1~2番人気が負けたことで波乱となった桜花賞。勝ったレーヌミノルは、稍重発表ながら力のいる馬場だったこと、絶妙な位置取りで抜け出したことが勝因。力が上だとは言い切れない。しかも今回は3歳牝馬には過酷な2400メートル。元来、スピードタイプ…


本日の新着記事を読む