今月16日、南極沖で捕獲された推定350キロの雌のダイオウホウズキイカが、体内に卵を持っていたことが判明した。2013年に発見されたこのダイオウホウズキイカは漁船によって捕獲されたもので、無傷の状態で見つかった個体としては史上2体目になる。これまで…


本日の新着記事を読む