岡田圭右一家以外にもこんなにいた!「一家まるごと芸能人」ファミリー

 お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右(48)の妻で、元お笑いコンビ「-4℃」の岡田祐佳(45)が、この春から芸能界に復帰。そして岡田の娘といえば、今ブレイク中のタレント岡田結実(17)がいる。そして結実の兄である岡田隆之介(19)も、2015年公開の映画『暗殺教室』に出演している俳優だ。母の祐佳は、4月3日に放送された『しゃべくり007SP』(日本テレビ系)に出演し、今後の方向性として「岡田の嫁でいくのか、結実のお母さんでいくのか」悩んでいることを告白した。

 祐佳が芸能界に復帰したことで、岡田一家は父、母、子どもがそろって芸能人として活躍していることに。しかし、そんな芸能人ファミリーは他にもたくさん存在する。

 まずは、俳優であった故松田優作の一家。妻は女優で写真家の松田美由紀(55)で、長男は俳優の松田龍平(34)。そして次男の松田翔太(31)も俳優として活躍中だ。龍平はクールでミステリアスな独特の存在感を放ち、翔太もイケメン俳優として大人気。さらに2012年から、長女のゆう姫(年齢非公表)もエレクトロニック・ミュージックユニット、Young Juvenile Youthのボーカルとして活動を開始。まさに生っ粋の芸能人一家である。

 続いて俳優の柄本明(68)のファミリー。妻は女優の角替和枝(62)で、長男は俳優の柄本佑(30)。次男も同じく俳優の柄本時生(27)だ。佑と時生は個性派の俳優として、映画やテレビドラマに引っ張りだこ。最近では佑は、2015年の連続テレビ小説『あさが来た』(NHK)で、宮崎あおい(31)演じる「はつ」の夫を好演した。ちなみに佑の妻は、女優の安藤サクラ(31)。時生は2010年のドラマ『Q10』(日本テレビ系)で共演した、元AKB48の前田敦子(26)、高畑充希(25)、池松壮亮(27)らと意気投合し、お互いを“ブス”と呼び合う、自称“ブス会”を開いていると話題になっていた。

  1. 1
  2. 2