大正時代の乙女医師が赤面して男性を診断できず…

女性が医者になるのが珍しい時代。漫画「大正乙女カルテ」のヒロイン路乃は、立華女医専に入学したが、男性のことが診れず、赤面し逃げ出してしまうほどの純情乙女だった。

時は大正、夢と浪漫にあふれる時代。路乃が進むは医学の道! 父親に反対されながらも、路乃はかのとさん、マルさんと今日も勉学に励んでいる。2年生に進級し、医学の知識が増えても、“恥ずかしくて男性に触れない”乙女の純情さは変わりません!? 4コマの名手・野広実由が描く少女の青春記、堂々完結!

『大正乙女カルテ 2 完』
発売元:双葉社
http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-94461-7.html

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る