坂上忍ママがお手柄「銀行カード詐欺犯返り討ち」緊迫の一部始終

 日本中で年間400億円超の被害が出ている「特殊詐欺」事件。高齢者を狙う犯罪者との対決の一部始終!!

 テレビで、その顔を見かけない日はない売れっ子といえば坂上忍(49)。5月16日、彼が司会を務める昼の情報バラエティ『バイキング』(フジテレビ系)の中で、こう話し始めたのだ。「私ごとなんですけどね、先週、うちの母親が悪いヤツを捕まえたんですよ」

 こう切り出した坂上は、母親が有名デパートのスタッフを名乗る男からの電話で始まるカード詐欺を、間一髪でかわし、警察に通報。“だまされたふり”をすることで、翌日、自宅に張り込んだ刑事とともに犯人逮捕のお手柄を立てたことを手短に伝え、「お母ちゃん、グッジョブ!」と誇らしげに親指を立てて見せたのだった。

 この事件で一躍ヒロインとなったのが、彼の母親である坂上淳子さん(76)。幼少時から“天才子役”として活躍した坂上をステージママとして支え、現在も彼の個人事務所社長を務めるかたわら、新宿・歌舞伎町で会員制スナックを経営する淳子さんが、本誌独占で“緊迫の36時間”の一部始終を語ってくれた。

「その男から最初に電話がかかってきたのは、5月10日の午前10時頃ですね。その時間帯、私は自宅でテレビを見ながら仕事関係の電話番をしていることが多いんですが、あの電話も、そうした中でかかってきたものだったんですよ。“新宿の伊勢丹デパートの者ですが、坂上淳子様でいらっしゃいますか。実はあなたのカードを当店で使おうとしている女の方がいるので、確認のためにお電話をさせていただきました” 男の人の声で、そんなようなことを言うんです。

 続けて“坂上様はニコスカードをお持ちですよね”と言うから“いいえ、持ってません”と答えると、“そうですか。女性は買い物に、そのカードを使い、今はトイレに行っているのですが”と言う。突然で何のことかと戸惑ったんですが、私はお中元、お歳暮はいつも伊勢丹から贈っているし、電話の男の話し方もきちんとしているし、そのときはまったく疑っていなかったんです。

 その男は“木村”と名乗っていたけれど、私が念のために連絡先を教えてくれというと、すぐに電話番号を教えてくれて。実際にかけてもちゃんと通じるんです。そういう意味では、すごく用意周到というか、手が込んでますよね」

 変な電話だなとは思ったものの、さほど気にも留めずにいた淳子さんに、2回目の電話がかかってきたのは、お昼前のことだった。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4