SMAPが、クリスティアーノ・ロナウドに振り回されていた!?

 12月12日に放送された『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の「ビストロSMAP」と「S-Live」ゲストに、レディー・ガガが登場。これが番組最後の海外アーティスト出演となった。ガガは番組終了を惜しみ、ラストメッセージをささげている。

『スマスマ』20年の歴史の中には、超一流アーティストやプロスポーツ選手も数多く登場している。海外まで出張して、バスケットボール選手のマジック・ジョンソンにまさかのドタキャンを食らったこともあった。実は他にも番組をドタキャンした大物プロスポーツ選手がいる。サッカーのポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウドだ。

 もっとも、海外ゲストのドタキャンや遅刻などにはSMAPもスタッフも慣れっこだった。収録当日になっても、本当に彼が東京の現場にやってくるのか、半信半疑だったという。C・ロナウドはその日、東京赤坂で他局の生放送に出演してから、SMAPの待つ用賀のスタジオに移動する予定だった。メンバーたちはそろって、ロナウドの出演する生番組を見ながら、「この人、来るんだぜ」と興奮していたという。その番組が終了して1時間が経過しても、彼は現れない。「混んでたら1時間くらいかかるかな」とみんなで話していたところに、先方のマネージャーから電話が入った。

「お腹が痛いから、1回ホテルに帰る」という旨だった。イヤな予感がしたが、メンバーたちはさらにおよそ2時間近く待っていた。再び電話が来て、悪い予感は的中。「お腹が治らないから、行けない」と告げられた。待ちくたびれたメンバーたちは、もう笑うしかなかったという。

 いろいろなトラブルやハプニングもあった『スマスマ』は、20周年を迎えた今年、ついに幕を下ろす。もうSMAP全員がそろった姿が見られないのは、ファンならずとも残念なことだ。

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:Missデビル~人事の悪魔・椿眞子