およそ500年前の東京の地図は、今とはかなり違う形をしています。築地や銀座、日比谷などは海、あるいはそれを囲む湿地帯でした。東京という街は、江戸時代から本格化した埋め立てによって現在の形になったわけです。東京駅のあたりも、かつては海だった…


本日の新着記事を読む