「妻と別れたいけれど、離婚すれば財産の半分を与えなければならない」そこで夫がとった行動は、“殺し屋”を雇うことだった――。ロシア紙の報道によると、資産家であるコンスタンチン・モナスティルスキー被告(47)は、慰謝料惜しさに妻の殺害を計画。プ…


本日の新着記事を読む