河北は「#ViVi #6月号 #見てね」と添えている。

 これまでにも、たびたび投稿されてきた“みれまゆ”写真は、今回もファンに大ウケ。「美玲様がイケメンすぎる!」「みれまゆ大好き」「なんか本当にカップルみたい!」「二人とも好きすぎます!」など、写真が投稿されるとすぐに称賛コメントが殺到した。

「2016年に、二人は東京ディズニーシーに行ったときのプライベートショットをインスタにアップしています。今回の『ViVi』ではそのときのこともインタビューで話していて、今度は二人でハワイに遊びに行きたいそうですよ」(女性誌ライター)

 河北麻友子は、今回の写真に「#相変わらずお仕事とは思えない #楽しすぎる現場」というハッシュタグも添えている。仕事でも、二人は楽しい時間を満喫できたようだ。

※画像は桐谷美玲のインスタグラムアカウント『mirei_kiritani_』より

]]>
川井憲次(作曲家)「映画と完全に同化する音楽を作りたい」 https://taishu.jp/detail/27552/ Thu, 27 Apr 2017 15:30:00 +0900 川井憲次(作曲家)「映画と完全に同化する音楽を作りたい」

 ちゃんと数えたことはないんですが、映画、ドラマ、アニメのBGMを年間だと、500曲くらい作ってるんじゃないかと思います。今回やった映画『イップ・マン 継承』は、エンディングを入れて30曲くらい。スケジュールがそんなにないので、1か月弱くらいで、作りましたね。音楽でもって、映像の流れをリードしていかなければならないので、責任が重いなと、いつも思っています。

 作曲する際は、ふとした瞬間に音楽が、降りてきたっていう人もいますが、僕は一切ないですね。降ってきてほしいですけどね。仕事場で、“やらなきゃ”って思うときだけ。映画だと、映像が出来上がっているので、それを見ていると、この映像がどんな音楽を求めているのかが、だんだん見えてくるんですよ。

 ただ、行き詰まったりすることも当然ありますよ。一番、悩むのが、音楽の立ち位置。登場人物に寄り添うのか、映画の世界観を俯瞰で見るかによって、つけ方が違うんです。例えば、『暴れん坊将軍』でいうと、戦う時に流れる歌は、完全に俯瞰の音楽。

 でも、悲しいシーンには、主人公の気持ちにふっと寄り添う音楽になるんです。それをどっちにするかとかですね。でも、最近、行き詰まったときの解決方法がわかったんです。昼寝したり、YouTubeを見たり、全然関係ないことをするんです。1回、冷静になって見直すと、“なにやっていたんだろう”ってなるんですよ。

 夜中に書いたラブレターを翌朝に見ると、“うっ”ってなるじゃないですか。あれと一緒。ハマると、どんどん視野が狭くなっていって、気持ち悪い音楽になってしまうんです。まあ、終わった後は“もう出つくした”って毎回思いますけどね。でも、新たな仕事がくるので、そうも言ってられないんですけど。

 僕はアーティストではなく、職人なんだと思います。監督のリクエストが一番大事なので、その意に沿う音楽を作りたいんですよね。自分が突出して、映画を台無しにするようなことは絶対にしてはいけない。映画と完全に同化して、作りたいと思っていますから。

 自分のソロアルバムの話もあったんですが、いざ作ろうと思うと、何を作ったらいいのかわからなくて、何も作れないんです。やっぱり、アーティストじゃないですね。

 この仕事をやっていて、楽しいのは“なんだこの音?”って思ってもらえるような音楽を作れるとき。去年、『モブサイコ』っていうコメディアニメの音楽をやったんですが、かなり自由にやらせてもらっちゃいました。チューニングをわざとめちゃくちゃにして、汚い音でグチャーって鳴らすんです。

 新しい楽器とか、新しい奏法とかを作れると楽しいですね。昔やった『リング』というホラー映画のときは、バイオリンを使ってるんですが、きれいに弾いたら、怖さは出ないだろうなと思って、ギーッってバイオリンが壊れるほどの、乱暴な弾き方をしてみたり。ガラスを引っ掻いたような気持ち悪い音で、もはや、音楽というかノイズに近かったですけどね。プロの人に、汚く弾いてくれなんて失礼なお願いはできませんから、自分で弾きましたね。

 曲を作るとき、自分が気持ちよくなることが大事だなと思うんです。そういうときは、上手く出来たときですから。それでしか判断できませんからね。自分を信じるしかない。

 まあ正直な話、仕事が来ればやるし、来なければやらないだけですよ。今年、還暦ですから、なるべく病気をしないように、ストレスなく生きていきたいですね。駅弁とかを買って、それをつまみに、家で缶ビール飲みながら、『ブラタモリ』を見る。これが、一番の楽しみですから。

撮影/弦巻 勝

川井憲次 かわい・けんじ
1957年4月23日、東京都生まれ。バンド活動の後、自宅録音に興味を抱き、CM等の仕事を経て映画音楽の世界へ。映画『機動警察パトレイバー THE MOVIE』、『GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊』などの押井守監督の作品の音楽を手掛け、一躍脚光を浴びる。その他にも、『DEATH NOTE デスノート』、『貞子3D2』(13)などの映画の他、ドラマ『科捜研の女』シリーズや、大河ドラマ『花燃ゆ』などの数多くの有名作品の音楽を手掛けてきた。日本のみならず、韓国や中国が関わる作品にも音楽を提供。今年公開されるハリウッド映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のエンディング曲も担当しており、世界的に活躍している。

]]>
実は命がけ!?「ジャニーズのお家芸」とは https://taishu.jp/detail/27590/ Thu, 27 Apr 2017 15:00:00 +0900 実は命がけ!?「ジャニーズのお家芸」とは

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長は、「もっとも多くのコンサートをプロデュースした人物」としてギネスブックに認定されている。他にも「もっとも多くのナンバーワン・シングルをプロデュースした人物」というギネス認定を持っている。

 そんなジャニーさんが手がける舞台には、ジャニーズの“お家芸”と呼ばれる演出がいくつもある。その中で、もっともポピュラーなのが“フライング”、別名“宙乗り”だろう。吊し用ワイヤーと連結するハーネスという器具を装着し、ワイヤーで演者を一瞬にして地上7メートルへと引き上げる技術だ。この技術をふんだんに使ったジャニーズの代表的な作品といえば、KinKi Kids堂本光一の主演ミュージカル『Endless SHOCK』シリーズがある。この舞台で光一は、通常のフライング以外に、布を腕に絡みつけ、腕の力だけで体を支えながら自在に宙を舞う“リボンフライング”も披露している。これは、尋常ではない筋力が要求される技だ。

 アクロバットが売りの五人組、A.B.C-Zも、ジャニーズならではのダイナミックな演出を得意としている。彼らはハーネスをめったに使わず、メンバー二人がお互いの腕を持って回転したり、逆さまに吊られた状態で両手を離したりと、他のグループにはマネのできない技を披露している。東京ドームでは、高さ15メートルでのフライングにも挑戦したことがある。

 そのA.B.C-Zは、世界的なサーカス集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」でおなじみの“エアリアルティシュー”(空中演技)にもトライしている。これは命綱なしで、布を体に巻きつけて空中で行う演舞だ。エアリアルティシューには、嵐の相葉雅紀も、嵐のコンサートで行われるソロコーナーで挑戦し、成功させている。

 フライング一つ取っても、ただ単に飛ぶだけではなく、美しさや技を極めていくのがジャニーズならでは。これからも進化し続けるであろうそのパフォーマンスは、一見の価値あり。テレビでは目にできない、生の迫力を味わえるはずだ。

]]>
杏里の転落は「ジェット尾崎に責任」東国原が断言 https://taishu.jp/detail/27591/ Thu, 27 Apr 2017 11:00:00 +0900 杏里の転落は「ジェット尾崎に責任」東国原が断言

 4月21日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、知人のホスト男性から現金3万円を脅し取ろうとして、恐喝未遂容疑で逮捕された“ANRI”こと坂口杏里容疑者(26)のニュースを紹介。元衆議院議員でタレントの東国原英夫(59)らが、苦言を呈する場面があった。

 番組では、今年1月に杏里に単独インタビューした際、「(セクシー女優になって)収入は3桁(100万円以上)に上がった」「(ホスト遊びでは)そんな高額は使わないです、もう安く……」「(ホスト遊びでの借金は)まったくない」と語っていたことが伝えられた。

 さらに、事件を受けて歌舞伎町で働くホスト男性たちにインタビューを実施。「朝方泣きながら歩いていたらしい」「ひと晩で何百万も使ったらしい」「見栄っ張りで派手に飲んでいた」「ツケが多すぎて、出禁をくらったってのは、けっこう有名な話」「お店に相当な借金があった」という噂がVTRで紹介された。

 スタジオに戻り、司会の坂上忍(49)が「東さん、なんかこう、嘘って言うんですかね。一つ一つ重ねていってしまう。正直に一回なるってことはできないですかね?」と、コメントを求めると、東国原は「そこですよね。お母さん亡くなって、ショックなのは分かります。それでね、ちょっと甘えてるんじゃないかなって思う。ご両親亡くしてね、立派に生きてる若者いっぱいいますよ。そういう人たちをモデルにして、ここが立ち直るチャンスだと思う。これ以上いったらエスカレートしていくから、ここで歯止めをかけて、こっから立ち直るかどうか。でね、サポートも必要だと思うんですよね。誰か大人のね」と話した。

 タレントのピーター(64)が「(母親の坂口良子さんは)結婚なさったわけでしょ? 義理のお父さんがいるわけでしょ?」と問うと、東国原は「(尾崎)健夫さんが義理のお父さんなんですけど、僕は健夫さんにも責任があると思います。はっきり言って」と断言。坂口の義理の父親である、プロゴルファーの“ジェット尾崎”こと尾崎健夫(63)の名前を挙げ、「健夫さんも、なんか力になってあげるとか、そういうことしないかなって思いますけどね」と批判した。

 それに対し、演歌歌手で女優の仁支川峰子(58)が、「しようと思ってても、たぶん彼女が、杏里ちゃんが健夫さんのこと、あんまり好きじゃないんじゃないですか?」と疑問を呈した。だが、それでも東国原は「(好きじゃない)と思いますよ。ただ10年ぐらい内縁でしたからね、ずっとね。事実上お父さんだったわけじゃないですか。健夫さんもちょっとね、見えてこないんですよ、援助とか補助がね」と批判を続けていた。

「坂口良子と尾崎健夫は、坂口杏里と兄を気遣って、10年以上事実婚状態だったことはよく知られた話です。また、母親が末期がんにかかっていたことを、尾崎が隠していたため、杏里は尾崎を憎んでいたこともあったそうです。母の死後は、尾崎との関係を修復したと話していましたが、そこまで親しくはなかったようですね」(芸能誌記者)

 26歳の義理の娘を、いつまで面倒みるべきかについては、ネット上でも議論を呼び、東国原の意見を批判する声も少なからず上がっている。坂上は「これ以上落ちてしまうと、おそらくテレビとかマスコミも扱わなくなるでしょ。これ扱わなくなったら、本当終わっちゃうから」と心配していたが、坂口杏里はこのまま終わってしまうのだろうか!?

]]>
当時の秘話満載!懐かし「青春アイドル」は今 https://taishu.jp/detail/27638/ Thu, 27 Apr 2017 08:00:00 +0900 当時の秘話満載!懐かし「青春アイドル」は今

 あの頃、君は若かった――。熱くて青かった時代を、一緒に駆け抜けた美のシンボルたちを、本誌は追った!

 読者の皆様の青春を彩った懐かしの美女たちは、今、どこで何をしているのか!? 鮮烈に輝く思い出をプレイバックしながら、彼女たちの現在に迫った!

 今年の4月7日、1993年に統一教会の合同結婚式に参加し、芸能界からフェードアウトした桜田淳子(59)が、銀座博品館劇場でのコンサートに出演、復帰を果たした。13年のデビュー40周年記念コンサート以来3年ぶり、ファンにとっては待望だが、世間の風当たりは強い。

「当日は会場前に多くの取材陣が詰めかけましたが、桜田は会釈したのみで生声は聞けず。コンサートの数日前に、全国霊感商法対策弁護士連絡会が、復帰への反対声明を出しましたが、やはり彼女の“統一教会の広告塔”という強烈なイメージは拭えないようですね」(ワイドショー関係者)

 反対声明が出てもなお、復帰を目指す理由を、「子育ても落ち着いたし、芸能界の仕事がしたいのでしょう」と言うのは、芸能レポーターの石川敏男氏だ。「桜田は以前から、サンミュージックの故・相澤秀禎元会長には復帰について相談していたんです。ですが、相澤さんは“カムバックするなら全面的にバックアップするが、統一教会は辞めること”と譲らなかった。彼女が公の舞台に出始めたのは、そんな相澤さんが亡くなってからです。一方で、霊感商法の被害者が増えることを危惧する弁護士連絡会の気持ちは分かりますが、今回の観客は数百人と、大騒ぎするほどの数ではありません。目くじら立てるほどではないのでは、とも思います」

 石川氏は、「今後も年に数度かは出て来るかもしれない」と話すが、これだけ動向が注目されるのは、やはり彼女が“青春のスター”であるからに他ならない。桜田がデビューしたきっかけは『スター誕生!』(日本テレビ系)だが、同番組は国民的スター・山口百恵(58)も生み出している。

 最近は、堀北真希が結婚からほどなく引退したことで、「百恵さんへの憧れか!?」との報道が出たほど、その影響力ははかりしれない。百恵の引退前後には、彼女を巡るパパラッチ事情は、激化していった。「港区赤坂の霊南坂教会での結婚式取材には、少ない取材枠を巡って、各社記者30人以上を並ばせたり、自宅のゴミ袋をあさってゴミを掲載した写真誌もありました」(女性誌記者)

 長男の入園式に向かう三浦家の車を報道陣が取り囲んで撮影した際には、彼女が車を降り、カメラマンを平手打ちしたこともあったという。そのように取材が過熱した理由は、引退後、彼女が一切、公に姿を見せなかったからだろう。

「百恵さんは、絶対に復帰しないという芯の強さを持っていました。でも、家ではホームパーティの際などに、持ち歌を披露しているようですよ。最近の心配の種といえば長男の祐太朗。歌手としてパッとしないのを気にしてか、数年前に宇崎竜童夫妻に長男のCDを渡し、“よろしくお願いします”と売り込む姿が目撃されています」(女性誌デスク) スターも人の親なのだ。

 4月21日に乳がんで、この世を去った田中好子さん(享年55)の七回忌が控えていることで、最近、話題なのが元『キャンディーズ』の伊藤蘭(62)、藤村美樹(61)の現在だ。「ミキは、引退して本当に普通の奥さんになった。だから近所でゴミ出しする姿が目撃される程度。ランは女優としてコンスタントに活動中ですが、注目は私生活です。夫の水谷豊とは、もうすぐ結婚30年にもかかわらず、人混みで手をつないで歩くほどラブラブ。水谷はもともと彼女のファンでしたし、今でも当時の呼び名“ラン様”と呼ぶこともあるそうです」(前同)

 今も根強い人気を誇るキャンディーズには、当時の人気を象徴するこんな逸話がある。キャンディーズ関連書籍に携わったことがある芸能ジャーナリストの西田大志氏が話す。

「解散後、彼女たちの慰安旅行先の海外まで、『ザ・ベストテン』(TBS系)が衛星電話をかけ、その声をお茶の間に届けようと試みたんです。放送当日に回線がうまくつながらないことを危惧し、なんと前日から24時間、ずっと電話をつなぎっぱなしにしていたそうです。当時の国際電話代ですから、かなり莫大なはず」 電話は無事つながり、3人の晴れやかな声が、お茶の間に届いたそうだ。

 キャンデーズと双璧をなしたアイドルといえば『ピンク・レディー』だろう。81年3月31日の解散コンサート後、何度も再結成したが、11年を最後に未唯mie(59)と増田恵子(59)、2人が揃うことはない。「“懐かしのヒット曲”系の番組にも、ケイのみ出演が多い」(前出の西田氏)というが、その理由は、2人の仲の悪さにあるという。

「子どもから大人まで、みんな振付を覚えるほど国民的人気を誇った彼女たちですが、あれだけ売れて残ったのは、家1軒だけ。驚くほど安く働かされていたのは有名な話です。78年には紅白を辞退し、裏番組『ピンク・レディー汗と涙の大晦日150分!!』(日テレ系)で勝負したが、視聴率8.2%と惨敗。そのあたりから2人の仲に亀裂が入ったようです」(前出の女性誌記者)

 それでも、何事もなかったように活動していたのは、2人のプロ根性のなせるわざと言えよう。

 “永遠の白雪姫”こと天地真理(65)は、その近況が週刊誌に掲載されるたび、波紋を呼んでいる。「15年には『週刊新潮』が高齢者向け住宅に住む天地を直撃取材。“1か月の家賃14万円、食費4万円をファンクラブが出す”“今、蓄えはない”などの“老後破産”を想起させるコメントを掲載し、これにファンクラブが激怒。ファンサイトで抗議文を掲載しました。天地を傷つけまいとするファンに守られています」(前出の記者)

 他にも彼女は、「以前から1年に数回イベントをやっていますが、マスコミは完全シャットアウトしている」(西田氏)という。「メディアから姿を消してからは、都市伝説めいた話がたびたび浮上した彼女。“雄琴の夜のお店で働いているのを見た”“入院し、院内で色恋沙汰があった”など、心ない噂が何度も浮上しました」(元女性誌記者)

 どれほど外見が変化しても、どんな噂が流れようとも、根強いファンがいるのは天地の底力と言えよう。

 70年代には、アイドルの駆け落ち騒動がいくつか起こっている。まず名前が挙がるのは、70年に映画『高校生ブルース』で主演デビューし、15歳とは思えぬ度胸たっぷりのセクシーショットを披露した高橋惠子(62)だろう。現在は落ち着きのある役が多い彼女だが、「73年の映画『朝やけの詩』では、一糸まとわぬ姿で湖を泳ぐシーンがありました。撮影隊にはお尻を向けた構図でしたが、対岸から望遠レンズで狙っていた週刊誌もあったんですよ」(元週刊誌カメラマン)

 体当たり演技も辞さぬ女優・高橋に異変が起こったのは、その4年後。自殺未遂を起こし、女優業を休業、岐阜県の山奥に籠もったのだ。

「そこに一緒にいたのが、作家の河村季里でした。マスコミは“駆け落ちした”と湧き立ち、高橋を追い、名古屋駅に大集結。あまりの人混みに、実は僕、彼女が乗り込んだタクシーに押し込まれて一緒に乗ってしまったんです。高橋に、“あなた、誰!? 降りなさい!”と、すごい剣幕で言われたことを覚えています」(ワイドショー関係者)

 ようやく復帰したと思われた79年、舞台をドタキャンし、再び河村と2人でタイへ逃避行したことも、世間に衝撃を与えた。「当時の女優は、今以上に事務所やイメージに縛られ、自由がなかった。だから弾けてしまうんでしょうね。現在は、竹中直人夫人として家庭を支える木之内みどり(59)も、そんな一人。駆け落ちの相手は既婚者だった作曲家の後藤次利で、仕事を放り投げて彼とともにアメリカに飛びました。帰国すると、そのまま引退会見をしたのだから、潔いと言うか、なんと言うか」(前出の元女性誌記者)

 さて、前述のように、清純なイメージで固められていた70年代アイドル。だが、それゆえお茶の間はギャップのある噂を楽しんでいた。その恰好の餌食となってしまったのが岡田奈々(58)である。77年、自宅に暴漢が押し入ると、彼女は手のひらを切りつけられ、30針を縫う重傷を負うという衝撃的な事件が起きた。

「本人はその後の会見で、“朝まで犯人を説得して(手のひらのケガ以外は)無事だった”といったことを話しました。しかし、マスコミは大騒ぎ。朝まで一緒なら“手のケガだけでは済まなかったのでは……”という下世話な憶測もありましたね。結局、犯人は逃走し、そのまま時効。真相は藪の中ですがね」(元写真週刊誌カメラマン)

『おくさまは18歳』でトップアイドルとなった岡崎友紀(63)にも、こんな都市伝説があるという。「78年にソニー創業者の子息と結婚しますが、結婚前に2人が泊まった高級ホテルの従業員の間でささやかれていた噂があるんです。宿泊後の部屋がグチャグチャの荒れ放題で、床には、“アレ”も落ちていたというんですけど……」(前出の女性誌記者)

 現在、環境保護活動などを熱心に行っている岡崎。そんな彼女が、荒れ放題の部屋をそのままにして、チェックアウトするとは信じられない話なのだが……。

『ウルトラセブン』のアンヌ隊員として、その抜群のスタイルと美貌で、世の男をトリコにしたひし美ゆり子(69)には、本人の耳にも届いてしまうほどの噂があった。

「デビューしたばかりの頃、東映の楽屋で俳優Yとコトに及んでいた、というトンデモ話です。ひし美本人はツイッターで、きっぱりと否定していました」(西田氏)

 彼女は、15年のNHK朝ドラ『まれ』に出演。変わらぬ美貌と、さらに増した色気を見せつけている。

 アイドル歌手として70年代の音楽史に欠かせない倉田まり子(56)は、85年に詐欺で逮捕された投資ジャーナル社会長の愛人疑惑が取り沙汰されたことがきっかけで、芸能界引退に追い込まれてしまった。「会長が被害者から騙し取った金で、世田谷に高級一軒家を建ててもらったと噂されていました。本人は記者会見で否定しましたが、そのまま引退。それまで、とても真面目で評判が良かっただけに、記者たちは皆、信じられない残念な思いでいっぱいでしたね」(女性誌記者)

 引退後は、キャリアカウンセラーとして大学の特任講師などを務め、就職活動に特化した本を出版するなど、第二のキャリアを順調に歩んでいる。

 清純アイドルが主流の中、奔放なプライベートを隠そうとしなかったのが秋吉久美子(62)である。「“プッツン女優”の走りでしたね。急に沖縄に移住したり、素性の知れない若い男と住んだり。ですが、それでもやっていけるだけの美貌が彼女にはあった。ベッドシーンでは、純白の肌が上気して、徐々にピンク色に染まっていったそうです。そんな奇跡の瞬間を見たら、誰も文句を言えません」(映画関係者) 彼女は、現在も変わらぬ美しい白肌で、マイペースに女優業を行っている。

 さて、この4月、うれしいサプライズの一報が入ってきた。『女囚さそり』でおなじみの梶芽衣子(70)が、同作をリスペクトした4月21日スタートのドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系)に、レギュラー出演するというのだ。「あの鋭い眼光と美貌、彼女は僕たちの永遠のアイドルです。『鬼平犯科帳』の密偵役もいいですが、現代版さそり、楽しみです!」(元女性誌記者)

 ファンにとって、青春のアイドルは永遠の存在なのだ。

]]>
新CM「優しすぎる山田孝之」がヤミツキ!? https://taishu.jp/detail/27597/ Thu, 27 Apr 2017 07:00:00 +0900 新CM「優しすぎる山田孝之」がヤミツキ!?

 日本コカ・コーラの缶コーヒー、ジョージアの新CM「やさしいオレ」篇が、4月11日から公開されている。CMには俳優の山田孝之(33)がフラメンコダンサーとして出演。その個性的なキャラクターに夢中になる人が続出している。

 11日から発売となった、“カフェインレス”と“カロリーオフ”が特徴の新商品「やさしいカフェオレ」をPRするこのCM。公園でこの商品を手に持った女性が、「なによ“やさしいカフェオレ”って」とつぶやくと、フラメンコギターをバックに、情熱的なダンスを踊りながらヒゲモジャ姿の山田が登場。ギターの音色に合わせて、「フン! フン!」と激しくフラメンコを踊る山田は、女性に顔を近づけると、「オレ!」と叫ばずに「オレ……」と優しくささやく。

 このCMで見せる、山田のキレキレのフラメンコと、「オレ……」のときの柔らかな表情のギャップがネットで大好評。公開後、SNSには「山田孝之の“オレ”がほんとツボ!」「“オレ”のときの笑顔が破壊力すごい!」「“オレ”の優しい言い方が頭から離れない」と、称賛のコメントが多く上がっている。

「山田孝之はすっかり“ジョージアの顔”になりました。日本コカ・コーラは、2016年度の『企業別CM好感度ランキング』で、au、ソフトバンクに続く第3位に位置しているんですが、山田の貢献度も大きいのではないでしょうか」(広告代理店関係者)――次はどんなキャラクターで楽しませてくれる?

]]>
「賞金12億円」北島三郎の愛馬は“事務所の稼ぎ頭”!? https://taishu.jp/detail/27592/ Thu, 27 Apr 2017 06:00:00 +0900 「賞金12億円」北島三郎の愛馬は“事務所の稼ぎ頭”!?

 4月20日放送の『ダウンタウンDXDX 春爛漫!公開収録スペシャル』(日本テレビ系)に演歌歌手の北山たけし(43)が出演。師匠であり義理の父親でもある、演歌歌手の北島三郎(80)の愛馬、キタサンブラックについて語り、ダウンタウンの松本人志(53)と浜田雅功(53)らを驚かせた。

 今回の番組は、年に1度の沖縄での公開収録で、芸能人たちの自宅や朝食、夜の顔について捜査して私生活を暴くというもの。まずは“芸能人のこだわりルーム”というテーマで、北山の楽器部屋をVTRで紹介。ピアノ、大正琴、ギター、尺八に続いて、北山が「大事な宝物」だと公開したのは、北島からもらったロンジンの高級腕時計で、なんと2016年11月27日に行われた競馬のG1レース『JAPAN CUP』で北島の愛馬、キタサンブラックが1着になった記念の副賞だった。

 スタジオにカメラが戻ると、浜田から「あの時計、なんでおまえがもらえんの?」とツッコミが入り、北山は「今日はつけてきてるんですけど」と腕時計を出演者たちに披露。タレントの勝俣州和(52)が「これには値段がつかないですから」と興奮すると、松本が「これね、視聴者プレゼントということで」とボケて出演者たちの笑いを誘っていた。

 続いて浜田が「キタサンブラックの獲得賞金は12億円」と紹介すると、北山は「キタサンブラックが活躍してまして、事務所の1番の稼ぎ頭です」と言い、浜田らを爆笑させた。さらに、北島がレースの応援に行くときには、ゲン担ぎのルーティンがあるとして、「レース前に同じホテルの同じ部屋に泊まり、同じちゃんこ屋で食事して、次の朝、同じハイヤーでレース場に向かう」と紹介。さらに「ハイヤーは運転手を指名していて、その人の名前が“金の馬”と書いて金馬(こんま)時男さん」だと話してゲストたちを驚かせた。これに松本が「最初はたまたまやったん?」と聞いたところ、北山は「金馬さんの運転で行ったとき、初めてG1を制覇して、そこからは毎回(指名している)」と話していた。

「キタサンブラックは2015年10月の菊花賞で、初めてG1レースに勝利し、その後は8戦で4勝し、2着2回、3着2回と、抜群の安定感を誇っています。4月30日に行われる天皇賞(春)では、レース史上4頭目の連覇と、G1レース5勝目を狙っている、今、一番の注目馬です」(競馬記者)――優勝して、また北島三郎に『まつり』を歌ってほしい!

]]>
櫻井翔、キスマイ玉森の「ダサい走り方」にあきれ顔 https://taishu.jp/detail/27598/ Wed, 26 Apr 2017 19:00:00 +0900 櫻井翔、キスマイ玉森の「ダサい走り方」にあきれ顔

 4月20日放送の『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)に、Kis-My-Ft2の玉森裕太(27)が出演。自身の走り方を見せたところ、お笑いタレントの有吉弘行(42)や嵐の櫻井翔(35)、さらに俳優の中尾彬(74)や藤原竜也(34)にまで酷評されてしまう場面があった。

 この日の玉森は、“ジャニーズらしからぬ悩み”と題し、自身の悩みをランキング形式で告白し、第1位を「走る姿がカッコ悪い」と発表した。これについて玉森は、ドラマの撮影で監督からダメ出しされたエピソードを紹介した。

 監督は当初、玉森が走るシーンを1カットで撮ろうと提案したのだが、撮影を終えた玉森が、監督のところに行くと「ちょっとカットを割らせてほしい」と言われ、「なんかありました?」と理由を問うと、「あのちょっとね、走り姿がダサかったんだよね」と言われてしまったという。なんと玉森の走り方がかっこ悪かったため、カットを割って編集せざるをえなかったのだ。

 これを聞いた中尾は「それは監督がおかしいんだよ。だって役によって走り方が全部違うんだから!」と、玉森を擁護。しかしその後、玉森の50m走と50mハードル走のVTRが流されると、そのあまりにお粗末な姿に出演者たちからどよめきが起こり、有吉は笑いながら「これはダサいね! 女の子みたいじゃない?」「ひどいね」とコメント。さらに藤原も「ひどいよ、玉ちゃん」とツッコミを入れ、櫻井も「想像以上でしたよね」とあきれ顔。最初は玉森を擁護していた中尾も「撮り直しだね」と、自身のコメントを訂正していた。

「玉森の走り方は、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の“運動神経悪い芸人”企画に出演できるほどのレベルでしたね。ただ、ファンにとってはそれもまた魅力のようで、“ある意味ギャップ”など、肯定的な声がネットに上がっていましたよ」(芸能誌記者)――アイドルは何をしてもかっこいい!?

]]>
『人は見た目』奇抜な演出が「気持ち悪い」!? https://taishu.jp/detail/27578/ Wed, 26 Apr 2017 18:00:00 +0900 『人は見た目』奇抜な演出が「気持ち悪い」!?

 ドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)の第2話が4月20日に放送された。第2話では、主人公の“女子モドキ”研究員・城之内純(桐谷美玲/27)が、榊圭一(成田凌/23)に恋をする場面が描かれたが、そのシーンの演出が「怖すぎる」と話題になっている。

 第2話のテーマは「パーティファッション」。結婚式に参加することになった純は、さっそく「パーティファッション」を研究し、ドレスアップを画策する。しかし、全身をすべてそろえても地味だったため、今度はヘアメイクすることに。純は人気美容室「ルーチェ」を訪れ、そこで美容師の榊と出会う。しかし、純は男性に髪を触られることに抵抗があり、結局髪を切らずに店を飛び出してしまう。

 その後、榊は、髪を切らなかった純に代金を返そうと再会。ここで榊は、純の髪に触り「キレイな髪ですね」「とてもステキです」とべた褒めする。そんな榊の甘い言葉に、純は見事に恋に落ちてしまう。

 話題となったのは、この「恋に落ちた」シーンの演出だ。リアルな銃声が響くと、純の胸元にはハート型の穴が。さらに、そこからピンク色の血液がどろりと流れ出したのだ。まさに、“ハートを撃ち抜かれた”ことを表現した演出だった。

 しかし、この演出は、視聴者には大不評だったようだ。「怖すぎる」「演出の意図は分かるけど、おぞましすぎるでしょ」「純粋に気持ち悪い。見るんじゃなかった」「撃たれるシーンでビクッてなった」「ピンク色の血が流れるシーンがヤバすぎ! スタッフ病んでるでしょ!」と、SNSには批判の声が次々に上がった。

「今回の演出は、“女子モドキ”3人のコメディが見たかった視聴者には、ちょっと刺激が強すぎたのかもしれません。ただ、それだけ強い印象を与えたのも確かですから、ある意味、大成功でしょう。今後も大胆な演出に期待したいですね」(テレビ誌ライター)

 このドラマで演出を務める3名は、過去に特徴的な作品を残している実力派。品田俊介氏と永山耕三氏の両名は『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)を担当し、もう一人の松山博昭氏は、映画『ライアーゲーム』の監督を務めている。いずれもインパクトのある演出に定評のある人物たちだ。

『人は見た目が100パーセント』第2話は、平均視聴率が6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と振るわない結果に終わっている。今後も「攻めの演出」で、視聴者を驚かせてほしいものだ。

]]>
「母ちゃんみたい」宮崎あおい“新CMの髪型”が大不評!? https://taishu.jp/detail/27593/ Wed, 26 Apr 2017 17:00:00 +0900 「母ちゃんみたい」宮崎あおい“新CMの髪型”が大不評!?

 キリン「午後の紅茶」の新CM「午後の紅茶 ひとやすみ 17春」篇が4月20日から公開された。このCMに出演している女優の宮崎あおい(31)の髪型が、話題を呼んでいるようだ。

 今回の新CMは、海外の混雑する駅のホームで、宮崎演じる女性がペットボトルの紅茶を飲んで一息つく、というもの。BGMには、名作アニメ『一休さん』のテーマ曲『とんちんかんちん一休さん』のカバー曲が使用されており、宮崎も「慌てない慌てない、一休み一休み」と、おなじみのセリフを披露。最後はゆっくりと「午後の紅茶」を飲み、「紅茶でないとね」とつぶやく。

「これまでロングやショートボブといった髪型が多かった宮崎が、今回のCMでは耳をすべて出してしまうほどのベリーショートにしています。今回のCMの雰囲気と合っているように思うんですが、宮崎ファンの間では不評みたいですね」(芸能誌ライター)

 ネットではCM公開後、主に男性と思われるファンから「新しい髪型が残念」という感想が続出。「俺のあおいちゃんが……似合ってないってレベルじゃない」「宮崎あおいが俺の母ちゃんみたいになってしまった」「おばちゃんっぽいぞ」といったコメントが多数上がっていた。

 思わぬ不評を浴びてしまったが、宮崎あおいのベリーショート姿はかなり貴重。今後目にする機会はないかもしれないので、しっかり堪能しておくべし!?

]]>
加藤紗里「借金頼まれた」坂口杏里に反論 https://taishu.jp/detail/27595/ Wed, 26 Apr 2017 16:00:00 +0900 加藤紗里「借金頼まれた」坂口杏里に反論

 4月23日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に、タレントの加藤紗里(26)が出演。ビデオ女優に転身した“ANRI”こと坂口杏里(26)から借金を申し込まれたことについて、爆笑問題の田中裕二(52)や太田光(51)、タレントの西川史子(46)らに明かす場面が見られた。

 番組では4月19日に、知人でホストの男性から現金約3万円を脅し取ろうとしたとして恐喝未遂容疑で逮捕され、21日に釈放された坂口について紹介。これに西川は「度を越えたバカだなって言うのは簡単なんですけど、顔がどんどん変わってきてね、整形したりとか。いろいろ悩んでいたんだろうなっていうのはすごく思う」と坂口に同情し、「これから先、誰がどうやってこの子を支えていくんだろう」と、坂口の今後について心配した様子を見せていた。

 次に田中が加藤に、以前、“坂口に数十万円の借金を申し込まれた”と報道されたのは事実かと確認したところ、加藤は「そうですね。はい」と回答。続けて「でもその、(坂口との)LINEのやりとりとか、別に誰にも見せてないのに、なんでこの記者、知っているんだろうってびっくりしたんですよね」と話し、情報が記者に漏れていたことに驚いた様子を見せた。

 さらに太田から、坂口と知り合った経緯について聞かれた加藤は、“2016年の年末にテレビ番組で共演したとき”だと回答。そして「その3日、4日後くらいに(金を)貸してって言われたんです。悩んだ結果(金は)貸さなかったです」と、知り合ってすぐに借金を申し込まれたと明かした。また、坂口がテレビ番組で「(加藤と)二人で豆乳パーティはしたが、お金は借りてません」と言ったことについては、「豆乳パーティもしてないですよね」と否定。現在の坂口とは「何度もお金のことを言われたら、(連絡)とりづらくなるじゃないですか」と語っていた。

「“坂口杏里が加藤紗里に借金を申し込んだ”という報道については、坂口が否定していて、二人の間で“した、しない”のバトルとなっていました。加藤は4月24日放送の『バイキング』でも同じ話をして、LINEの文面を公開しました。最近これといった炎上ネタのない加藤にとっては、いい話題作りになったでしょうね」(芸能誌記者)――西川のように、坂口の今後を心配する声も多く聞かれる。まずは金銭トラブルが、穏便に解決されることを願いたい。

]]>
キスマイ宮田、鼻が大きいのは生田斗真のせい!? https://taishu.jp/detail/27588/ Wed, 26 Apr 2017 15:00:00 +0900 キスマイ宮田、鼻が大きいのは生田斗真のせい!?

 まもなくデビューから丸6年を迎えようとしている、Kis-My-Ft2。現在、グループで『キスマイレージ』(テレビ朝日系)と『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)の地上波レギュラー番組2本に出演中だ。4月期ドラマには、藤ヶ谷太輔が『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系)に、玉森裕太が『リバース』(TBS系)に出演。グループでもソロでも、メンバーたちはそれぞれ活躍の場を広げている。

 以前は“グループ内格差”を訴えていた千賀健永、二階堂高嗣、横尾渉、宮田俊哉の四人も、グループ内ユニット「舞祭組」として、今では人気を博している。舞祭組としてリリースした4枚のシングルCDは、いずれも週間売り上げランキングで1位、2位を獲得するほどの好調ぶりだ。

 そんなキスマイメンバーの中でも、“マザコン”“アニメオタク”という、アイドルらしからぬイメージを前面に押し出してきた宮田は、実は国士舘大学政経学部経済学科卒のインテリだ。幼い頃から、母親に「あなたはカッコいい」と褒められて育った宮田。今でも母親とは一緒に寝ており、手をつないで歩くこともできると豪語している。母の誕生日がクリスマスなので、いつも宮田はサンタの格好をして「誕生日プレゼント兼クリスマスプレゼント」をあげているそうだ。

 そんな宮田がジャニーズに入って「カッコイイ!」と思ったのが、ハッキリした目鼻立ちが印象的な生田斗真だった。初めて生田を見たとき、特にその高い鼻にひかれたという宮田は、その日以来、少しでも鼻が高くなるように、自分の鼻の両脇を指でギュッと挟んで高くしようとしていたらしい。しかし、鼻は高くならず、本人いわく「人の1.5倍デカくなった」のだとか。

 生田とは違うが、宮田の鼻もファンにとってはチャームポイント。なにより、柔和で優しげな雰囲気が、宮田俊哉最大の魅力だろう。

]]>
鈴木奈々“一般人への暴言”は「炎上目的」? https://taishu.jp/detail/27570/ Wed, 26 Apr 2017 11:00:00 +0900 鈴木奈々“一般人への暴言”は「炎上目的」?

 AbemaTVで放送された『必殺! バカリズム地獄』に、タレントの鈴木奈々(28)が出演。彼女の一般女性に対しての“暴言”が、大きな波紋を呼んでいる。

 お笑いタレントのバカリズム(41)がMCを務めるこの番組に、鈴木は4月14日、ゲストとして登場。SNSで毎日自分の名前を検索する「エゴサーチ」を行い、何を言われているのかチェックしていることを明かした。

 鈴木は、SNSで「鈴木奈々に似てるって言われた、ほんとヤダ」「あんなブスに似たくない」といった投稿をよく見かけるそうで、腹が立つと投稿者のアイコンをチェックしにいくと発言。

 バカリズムが「普通にけなされるよりも、似てるって言われたことをムカつかれるのがムカつくってことね」と確認すると、鈴木は「違う、違う」とこれを否定。アイコンを見ても美人だと思えない相手に「ブス扱い」されるのが納得いかないのだという。バカリズムから「どれくらい(ブス)なの?」と聞かれると、鈴木は「本当にクソブスなんですよ!」とキッパリ答えた。

 鈴木のこの発言は、ネットで話題に。「毒舌キャラに路線変更したの?」「炎上目的でしょ。キャラ作り過ぎてて見苦しい」「芸能界で生き残りたいのは分かるけど必死すぎ」「目立ちたいんだろうなっていうのが伝わってくる」といった、鈴木への厳しい指摘が見られた。

「おバカキャラとしてブレイクした鈴木ですが、生き残るために頑張ってる様子はテレビからも伝わってきます。ただ、ポジティブな明るさが彼女の大きな魅力ですから、ヘタに“キャラ変”すると、ファンに敬遠されてしまうかもしれませんね」(芸能誌ライター)

 今後は毒舌タレントに変身するのか、しばらく鈴木奈々の言動から目が離せない。

]]>