日刊大衆TOP 新幹線

新幹線

「新幹線」について知りたいことがあれば、日刊大衆をお読みください。現在、日刊大衆では「新幹線」についてのさまざまな記事を、10件配信しております。これからも「新幹線」について、“さらに知りたい情報”を“さらに分かりやすい記事”にして随時追加していきます。ご期待ください!

新幹線のニュースまとめ


2017年10月20日 11時00分 公開 [週刊大衆2017年10月23日号]

崩壊寸前「橋とトンネル」日本全国激ヤバ実態

 建設ラッシュから50年を経た80年代の米国では次々と道路が崩落した。今、日本がその難題に直面している。 ■国土交通省が道路の老朽化に警告 〈今や、危機のレベルは高進し、危険水域に達している。ある日…

カテゴリー
社会
タグ

2017年10月04日 07時30分 公開 [ヴィーナス2017年10月04日号]

月に5万円得する!! 外食、新幹線…「金券ショップ」マル秘活用法!

 昼飯代が3割引き、電車代が5割引きなんて当たり前ッ! “現代の賢者”たちが駆使する驚愕の錬金術を一気に晒す! ■株で稼ぐよりも儲かる!? 「ウハウハですよ! 株なんかに手を出してチマチマ稼ぐより、…

カテゴリー
社会
タグ

2017年09月02日 10時00分 公開 [ヴィーナス2017年09月05日号]

横浜「崎陽軒」のシウマイVS大阪「551蓬莱」の豚まん!「新幹線飯」味比べ頂上決戦

 東京と大阪を2時間半あまりでつなぐ、日本の大動脈、東海道新幹線――。お盆や正月の帰省、出張などで利用する機会の多い列車だが、席についたら、ビールをプシュッとするのが醍醐味。車窓を眺めながらの一杯に…

カテゴリー
女性向け
タグ

2017年08月09日 11時00分 公開 [週刊大衆2017年08月14日号]

世界一の高速鉄道「新幹線」その偉大さとは

 日本が世界に誇る高速鉄道技術。その代名詞とも言える新幹線は、日本が半世紀以上も前に、世界に先駆けて生み出した。「以降、世界各国が新幹線をモデルに高速鉄道を作りましたが、現在でも日本の技術が世界一と…

カテゴリー
社会
タグ

2017年05月22日 11時00分 公開

松本人志や宮迫博之も! 新幹線「乗客のマナー」にキレた芸能人の対応

 4月15日に放送された『おしゃべりオジサンと怒れる女』(テレビ東京系)で、お笑いコンビ、千原兄弟の千原ジュニア(43)が、新幹線で出会った非常識な女性のエピソードを披露した。ジュニアがトイレから戻…

カテゴリー
芸能
タグ

2016年08月15日 10時30分 公開 [ヴィーナス2016年08月04日号]

第二中央道で渋滞撲滅!?「夢の交通インフラ」未来予想図

●リニアと新幹線が日本に行きわたる!? 技術の結晶「鉄道編」 日本が世界に誇る高速鉄道網。1964年に開業して以降、我が国の産業と経済を支える「新幹線」は日本の技術の象徴だ。すでに米国への“輸出”も…

カテゴリー
社会
タグ

2016年08月13日 14時30分 公開 [週刊大衆2016年08月15日号]

どうして列車は「ガタンゴトン」と音がするの?

金属は温度の変化で伸び縮みします。列車に乗って感じるガタンゴトンという音と振動は、伸縮を計算して開けられたレールの継ぎ目を通るときに発生します。この継ぎ目をきちんと管理しておかないと、事故につながる…

カテゴリー
コラム
タグ

2016年07月21日 11時30分 公開 [ブリュレ]

知らなきゃソンする“早割系きっぷ”! 新幹線もバスも、こんなに安く!?

 夏といえば、レジャーや帰省など、遠方に出かけるためにエアラインや新幹線、あるいは高速バスのチケットが必要になりますよね。これらの交通チケットをリーズナブルに手に入れる手段があるのをご存知でしょうか…

カテゴリー
女性向け
タグ

2015年12月23日 11時00分 公開 [増刊大衆11月29日号]

インドネシアで中国に惨敗! 新幹線輸出「頓挫のウラ話」

 インドネシア政府の“裏切り”とも言える決断に、安倍政権は茫然自失だ。「アベノミクスの戦略とされた新幹線インフラの新興国輸出事業は、ODA最大受け取り国のインドネシアで実現するはずでした。それが一転…

カテゴリー
社会
タグ

2015年10月30日 07時00分 公開 [週刊大衆11月02日号]

次はインドネシアで危機が!? 中国製「手抜き新幹線」の激ヤバ

「インドネシアで"中国の悪夢"が起こる可能性は否定できません」 と心配そうに語るのは、全国紙外信部の記者だ。 10月2日、インドネシア政府は、首都ジャカルタとバンドンを結ぶ約120キロ間に、中国製…

カテゴリー
社会
タグ

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.