獲ったばかりの新鮮な魚を生のままで食べることは、古代から行われていました。しかし、料理としての刺身が完成するのは意外と新しく、江戸時代中期。醤油が大量生産されるようになってからです。刺身と名付けられた理由は、武家が「切る」という言葉を嫌っ…


本日の新着記事を読む