ドラフト会議で、最も多くの球団から指名されたのは1989年の野茂英雄(新日鉄堺)と90年の小池秀郎(亜細亜大)だ。 8球団の中から“当たりくじ”を引き当てたのは近鉄。入団した野茂は社会人ナンバーワンの評価に違わぬ活躍で1年目、新人王、最多…


本日の新着記事を読む