2016年の九州場所。横綱・鶴竜が14勝1敗で優勝を飾り、今年の大相撲を締めくくった。「思い返せば、今年は日本人大関にとって“大勝負”の連続でしたね。ただ、綱取り挑戦の機会が幾度もあったものの、悲願達成とはなりませんでした。ファン待望の“…


本日の新着記事を読む