TOKIOメンバーがワンツーフィニッシュ!「父親にしたい40代ジャニーズ」ランキング

 かつては「地震、雷、火事、親父」と表現されるくらい、父親とは“怖い”存在でした。しかし昨今は、そんな父と子の関係にも変化があるようで、特に若い世代の間では、“仲良しの父子”が増えているようです。そんな最近の若者にとっての「理想のお父さん」像を知るべく、今回は「40代のジャニーズアイドルの中で、父親にしたいと思う人物」を、13歳から25歳までの男女100人に聞いてみました。

 第1位(16%)に選ばれたのは、TOKIOの城島茂(46)。“癒し系リーダー”として、長年TOKIOをまとめてきた人物です。そんな彼を選んだ多くの人が「優しく温かく見守ってくれそう」(23歳女性)など、城島の“温和な人柄”を主な理由に挙げていました。また「ちゃんと怒るときは怒ってくれそう」(20歳女性)と、年長者としての厳しさを感じると指摘する人も。単に優しいだけの父親像ではないところがポイントです。

 第2位(13%)には、TOKIOの松岡昌宏(40)。「熱い親になりそう」(19歳男性)、「遊ぶときは遊び、叱るときは叱る、しっかりした父親になってくれそう」(18歳女性)と、松岡の男気あふれる性格が支持されているようです。一見ウザがられそうな熱血パパも、相手が松岡なら“話は別”かもしれません。

 第3位(11%)にランクインしたのは、V6の井ノ原快彦(40)。その理由として「口うるさくない父親になってくれそう」(19歳女性)、「伸び伸びと育ててくれそう」(23歳男性)といった声が。実際に1男1女の良きパパとして知られている井ノ原。家庭的な面に加えて、本人の「穏やかそうな雰囲気」が好感が持たれているようです。

 第4位(10%)は、TOKIOの国分太一(42)。国分も昨年、1女のパパとなりました。そんな彼を支持した人からは「家族思いな感じがする」(25歳女性)、「頼れる」(24歳男性)などの理由が挙がっています。井ノ原と同様、実際に幸せそうな家庭を築いている点が、上位に支持された理由でしょうね。

 続く第5位には、TOKIOの山口達也(45)と中居正広(44)が同率(8%)でランクイン。山口を選んだ人からは「いろいろなことを知っている」(24歳男性)との指摘が。『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、さまざまなことをプロ並みにこなす、知識豊富で器用な面が高く評価されたようです。

 一方、中居は「明るい」(21歳男性)といった性格にまつわること以外に、多数の番組のMCとして出演していることもあってか、「金持ち」(21歳男性)と経済的な理由を挙げている人もいました。

 次の第7位は木村拓哉(44)。「いつまでもカッコイイお父さんでいてくれそう」(22歳女性)と、支持はほとんど女性から。その木村と同率の7位だったのが、香取慎吾(40)。「休みの日の家族サービスを惜しまなそう」(19歳女性)と、こちらも女性からの支持が絶大でした。

 ランキングを振り返ると、TOKIOのメンバーが上位に食い込む結果に。やはり『鉄腕ダッシュ』でいろんなことに体を張って挑戦する姿が、「頼りがいのある理想の父親」というイメージに重なったのかもしれませんね。

アンケートサイト「ボイスノート」調べ
http://www.voicenote.jp/

本日の新着記事を読む