尊敬する先輩の一人、大井競馬の的場文男騎手が地方競馬通算7000勝を達成しました。文字にすると、7に0が3つですが、実際に一つずつ積み上げるとなると、これはもう気が遠くなるような、とんでもない数字です。正直、すごすぎて、ちょっと言葉が出ません。

 記録達成後のインタビューがまた、かっこ良くて。「7000勝は達成しなければいけないもの。次の7151勝は目標。東京ダービーも同じ。達成できればいいなと思っている」

 “二度と破られることはないだろう”といわれた大先輩、佐々木竹見元騎手の背中を見つめ、いまだ、ご自身が成し遂げていない東京ダービー(今年は6月7日)を睨んでいるその姿勢は、プロとはいかにあるべきかを、僕ら後輩に教えてくれているような気がします。

 今年、48歳の僕は、9月で61歳になる的場文男騎手から見たら、まだまだ、ひよっこ。これからも、先輩の背中を追いかけ、少しでも近づけるように努力を重ねていきたいと思います。――的場さん、本当におめでとうございます!

 さぁ、そして今週末、中央競馬では、G1「安田記念」が行われます。僕が初めて、このレースに挑んだのは、デビュー4年目の1990年。パートナーは……あの、オグリキャップでした。初めてのコンビで、初めての挑戦……当時は緊張とプレッシャー、期待とワクワク感……いろんな感情が押し合い、へし合いしていましたが、今は、オグリキャップに乗れて本当に良かったという気持ちでいっぱいです。

 連覇を狙った翌年は、バンブーメモリーで3着。3度目の92年は10番人気のムービースターで3着。93年はキッドウッドで6着。そして5度目の挑戦――悔しさに唇を噛んだのが、94年のスキーパラダイス(5着)でした。

――敗因は、前走から16キロも増えた体重のせいだ。そういう声が多かったのは事実ですが、乗った感じでは、それほど悪いとは思いませんでした。

――前走より200メートル伸びた距離のせい? ゴール手前で突然、力が尽きたという感じでもなかったし……。

――小雨が影響した? できればパンパンの良馬場でやりたかったというのはありますが、それも違うような気がします。

――じゃあ、なぜ負けたのか!? その理由は今も謎のままです。

 喉に小骨が刺さったようで何かスッキリしませんが、でも、こういう不可解さも含めて、すべてが競馬です。大事なのは、毎レース、常に新たな気持ちで臨むこと。今年は、キタサンブラックとともに、軸になる馬になってほしいと願っているエアスピネルで挑みます。

 なんとかして彼に大きな勲章を――チーム・エアスピネルの思いは一つ。最後にバトンを渡される騎手の重みを感じながら、今は静かにゲート入りを待っています。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→ダウンタウンなう