40歳代でも発症することがあり、徘徊や記憶力低下で家族の顔や名前すらわからなくなってしまう「認知症」。その病状の進行は早く、5年程度で死に至ることもあるのだとか。年老いた際、多くの人がなりたくないと答える病のひとつです。現在日本の65歳以…


本日の新着記事を読む