アダルト雑誌の編集者である文月くんは、夏風邪もひいて頭はボーっとしっぱなしだった。他にもいろいろ嫌なことが続き、すべての人間関係に疲れ、といってどれも断ち切ることはできず、誰も自分を知らない遠くに行きたいと本気で思っていた。そんなある休日…


本日の新着記事を読む