日刊大衆TOP コラム

大規模地震、マグニチュード12で地球は2つに割れる!?

[週刊大衆02月01日号]

大規模地震、マグニチュード12で地球は2つに割れる!?

 日本は地震大国。国土面積は世界のわずか0.25%しかないのに、地球全体で発生する地震の約1割がこの国に集中しています。

 地震の大きさは震度とマグニチュードで表します。震度は特定の場所における揺れの強さ、マグニチュードは地震そのものの規模です。気象庁は現在、震度を0から7までの10段階(震度5と6は「弱」と「強」の2段階)に分けて発表しています。多くの人が恐怖を感じるのは震度4あたり。5で窓ガラスが割れ、6で立っているのが困難になり、7になると耐震性の高い建物も壊れ始めるといわれています。

 しかし、震度だけでは本当の地震の大きさは分かりません。それを表すのがマグニチュードです。震度は計測する場所によって数値が変わりますが、マグニチュードは地震ごとに1つだけです。大地震といわれるのはマグニチュード7以上で、史上最大とされるのは1960年チリ地震の9.5。理論上、もしマグニチュード12の地震が発生したら、地球は真っ二つに割れてしまうそうです。

 マグニチュードは地震が発するエネルギーの大きさを示しており、数値によってエネルギー量は大きく変わります。マグニチュード5と7の地震を比べた場合、7のエネルギーは5の何倍になる?

(1)10倍
(2)100倍
(3)1000倍

答えはココを押す! 答え :(3)マグニチュードが1増えると、エネルギーは32倍になる

出題:浜川卓也

大規模地震、マグニチュード12で地球は2つに割れる!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.