日刊大衆TOP 二宮清純

二宮清純

「二宮清純」について知りたいことがあれば、日刊大衆をお読みください。現在、日刊大衆では「二宮清純」についてのさまざまな記事を、14件配信しております。これからも「二宮清純」について、“さらに知りたい情報”を“さらに分かりやすい記事”にして随時追加していきます。ご期待ください!

二宮清純のニュースまとめ


2017年04月17日 07時30分 公開 [週刊大衆2017年05月01日号]

日本ハム・大谷翔平「全治4週間」の背景【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

 残念ながらこれは起こるべくして起きたアクシデントだったと言えるかもしれない。右足首痛を抱えながらDHで開幕以来、試合に出続けていた大谷翔平が8日のオリックス戦で左足を痛め、途中交代した。  初回…

カテゴリー
芸能
タグ

2017年04月10日 07時30分 公開 [週刊大衆2017年04月24日号]

プロ野球で「勝敗を背負う」4番打者、その帝王学【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

 長嶋茂雄は名コピーライターでもあった。引退試合で飛び出した「我が巨人軍は永久に不滅です」はプロ野球ファンのみならず、多くの国民の記憶に深く刻み込まれている。2度目の監督時代の1996年には「メ…

カテゴリー
芸能
タグ

2017年04月03日 07時30分 公開 [週刊大衆2017年04月17日号]

大相撲「横綱の権威」守った稀勢の里【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

 大相撲春場所は新横綱・稀勢の里の「奇跡の逆転優勝」で幕を閉じた。大関・照ノ富士との優勝決定戦を制した直後の瞬間最高視聴率は33.3パーセントを記録した。国内の3分の1の世帯で大相撲中継が流れて…

カテゴリー
芸能
タグ

2017年03月27日 07時30分 公開 [週刊大衆2017年04月10日号]

広島カープ、進化する球場ビジネス【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

 昨季、25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島が、さらに進化している。と言っても、本拠地マツダスタジアムのことだ。  今年1月から1億円かけてトイレの改修に乗り出した。試合中はトイレの中にいても、…

カテゴリー
芸能
タグ

2017年03月20日 07時30分 公開 [週刊大衆2017年04月03日号]

元メジャーM・ラミレスは“最高の先生”【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

 ドミンゴ・グスマン、伊良部秀輝、藤川球児(いずれも高知ファイティングドッグス)をはじめ、これまで独立リーグ・四国アイランドリーグplusでは5人の元メジャーリーガーがプレーしたことがある。しかし…

カテゴリー
芸能
タグ

2017年03月13日 07時30分 公開 [週刊大衆2017年03月27日号]

サッカーのPKが変わる!? 名FWの仰天アイディア【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

 9年後の2026年大会から国際サッカー連盟(FIFA)が主催するW杯の出場枠が現行の32から48に拡大することは週刊大衆2月6日号の当欄で紹介した。大会方式は3チームずつ16組に分かれて1次リー…

カテゴリー
芸能
タグ

2017年03月06日 07時30分 公開 [週刊大衆2017年03月20日号]

広島カープ、日本ハムに見る「プロ野球Vの条件」【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

 盗塁なくして優勝なし――。そんな傾向が、昨季のプロ野球の結果からは見てとれる。昨季、セ・リーグで最も盗塁が多かったのは25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島の118。2位・東京ヤクルトの約1.4倍…

カテゴリー
芸能
タグ

2017年02月27日 07時30分 公開 [週刊大衆2017年03月13日号]

巨人V奪還のカギを握る「移籍左腕」 【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

 先発ピッチャーにとって、規定投球回数に達した上での勝率10割は究極の夢だろう。  28試合に登板し、24勝0敗、防御率1.27。現在はヤンキースで活躍する田中将大が、東北楽天での最後のシーズンと…

カテゴリー
芸能
タグ

2017年02月20日 07時30分 公開 [週刊大衆2017年03月06日号]

巨人・沢村栄治と広島・外木場義郎、背番号「14」の奇縁【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

 事実上の「沢村デー」だ。巨人は“伝説の大投手”沢村栄治の生誕100年を記念して、故人の出身地・三重県伊勢市で行う北海道日本ハムとのオープン戦において巨人の全選手が永久欠番「14」のユニホームを着…

カテゴリー
芸能
タグ

2017年02月13日 07時30分 公開 [週刊大衆2017年02月27日号]

WBC優勝の条件は「転ばぬ先の杖」【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

 国際大会はひとつのミスが致命傷となる。重要なのは“転ばぬ先の杖”である。第4回WBC開幕まで、あと3週間と迫った今、前回の轍を踏まないためにも入念な準備が求められる。  3連覇を目指した前回、…

カテゴリー
芸能
タグ

2017年02月06日 08時00分 公開 [週刊大衆2017年02月20日号]

WBC日本代表の「ラスト侍」田中広輔への期待【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

「ラスト侍」とは言い得て妙だ。3月の第2週に開幕するWBC日本代表の「28人目の男」に広島・田中広輔が選出された。ショートのレギュラーは巨人・坂本勇人。それは田中も織り込み済みで、「バックアップ…

カテゴリー
芸能
タグ

2017年01月30日 07時00分 公開 [週刊大衆2017年02月13日号]

大相撲・稀勢の里、名横綱への条件【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

 春場所、14勝1敗の好成績で初優勝を飾った大関・稀勢の里が横綱昇進を果たした。ご同慶の至りである。新入幕から73場所目での初優勝は、史上2番目の遅さ。大関在位31場所での初優勝は昭和以降、最も遅…

カテゴリー
芸能
タグ

2017年01月23日 07時30分 公開 [週刊大衆2017年02月06日号]

FIFAワールドカップ拡大戦略の光と影【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

 大盤振る舞いもいいところだ。9年後の2026年大会から、国際サッカー連盟(FIFA)が主催するW杯の出場枠が現行の32から48に拡大する。実に1.5倍の規模になる。必然的にアジア枠も拡大の見通し…

カテゴリー
芸能
タグ

2017年01月18日 07時30分 公開 [週刊大衆2017年01月30日号]

近代野球の父・スペンサー死去【二宮清純の「一刀両断」】

 新年早々、海の向こうから訃報が飛び込んできた。阪急で活躍したダリル・スペンサーが88歳で世を去った。スペンサーと同時代に活躍した野村克也によれば、日本のプロ野球は「スペンサー以前」と「以後」に分け…

カテゴリー
芸能
タグ

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.