「グレーな副業大図鑑」稼げるけど怪しいケースも!?

 世知辛いニッポン、「本業の稼ぎだけじゃ生活がキツい……」というサラリーマンたちの嘆きが、そこら中から聞こえてくる。そこで世間で注目されるのが「副業」の存在。手軽に始められて、がっつり稼げる副業は何か、興味津々な読者も多いのではないか? しかし、甘い謳い文句の裏には落とし穴が! 今回は「これって、どうなの?」という怪しい副業のウラを探る。

■アフィリエイト、せどりなど“副業”が注目

 長く不況が続き、先行きの見えない日本。いつ自分の勤務先が潰れてもおかしくないという状況に、戦々恐々としている読者諸兄も中にはいるのではないだろうか。そんな中、給料以外の安定した収入を稼げると注目されているのが“副業”の存在だ。代表的なものとして挙げられるのは、インターネットを利用するアフィリエイト収入や、せどりなどの転売だろう。最近のサラリーマンの副業事情について、副業情報サイト「副ナビ」を運営する一般社団法人日本副業推進協会の市川清太郎氏に聞いてみた。

「以前は小遣い稼ぎ程度という認識だった副業ですが、現在は安定した収入が確立できるビジネスが多数あり、自分のライフスタイルや得意な部分に合った副業を選べば、高収入も狙える世界になっています」 毎月の給料だけでは心もとないサラリーマンにとっては、なんとも朗報だ。

 さらに初心者でも始めやすく、それでいて手堅い副業も多数あるという。「定番は、物品販売というジャンルです。中古品などを仕入れて販売する“せどり”は、メルカリなどのアプリの普及により、販売しやすくなっています。最近人気なのがOEM物販という、中国で製作した商品をアマゾンなどで売る方法です。ほぼ、お任せで発注から販売まで、業者が代行してくれるんです」(前同)

●太陽光発電、不動産も参入のチャンス

 その他にも、設置するだけで電気を販売できる“太陽光発電”であったり、家賃収入で稼ぐ“不動産”などは今、参入のチャンス。手間をかけずに稼ぐことが可能であることから、副ナビのサイトにも問い合わせが殺到しているという。副業はリーマンたちの強い味方だ。

■犯罪になりかねない仕事や詐欺も…

 魅力的な副業生活。しかし、甘い謳い文句には思わぬ落とし穴があることに注意しなければならない。「副業の中には、一歩間違えると犯罪になりかねない種類の仕事や、“簡単、高収入”といった勧誘文句で詐欺を働かれるケースがあり、場合によっては大変危険です。しっかりと、自分の判断で見極めることが大切になってきます」(同)

 副業が広がることで、そういった初心者が陥りやすい危険も増えてきているのだ。特に、副業を始めたてのときには、詐欺などに十分注意しなければならない。

 たとえば、アフィリエイトサイトでの詐欺が挙げられる。“短時間で高収入!”などのワードに乗せられて問い合わせると、詐欺業者につながる。業者は、さらに儲かるためのマニュアルだ、などと商品の購入を勧めてきて、高額な初期費用を払わせられてしまうというもの。

 女性の場合、出会い系サイトのサクラの仕事などでも、同様の手口が存在する。相手と会話するために必要なポイントを最初に購入させられるのだ。後々、返ってくるからと言われるが、一向に回収できないで、お金を支払っただけで終わってしまうという。

 また、最近「ママ活」という言葉が流行しているように、セレブなマダムの身の回りのお世話をするという、男にとっては憧れの仕事が存在する。高収入なうえに、女性にあれやこれやのご奉仕をする……。夢が膨らむ業務内容であるが、これも詐欺の可能性が高いという。説明会の際に、女性への必要なスキルだと言われ、マッサージ講座を受けさせられたり、高いオイルを購入させられたりするのだ。

 高収入が見込めると偽り、高い初期費用を払わせる手口は至る所で横行している常套手段だ。副業を始めたての人が引っかかりやすい悪徳な手法なので、注意しなければならない。

■セミナーにも注意が必要

 オイシイ話には必ず裏がある、といってもおかしくない。副業の儲かるやり方を教えるセミナーなどにも、注意が必要だ。「アフィリエイトの稼ぎ方を教えているセミナーの講師の中には、実際の収入はアフィリエイトではなく、その講座の授業料だったり、別の副業だったりする人がいます。本人は使っていない、役に立たない知識を、高額な授業料を払わせて教えているんです。間違った方法にお金を支払ってしまう新規参入者が後を絶たないので、十分に気をつけてほしいですね」(同)

●悪徳業者でないか事前の確認が大切!

 悪徳な業者に引っかからないためには、本当に稼げる優良な業者なのか、口コミなどを見て、判断することが大事であるという。初めに、インターネット上で悪い噂が流れていないか、ホームページなどが実在するか、チェックすることが必要だ。そういった業者は、怪しまれないように、いかにもそれっぽい、ちゃんとしたホームページを開設していることがあるため、書かれている電話番号が存在するか、住所は本当にあるのか登記簿を確認するなど、あらゆる対策を講じるべきである。

 このように、夢の副業生活には恐ろしい落とし穴が潜んでいる場合がある。下記では、稼げると噂の副業のグレーな部分を紹介しているので、こちらも要チェックだ。

 副業で稼ぎたいと思っている読者諸兄には、正しい判断力を磨いて、安全な仕事を見極めて挑戦してほしい。

■限りなくアウトに近い!副業マル秘リスト

●卒論代行

(月収20万円)大学生のレポートや卒業論文を代筆する仕事。論文となれば、一度に20万円程稼ぐことが可能。また、女子大生と直接知り合い、関係を密にできるという噂もあり。しかし、相手は学生。急に連絡がつかなくなり、バックレられることや、お金が払えないといったケースも多々あり!

●場所取り業

(月収20万円)花火大会などで約1か月前からアルバイトなどを雇って場所を確保する。当日は1区画1万円以上で販売でき、1日で100万円以上上がる場合も。有名な花火大会や花見の区域では飛ぶように売れる。しかし、公共の場所を不法に占拠し販売することは条例違反である。バレると逮捕される危険も。

●自然物販売

(月収10万円)元手不要で、自然にあるものをそのまま販売する仕事。海岸で拾える流木はインテリアとして人気。天然苔は趣味で欲しがる人がたくさんいる。しかし、その辺の流木を「西表島の流木」と偽る産地偽装詐欺が横行し、ユーザーからクレームを受ける業者が多発中。苔採取は、一歩間違えれば器物破損罪などで訴えられる可能性も。

●部屋貸し

(月収10万円)民泊アプリなどの普及で外国人観光客を中心に、一般住宅への宿泊が大人気に。しかし、その分、外国人ユーザーの部屋の使用法や、ご近所トラブルが続出。問題になっている。また賃貸契約をしている物件を民泊で又貸しし退去させられたり、無許可で民泊を始め、旅館業法に引っかかったりと問題多し。付近の部屋提供者同士の潰し合いまで……。

●粗大ごみ転売

(月収10万円)高級住宅地のゴミ置き場に放置されている高級家具や家電を拾って販売する。一般的な粗大ゴミより良質な物が多いため、リサイクルショップなどで高く売れる。しかし、もちろん、持ち去りは立派な犯罪。窃盗罪や拾得物横領罪として裁かれる。

●アカウント販売

(月収5万円)ゲームなどで課金し続けた強力なアカウントを販売する。10万円以上で取引されることもザラなので課金額によっては大きな利益を生む。しかし、ゲームのアカウント売買(リアルマネートレード)は、開発側が禁止しているので、見つかり次第、即アカウント破棄に。これはアマゾンや楽天などのアカウントも同様だ。

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:コンフィデンスマンJP