アメリカの鉄鋼王アンドリュー・カーネギーは、スラム街から身を興した大富豪。アメリカンドリームの象徴とされる人物です。13歳でアメリカに渡ったスコットランド移民で、学校にも通えず、織物工場で働き始めました。当初の週給はわずか1ドル20セント…


本日の新着記事を読む