こんなに高い!?もっとも税率が高いお酒は?

酔った勢いで知らない飲み屋に入ったら、法外な料金を請求された。そんな経験を持つ人もいるでしょう。いわゆるボッタクリですが、税金にもボッタクリではないかと思えるものがあります。その代表がタバコ税と酒税です。

430円のタバコに含まれる税金は国税106.04円、地方税122.44円、特別税16.4円、消費税31.85円で計276.73円。実に64.4%が税金なのです。

しかも、もともとたばこ税が含まれている価格に消費税をプラスするのは、税金に税金をかける二重課税。いくらなんでもボリすぎだろうって気になります。高い税金の理由について、政治家や役人は「国民の健康を守るため」などと言っていますが、それは建前。本音は「取りやすいところから搾り取る」でしょう。

酒税も同じようなボッタクリ税だと言われていますが、酒の場合は種類によって税額が違います。次のうち、税率が最も高いのは?

(1)ビール
(2)ウイスキー
(3)日本酒


答え :(1)大瓶の価格の約半分が税金

出題:浜川卓也

本日の新着記事を読む