今年も球児たちの夏がやってきた。「今夏の甲子園は“打高投低”、目玉は東の清宮幸太郎と西の安田尚憲の2人という下馬評でしたが、彼らの所属する早稲田実業と履正社は地方大会で敗退という波乱が起きました」(スポーツ紙デスク) 他にも報徳学園(兵庫…


本日の新着記事を読む