にゃんこスター、明石家さんまに語った「交際宣言後の悩み」に批判続出!?

 12月11日放送の『痛快!明石家電視台』(毎日放送)に、お笑いコンビのにゃんこスターが出演。現在のコンビの悩みを打ち明けたが、視聴者からは厳しい声が寄せられたようだ。

 10月放送の『キングオブコント2017』(TBS系)をきっかけにブレイクしたにゃんこスターは、2人が交際していることを公表している。この日の放送で、スーパー3助(34)は、当初は2人の交際を笑いにつなげようとしたものの「何を言っても生々しくなりまして……」と、現在それがうまくいっていないことを明石家さんま(62)に相談した。

 相談を受けたさんまは、「おまえが勝手に生々しくしてるだけやないか」とツッコミ。スーパー3助が“なわとびネタ”の中で「きれいな足ですね。僕触ってるんですよ」「今晩抱いちゃうぞ」と、アンゴラ村長(23)に向かって発言していることが原因だと指摘した。

 にゃんこスターが明かした悩みには、視聴者からもツッコミが続出。ネットには「交際宣言よりも2人の絡み方のほうが生々しい」「“今晩抱いちゃうぞ”は交際宣言してなくてもちょっと……」「普通のカップルみたいにイチャつかれても笑いづらい」と厳しい意見が相次いでいた。

「にゃんこスターの2人は、10月放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)でも自分たちの交際について語っています。ここでアンゴラ村長は、“(スーパー3助と)別れたら解散かな”と発言したんですが、お笑いファンからは“他の芸人さんに失礼”“芸能界をなめてる”と批判の声が上がっていました」(芸能誌ライター)――この人気はどこまで続く!?

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:あなたには帰る家がある